Search

検索したいワードを入力してください

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現

初回公開日:2017年07月29日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年07月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「格別」と「別格」「特別」、意味はどう違うの?「格別のご高配を賜り」ってどういう意味?など、ビジネスシーンで多用される「格別」という言葉に対する素朴な疑問や基本的な意味、正しい使い方について例文も交えて詳しくご紹介しています。

意味

「とりわけ」は、「特に、ことに」「特筆して」「特別に」という意味のある言葉です。「格別」と同じように、「他のものとは程度が違う」という意味を示します。

「取り分け」は「取り分けて」という言葉が省略されて派生した言葉であると言われています。

「取り分ける」ということは、「他の物とは別のところに置いておく」「特別な扱いをする」ということです。つまり「格別」という意味になります。

使いかた

「とりわけ」は、「今回の台風はとりわけ雨が強い」「とりわけ美人な女優」などのように使います。「格別」とほぼ同じような用法と考えて良いでしょう。

ただし、「格別の」と同じように「とりわけの」というようには使いません。「とりわけ」はその後に動詞か形容詞が続くことが多く、名詞が続くことはないと考えて良いでしょう。

程度がとびぬけていることを表す言葉です。

7:「なかんずく」

「なかんずく」という言葉も、「格別」と同じような意味を表す類語表現の1つです。聞きなれない言葉なので、この言葉自体を初めて知ったという方もいるでしょう。

「なかんずく」は漢字で「就中」と書きます。現代の日常会話ではあまり使われない言葉です。ただ、雰囲気の出る言葉なので、文学書などでは使われていることがたまにあります。

厳格で堅い感じのする言い回しです。

意味

「なかんずく」は「その中でも、とりわけ」という意味を持ち、「格別」と同じような用法の言葉です。シンプルにこの意味だけをもつ言葉なので、わかりやすいです。

「特別」「殊更」「一層」という類語には、「格別」以外の意味や用法も含まれていましたが、「なかんずく」は「他のものと比べて最も優れている」という意味のみを持ちます。

使いかた

「なかんずく」は「すべての候補者のなかで、なかんずく彼が優れていた」「コミュニケーション力を鍛えるうえで、なかんずく語彙力が重要だ」などのように使います。

「数あるもののなかでこれが一番だ」というニュアンスを持つ言葉です。したがって、「多くの物から選び取る」「優劣をつける」という場面で使われることが多いと言えるでしょう。

社会で使える言葉遣いをチェックしましょう

「格別」のように、ビジネスシーンでよく用いられる言葉はたくさんあります。しかし、当然それらすべてをはじめから知っている人はいないでしょう。みんなそれぞれ自分なりに学んでいきます。

しかし、良く使われる言葉は、ある程度「常識」として認識されていることもあります。これを知らずに誤用してしまう前に、サクッとチェックしておきましょう。

読んだ瞬間から使えるフレーズが満載の一冊です。

「格別」と「別格」の違い

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現
※画像はイメージです

”他とは違う”という共通の意味がある「格別」と「別格」の違いについても詳しく見ていきましょう。

「別格」とは”決まった格式によらないこと。特別であること。例外的な扱いを受けること。”という意味です。

「格別」は普通よりも数段高いレベルではあるけれども一定の枠は超えないという意味合いがありますが、「別格」は一定の枠に収まらず比べることのできないことを表しています。

「別格」の意味

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現
※画像はイメージです

「別格」は、「定められている格式に拘束されないこと」「特別の取り扱いをすること」という意味のある言葉です。

「別格」は「格別」よりも「他との違いの程度」が大きいことがわかるでしょう。

「格別」は「格」、つまり「地位」や「ステータス」が他の人よりも抜きんでて優れているという意味ですが、「別格」はそもそも同列で比べられるものがないほど優れているという意味があります。

「格別」と「別格」の文法的な違い

「格別」と「別格」には文法的な違いはありません。どちらも、形容詞、副詞そして名詞として機能します。つまり、「格別」も「別格」も動詞や形容詞、名詞を修飾するときに用いられます。

したがって、この2語の違いはその示す程度の違いだけであると言えるでしょう。「他と異なっている度合い」でいえば「別格」の方が上ということになります。

「別格」の使いかた

「別格」は「格別」と同じように、「彼の技術は別格だ」「社内で別格の扱いを受ける」というように使います。

ただし、「格別」の用法でご紹介したような、目上の人に感謝を伝える場面ではあまり使いません。この場合はやはり「格別」が用いられます。

強調表現の使いかたを知ろう

「格別」の意味と使い方|「格別」の2つの例文と7つの類語表現
※画像はイメージです

Latests