Search

検索したいワードを入力してください

謹んでの意味と使い方の例文・事案別の注意点(年賀状/お悔やみ)

更新日:2022年05月25日

皆様は、「謹んで」という言葉の正しい使い方をご存知でしょうか。「謹んで」という表現は、最大限に相手に対して敬意を表したい時に添える言葉です。今回は、この「謹んで」の意味や使い方や例文を詳しく紹介していきます。是非、参考にして「謹んで」を使いこなしてみましょう。

「謹んで」という言葉

皆様も、色々な場面で「謹んで」という言葉を見たり、使ったりした経験があるのではないでしょうか。「謹んで」という言葉は、社会人として、文章を構成する際、または公式な場面で相手に対して丁寧な言葉で物事を述べる際に、よく使用されています。

今回は、この「謹んで」という言葉の意味や使い方を例文を通して解説しましょう。

「謹んで」の意味

ここでは、「謹んで」という言葉の意味について詳しく紹介します。

「謹んで」という言葉の中で使われている「謹」という漢字は、相手を尊重して敬うという意味や小さな事まで気を配って、相手に対して敬意を表すという意味を持っています。この漢字の意味を踏まえて「謹んで」という言葉は、相手に対して敬意を表しながら物事を発言したり、行動したりする場合によく使われています。

また、「謹」という漢字は、土器を使うような時代に生まれた文字で、土を内側に練って土器を作る様子を人間が敬意を表すために、自分を内側に控えて言動している様子に例えて意味しています。

「慎んで」との違いについて

上記で「謹んで」の詳しい意味について解説してきましたが、同じ読み方で「慎んで」という漢字を使う言葉があります。同じ読み方なので、ついつい混同して、使ってしまう方もいらっしゃいますが、全く違った意味になりますので注意が必要です。

上記で説明した「謹んで」には、相手に対して敬意を表しながら言動や行動をする際に使用し、相手を尊重する意味があります。

これに対して「慎んで」は、自制して、身のふるまい方に気をつける事や失敗のないように注意する事などを意味する「慎」という漢字が使われています。この漢字の意味を踏まえると「慎んで」は、自分や相手に対して自制して、控えて行うよう指示する言葉ですので、相手に敬意を表さなくてはいけない場面で使用すると失礼になります。

社会人として公式な場面での文章や言動は、自分自身の評価として大切なポイントですので、注意して使い分けてみましょう。

「謹んで」の使い方

ここまで、「謹んで」の意味や「慎んで」との違いについて紹介してきました。相手の敬意を表す「謹んで」という言葉は、冠婚葬祭の場や感謝、挨拶や謝罪など色々な場面で、その場面に沿った言葉と共に相手に伝えます。「謹んで」を加える事で、その文章の内容がより改まったものになり、相手に対して最上級の敬意を伝える事ができます。

ここからは、「謹んで」の実際の使い方について、色々な場面に沿った例文と共に紹介していきます。

謹んでお悔やみ申し上げます

ここでは、「お悔やみ申し上げます」に「謹んで」を加えた「謹んでお悔やみ申し上げます」という言葉について詳しく紹介します。

まず、「お悔やみ申し上げます」とは、「故人が亡くなられて、とても悲しくて残念です」という意味です。

亡くなった方の身内や親族に対して他人が言葉をかける時に使う言葉です。身内を亡くされて、大変辛い思いをしている人にかける言葉を選ぶのは非常に難しいでしょう。そういった場合に、一番相手を傷つけずに思いを伝える際に適している言葉と言えます。

上記の意味を踏まえて「謹んで」を加えると、より相手に対しての思いやりの気持ちを乗せる事ができるでしょう。しかし、口頭で伝えると不自然に形式ばった印象になってしまうので、弔電などで送る文章として適しています。

謹んでお悔やみ申し上げますの例文

ここでは、謹んでお悔やみ申し上げますを使った例文を紹介します。

・悲しいお知らせに呆然としております。謹んでお悔やみ申し上げます。
・ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
・一周忌の法要にあたり、謹んでお悔やみ申し上げますと共に、元気を出されますようねがっております。

葬儀だけではなく、初盆や一周忌などその後の法要の弔電にも使用できます。

謹んでご冥福をお祈りいたします

ここでは、「ご冥福をお祈りいたします」に「謹んで」を加えた「謹んでご冥福をお祈りいたします」という言葉について詳しく紹介していきます。

まず、「ご冥福をお祈りいたします」とは、死後の幸福を願っていますという意味で、上記の「お悔やみ申し上げます」と同様、人が亡くなった際に、親族に向けて他人がかける言葉です。

上記の意味を踏まえて、「謹んで」を加える事により、相手に対しての敬意も表す事ができます。

謹んでご冥福をお祈りいたしますの例文

ここでは、謹んでご冥福をお祈りいたしますの例文を紹介します。

・訃報が信じられません。謹んでご冥福をお祈りいたします。
・ご逝去の報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。心からご冥福をお祈りいたします。
・ご立派な方だったとお思い出されます。謹んでご冥福と皆様のご健康をお祈りいたします。

次のページ:謹んで新春のお慶びを申し上げます

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests