Search

検索したいワードを入力してください

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現

初回公開日:2017年07月29日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年07月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「格別」と「別格」「特別」、意味はどう違うの?「格別のご高配を賜り」ってどういう意味?など、ビジネスシーンで多用される「格別」という言葉に対する素朴な疑問や基本的な意味、正しい使い方について例文も交えて詳しくご紹介しています。

「格別」とは

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現
※画像はイメージです

「格別」という言葉はビジネスシーンはもちろん日常生活でもよく使われている言葉です。

しかし、意味を完璧に理解しているという方は意外と少ないのではないでしょうか。聞き慣れた言葉ほど意味を調べることもなく使ってしまいがちです。

また、誤った使い方をしてしまったために信頼性に欠ける人と見られてしまうこともあります。些細な言葉の間違いで人間性をきちんと評価されないのはとても残念なことです。

「格別」の意味

「格別」とは、”普通とは違うこと、特に優れていること”という意味です。そのものの性質を表す「格」が他とは異なっているという意味を表しています。

また、辞書を引いてみると「格別」と「各別」は同じ語として扱われていますが、「各別」と書くと一般的に”一つ一つに違いがあること、それぞれが別であること"という意味として捉えられます。用途によって使い分けるのがベターでしょう。

「格別」を使う場面

ビジネスシーンにおいて「格別」という言葉は、目上の方や取引先のほかに敬意を払うべき相手への感謝の気持ちを伝える場面で用いられます。

また、対外的な表現になるので社内間で使用されることはほぼありません。相手にしてもらったことに対して「格別の○○」というように使い、自分が感じている感謝の大きさを表現します。

「他の誰にもできない特別なことをしていただいた」というニュアンスです。

「格別」を用いた2つの例文

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現
※画像はイメージです

それでは、「格別」の使い方を例文とともに見ていきましょう。「格別」は、ビジネスシーンでよく用いられる言葉であるので、敬語表現と相性の良い言葉となっています。

また、「格」を英語で言うとステータス(status)、ランク(rank)となります。したがって「格別」はランクやステータスなどが優れていて、普通よりも格上だということを表しております。

つまり、相手を敬う「尊敬語」の意味合いを持ちます。

例文1「格別のご配慮」

特段の気遣いをしていただいたり、便宜を受けた場合には「格別のご配慮」と表現することでより深い感謝の気持ちを伝えられます。

「配慮」とは”心をくばること”という意味で、その敬語表現である「ご配慮」は目上の方などからの心遣いや気配りを表した言葉です。以下のように使います。

・この度は格別のご配慮をいただきまして誠にありがとうございました。
・日頃より格別のご配慮を賜り、心より感謝いたしております。

例文2「格別のお引き立て」

こちらは、引き立てる側ではなく引き立てられる側が使用する言葉です。「お引き立て」は”特に目をかけ、ひいきにすること”の敬語表現です。

「ご愛顧」と「お引き立て」は意味も使い方も同様の言葉ですので、好みによって使い分けてください。 以下のように用いることができます。

・平素より格別のお引き立てをいただきまして誠にありがとうございます。
・日頃は格別のお引き立てを賜り、心より感謝いたしております。

「格別」の類語表現7つ

ここからは、「格別」と同じような意味を持った類語表現をご紹介していきます。

これらの言葉は、「格別」と同じようなシチュエーションで用いることができるものもありますが、微妙に異なる意味を表すものもあります。

また、ビジネスシーンでよく用いられるものからあまり聞きなれないものまで幅広くあります。日本語は相手を敬う敬語表現が特に発達している言語ですので、このような「他とは違う」という言葉もたくさんあります。

1:「格段」

「格段」は「格別」の類語表現の1つです。「格」という漢字が共通しており、同じ意味で使われています。

「各段」という漢字が使われていることもありますが、正式には「格段」と書くのが正しい用法です。「各段」と書くときは、「それぞれの段階の」という意味になります。

意味

「格段」は、「物事の程度の差がはなはだしいこと、また、そのさま」「物事の程度が普通をはなはだしく超えていること、また、そのさま」という意味の言葉です。「格別」とほぼ同じであることがわかるでしょう。

「格段」の「格」は、先に述べたとおり「身分」「地位」「等級」など、そのものの「性質」や「品質」を表しています。この「格」が「段違い」で優れているという意味です。

使いかた

「格段」は「格別」と同じように使うことができますが、「格別」が「格別の」という形で使われることが多い一方、「格段」は「格段な」「格段に」というように動詞を後に伴うことが多いでしょう。

例えば、スキルが上達した人のことを称賛するときに、「去年とは格段に違う」などといいます。また、「○○は格段だ」というように、形容詞としても使うことができます。

2:「特別」

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現
※画像はイメージです

Latests