Search

検索したいワードを入力してください

「世知辛い」の意味と使い方・反対語・同義語・読み方

更新日:2022年07月21日

世知辛いは、ちょっと独特の雰囲気を持った言葉ですね。いったい語源はどこからきているのでしょうか?意味は?使い方は?反対語や同義語は何?世知辛い世の中の意味は?使い方は?世知辛い人の特徴は?今回は世知辛いについて書いてみました。

「世知辛い」の意味と使い方

「世知辛い」または「世知辛い世の中」、どちらも、近年耳にする機会が増えました。愚痴の言葉なんですが、単なる愚痴で片付けてしまうにはもったいない味が、この言葉にはあります。

「世知辛い」は、「世渡りがうまくて抜け目がない」の意味から派生して、「勘定高い人が多い世の中は暮らしにくい」という意味へと変わっていきました。現在は、「世渡りがしづらい」「暮らしにくい」「ケチである」の意味で使う人が増えてます。

現在の意味は、当初の仏教での意味と全く違います。お釈迦様も、この事実を知ったら、さぞかしびっくりされるでしょう。

「世知辛い」の使用例

「世知辛い」の使用例を下記に示します。

使用例:
給料が下がって生活がきつくなりました。世知辛いです。
あの男性は、世知辛い人でデートもいつも割り勘です。
接待交際費が、経費で下りなくなった。世知辛い世の中だなあ。

「世知辛い」の読み方は?

「世知辛い」の読み方は、「せちがらい」と読みます。それ以外の読み方は、ありません。多い読み間違いの例としては、「せちつらい」「せちがない」があります。読み間違えないようにしましょう。

「世知辛い」の語源は?

「世知辛い」は、「世知」と「辛い」の合成語です。「世知」は、仏教の言葉で世俗の知恵の意味です。「世知」は、仏教らしい渋い言葉といえるでしょう。日本では、世渡りの才の意味でも使われるようになりました。「辛い」は、「世知」を強めた言葉でいわゆる味覚の辛いとは違います。「世知」と合わせると、「世渡りがうまくて抜け目がない」の意味になります。

現在、使われてる「世知辛い」とは、大分意味が違います。

「世知辛い世の中」の意味と使い方

「世知辛い」の後に続く言葉で一番多いのは「世の中」です。景気のような外的要因で仕事がうまくいかなくなったときによく使う言葉で、意味は、「暮らしにくい世の中」「ケチな世の中」という意味になります。ちょっと、渋めの使い方の愚痴です。

「世知辛い世の中」の表現を使うシチュエーションとしては、会社員が安い飲み屋で愚痴るシーンがぴったりくるような言葉です。具体例で挙げるとアニメのクレヨンしんちゃんのお父さんの野原ひろしが部下の川口さんに「世知辛い世の中」と愚痴るシーンが思い浮かびます。

ただ、愚痴には変わりないので、何度も聞かされるほうの立場も考え、一度、多くても二度までに抑えて、多用するのはやめたほうが賢明でしょう。

使用例:
あてにしてたしてた契約がライバル会社に、取られてしまった。世知辛い世の中だあ。
株が暴落して大損してしまった。世知辛い世の中だなあ。
給料減ったら、小遣いまで減らされてしまった。世知辛い世の中だなあ。

「世知辛い」の反対語は?

真っ先に思い浮かぶのは、「世知甘い」ですが、そんな言葉は残念ながら存在しません。「世知辛い」がちょっと特殊な言葉なのでぴったりはまる反対語はないですが、意味から考えると「世渡りがうまい」「暮らしやすい」「太っ腹」あたりになるでしょう。ただ、どの言葉も「世知辛い」の渋い表現には、及ばないです。

「世知辛い」の反対語の使用例

「世知辛い」の反対語の使用例です。「世知辛い」の使用例と正反対のポジティブな表現になります。

・給料が上がって貯金に回す余裕ができました。暮らしやすい世の中になりました。
・あの男性は、太っ腹な人でいつもおごってくれます。

「世知辛い」の同義語は?

次のページ:「世知辛い」の言い換え表現は?

初回公開日:2017年11月19日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests