Search

検索したいワードを入力してください

「浅学菲才」の意味と使い方・例文・同義語・対義語・類語

更新日:2022年07月22日

ビジネスシーンでは普段から聞き慣れない表現が使われることが多々あり、時に戸惑うことがあります。その中には四字熟語や慣用句を用いたものも多く、「浅学菲才・せんがくひさい」もその1つです。この記事では使いどころも難しいこの表現について詳しく解説します。

「浅学菲才」はビジネスシーンで使われることが意外と多い

ビジネスシーンでは聞き慣れない表現を使われることが多々あり、その言葉に戸惑うことがあります。その中には四字熟語や慣用句を用いたものも多く、「浅学菲才」もその1つです。この記事では使いどころも難しいこの表現について詳しく解説していきます。

知っておくべき「浅学菲才」の読み方

ビジネスシーンで使われることが多い四字熟語や慣用句ですが、この「浅学菲才」という四字熟語はご存知でしょうか。これは「せんがくひさい」と読む四字熟語で、「浅」を「さん」ではなく「せん」と読むことに注意してください。

また「浅学菲才」の「菲」を「非」と記し「浅学非才」と表記することもあります。これは、元来「浅学菲才」の表記として使われていた言葉ですが、「菲」が当用漢字にならなかったことで「非」を使うようになり、それが広まったとされています。そのため「浅学菲才」も「浅学非才」もどちらも同じ意味として使われているので、書面でどちらを用いても非礼ではありません。

では「浅学菲才」とは、一体どのような言葉なのでしょうか。その意味や由来、使い方などを詳しくご説明いたします。

「浅学菲才」の意味と使い方・例文

「浅学非才(せんがくひさい)」とは「学問や知識が浅く未熟で、才能が劣っている」という意味ですが、この四字熟語を分解しながら、より詳しくご説明いたします。

【浅学】
修練が足りず知識が浅いという意味で、自分の事を謙遜して言う場合に用います。

【菲才】
「菲」とはかぶらに類する野菜のことで、粗末な食事のことも表す表現でもあります。それが転じて「少ない」「劣った」「うすい」という意味で用いられています。ここでの「菲才」とは才能がない、または劣っているという意味で、主に自分の識見や才能を遜って言う際の謙遜の言葉として用いられます。第三者を指して使うと大変失礼な言葉に当たりますので、その点を注意してください。

その意味を遜る時には「自分が持つ知識はまだ不十分な程度だ」ということになり、学問に関して言えば「自分はまだ勉強不足だ」ということを表しています。遜る場合の意味合いでは、実際は足りている場合も含まれます。

実際に足りていないから自分を「浅学菲才」と表すこともあれば、他者から見ると足りているのに、本人的には足りていない時に使うこともあります。

「浅学菲才」の実際の使い方

四字熟語や慣用句を会話の中で使用するのは、学に優れる人やご年配世代、またはビジネスシーンというイメージを持たれることが多々あります。しかし、四字熟語や慣用句も単語と同じで、ごく普通の日本語です。会話の中で使用する時には、意味が正しく伝わらないことで良く思わない人もいますが、それこそが正に「浅学菲才」と言えます。

自分の教養のためにも、会話の中で四字熟語を使用しするのはいかがでしょうか?「浅学菲才」は、遜る必要のあるシーンで使用することをお勧めします。たとえば、「浅学菲才なので、まだまだです」といった使い方などです。場合によっては「わたしは浅学菲才だ」というように、短文な表現で用いることもできます。

「浅学菲才の身」の意味と使い方

「浅学菲才」と合わせて使われる表現の1つに「浅学菲才の身」という言葉があります。これは、学識が浅く未熟であることを謙遜する時に使う言葉で、類義語に「未熟の身」「微力ながら」「若輩」などがあります。

では「浅学菲才の身」はどのようなシーンで使うことが望ましいのでしょうか?
■挨拶時の例文
浅学菲才の身ではございますが、皆様のご期待に沿うよう精一杯努力してまいる所存でございます。

■初心表明時の例文
浅学非才の身ではございますが、初心を忘れることなく社業発展のため一意専心いたす所存でございます。

文章全体からは堅い印象を受けますが、そのため、主にビジネスシーンや社交場の挨拶などで使われることが多くなる言葉だと言えます。

「浅学菲才を顧みず」の意味と使い方

「浅学菲才」と合わせて使われる表現として「浅学菲才を顧みず」という言葉もあります。これは、学識が浅く未熟であること、それを気に留めることなく放置していることや気に留めない様を表現している言葉で、つまりは謙遜する時に使う言葉となります。

では「浅学菲才を顧みず」はどのようなシーンで使うことが望ましいのでしょうか?
■挨拶時の例文
ご指名をいただきましたからには、浅学非才を顧みず、ご期待に応えるべく努めてまいります。

このように、昇進した時や任命を受けた時の挨拶として使われるのが一般的ですが、この言葉もビジネスや社交場で使われることが多いものと認識してください。

「浅学菲才」の同義語・類語

自分のことを謙遜する際に使う「浅学菲才」ですが、似た意味を持つ言葉もいくつかあります。他の言葉に置き換えて使いたい場合には、ぜひ参考にしてください。

次のページ:「浅学菲才」の対義語・反対語

初回公開日:2017年12月16日

記載されている内容は2017年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests