Search

検索したいワードを入力してください

【ビジネス】「私事で恐縮ですが」の意味と使い方・例文

更新日:2020年08月14日

「私事で恐縮ですが」という表現を聞いたことはありますか。聞いたことはあってもどのような場面で使うのか、使い方はあっているのか、正確に把握できていない人は多いです。使い方をしっかり理解し、ビジネスマンとしての表現を身につけましょう。

「私事で恐縮ですが」の使い方

ビジネスの場面で「私事で恐縮ですが」という表現を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

会社などで聞いたことはあるけれど、いざ実際に自分が使うとなると使う場面があっているのか、表現は間違っていないのかと使い方に悩んでしまう人は多いでしょう。

具体的にどのような時に「私事で恐縮ですが」と言うと良いのでしょうか。しっかりと把握して、ビジネスマンとしてのマナーを身につけましょう。

どんな時に使うの?

この「私事で恐縮ですが」というフレーズは、ビジネス上で個人的な話をするときに使われるフレーズであり、ビジネス以外では基本的に使われることはない特有の表現でしょう。

ビジネス上で個人的なことを言うとき、個人的なお願いをするときに使い、丁寧な印象を与えることができる表現です。なお、伝える相手は会社の上司や社外の人など、ビジネスで丁寧な対応をする相手が多いです。メールなど、文章でも書くことがあります。

「私事で恐縮ですが」に似ている言葉はある?

「私事で恐縮ですが」という言葉と同様に、個人的なことを言う表現としては、「恥ずかしながら」「お恥ずかしい話ですが」も当てはまります。

「恥ずかしながら」「お恥ずかしい話ですが」という表現は、どちらかと言えばビジネス以外でも使うことも多いと思いますので、一緒に覚えておくと便利な表現でしょう。

「恐縮ですが」は使える表現!

「私事で恐縮ですが」という表現は普段あまり使わないように考えられるかもしれません。しかし、「恐縮ですが」という表現はビジネス上想像以上に使う機会が多いです。

恐縮という言葉は、相手に迷惑をかけて申し訳ないと思うことや、厚意を受けたときに感謝することを意味します。

「すみません」より丁寧な印象を与えますので、ビジネスでは「すみません」と言うかわりに「恐縮です」と使うことで好印象を与えることができると考えていいでしょう。メールでも使えますが、口頭で使う場合にも違和感はないでしょう。

「恐縮」という言葉の意味を理解しておけば、「私事で恐縮ですが」という表現をもっと理解しやすくなります。

休暇

「私事で恐縮ですが」を使う場面の一つとして、休暇の連絡があります。休暇は一年の中でも一度ならず取ることもありますので、上司や会社へ印象のよい申請の仕方として覚えておいて損はないでしょう。

また、必要に応じて社外の人にも連絡することもあるでしょう。そのような時にも「私事で恐縮ですが」と丁寧に文章を始めると良いイメージを与えられるのではないでしょうか。

例文:
私事で恐縮ですが、来週火曜曜日は親戚の結婚式のため欠勤します。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

例文:
私事で恐縮ですが、今週の水曜日は通院のため休暇をいただきたいです。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

退職

休暇と同様個人的な事情を表すものとして、会社の退職があります。大勢の前で言うことも考えられますので、ここで「私事で恐縮ですが」としっかりとした挨拶をして、気持ちよく会社を後にしたいです。また、メールでも同様に使うことができます。

例文:
私事で大変恐縮ですが、一身上の都合により××月××日を持ちまして、
会社を退職することになりました。
本日が最終出勤日となります。
これまで何かと至らぬ点もあったかと思いますが、お世話になり本当にありがとうございました。最後になりますが、皆様のさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。

メールの場合は、「本来ですと直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。」という言葉を書くと、より丁寧な印象となります。

結婚など

「私事で恐縮ですが」という表現を聞くと、まず考えられるのが結婚の報告ではないでしょうか。結婚の報告もビジネス上でのマナーを試されるものですので、きっちりとした報告を心がけたいです。

例文:
私事で恐縮ですが、この度、かねてよりお付き合いをしておりました○○さんと結婚することになりました。〇〇月に入籍をし、結婚式は○○月に行う予定です。なお、披露宴は親族のみでささやかに行いますので、社内の皆様には改めてご挨拶させていただいと考えております。
これからは仕事と家庭においてより一層努力していく所存でございます。
今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願いいたします。

「私事で恐縮ですが」のメール例文

前述でも触れましたが、「私事で恐縮ですが」という文例はもちろんメールでも使うことが可能です。基本的にはこれまでの例文と同様ですが、文語体になりますので、ビジネス文書として効果があるでしょう。

例文1(休暇):
私事で恐縮ですが、〇〇月〇日・〇日と休暇を取らせていただきます。
不在の間、何かございましたら○○(代理担当者)までご連絡下さい。
なお、休暇明けは○月○日からの出社となります。
不在中、ご不便をかけますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

例文2(異動):
私事で恐縮ですが、○月○日(○曜日)付で
○○会社から△△会社に転勤となりました。
在職中はひとかたならずお世話になり厚く御礼申し上げます。
新任地におきましても今まで以上に業務に励む所存でございます。
今後とも変わらぬ ご指導ご交誼の程よろしくお願い申し上げます。

なお、メールには件名が付きますので、「休暇のご連絡」「異動のご挨拶」など送信先にわかりやすいタイトルをつけるようにしましょう。

英語での例文

日本語の独特な表現のようにも考えられる「私事で恐縮ですが」という言葉ですが、それに近い表現が英語でもあるのです。

「私事で恐縮ですが」は、日本語でも丁寧な表現ですが、英語でも同様に丁寧な表現ということを表しています。

I am very sorry for talking about my private affairs, but I will return to the Tokyo office this weekend, on May 11th.
私事で恐縮ですが、今週末の5/11に東京支社に戻ることになりました。

I would kindly like to inform you that I am going to take maternity leave and baby care leave from March 1 this year.
私事で恐縮ですが、出産に向けて、3月1日より出産休暇をいただくこととなりました。

使いこなしてビジネスマンとしての株を上げよう!

ビジネスでは、丁寧な表現、相手を敬う表現などを使いこなすことがスムーズに仕事を進めるコツの一つでもあります。

特に新入社員には使い慣れていない「私事で恐縮ですが」という表現の意味を理解し、適切な場面で使うことで上司の評価もぐっと上がるのではないでしょうか。

ビジネスで交渉がとても大事になるときはあると思います。そんな時にこの言葉を使い、交渉上手になって仕事をうまく進めていきましょう。

初回公開日:2017年10月10日

記載されている内容は2017年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests