Search

検索したいワードを入力してください

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ

初回公開日:2017年11月27日

更新日:2018年08月30日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「見る」の謙譲語である「拝見する」について、意味や使い方を例文を交えてご紹介しています。間違った表現を使用しないようにするための注意点もご紹介します。よく使われる「拝見する」などの謙譲語を正しく使いこなせるようになりましょう。

「拝見する」とは

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ
※画像はイメージです

「拝見する」は「見る」の謙譲語として使われます。「あれ、見ました」と上司など目上の人に伝えるときに「見ました」では、あまりにも幼稚な表現で、ビジネスにも支障をきたします。

ビジネスではもちろん、日常生活においても、大人になったら状況に応じて敬語を使いこなすべき場面がたくさんあります。

ここでは、まず「拝見する」という敬語について、意味と読み方をご紹介します。

読み方

「拝見する」は「はいけん(する)」と読みます。「拝見」の「拝」は音読みでは「はい」、訓読みでは「おが(む)」と読みます。

いずれの読み方の場合も、「敬意をもって見る」という意味を持ちます。「拝」に「敬意をもって見る」という意味があるので、「見」と熟語になった場合も、「見る」の謙譲語として機能します。

意味

「拝見する」は「見る」の謙譲語です。謙譲語とは、自分の行為を謙って伝える表現で、相手を立てる意味があります。謙譲語なので、自分や身内の行為にのみ使用できます。

目上の人の行為に対して使うのは、誤った使い方になります。目上の人に何かを見てもらうときに、「拝見してください」というのは間違った使い方です。

日本語では「主語」をあまり意識しませんが、謙譲語と尊敬語の使い分けには、主語を意識する必要があります。

「拝見する」の使い方

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ
※画像はイメージです

「拝見する」は、どういった時に使用される表現なのでしょうか。ここでは、例文をもとに「拝見する」の使い方をご紹介していきます。

難しい使い方ではなく、例文を覚え、そのまま使うこともできます。状況に応じてうまく使い分けられるようになりましょう。

例文1:拝見します

「拝見します」は、目上の相手から、読まなければならないモノを渡されたときなどに使います。「拝見します」は、「これから拝見する」という未来の動作を示しています。

【例文】
・「実はこの書類なんですが」(相手から書類を手渡され)「拝見します」
・提示された条件については、すぐに拝見します
・帰ってすぐに拝見します

例文2:拝見しました

「拝見しました」は、「拝見する」の過去形になります。過去に「見た」ということを伝える際に使われます。

過去形といっても、だいぶ前のことでなく、直前のことの場合も「拝見しました」と表現します。

【例文】
・メール拝見しました。明日中にお返事いたします
・御社の新商品について、早速ホームページを拝見しました
・先生の新しい作品を、早速拝見しました

例文3:拝見したところ

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ
※画像はイメージです

「拝見したところ」とは「見た結果どうだったか」という、見た事実以外に結果まで伝えるときに使われる表現です。

「拝見したところ」の後ろには、見た結果としての感想や評価などを述べることになります。

【例文】
・提案書を拝見したところ、今回のプロジェクトの意図をご理解いただけていると実感しました
・資料を拝見したところ、とてもよい計画だと思いました
・お顔を拝見したところ、お元気そうで安心いたしました

例文4:拝見する限り

「拝見する限り」も「拝見したところ」と同様に、見た結果を述べる際に使います。

「拝見する限り」は今現在も見ている場合に使い、過去に見てきた情報をもとに述べるなら「拝見した限り」になります。続ける文章は見た内容を肯定する文でも否定する文でも構いません。

【例文】
・資料を拝見する限り、とてもよい計画だと思いました
・提案書を拝見した限り、今回のプロジェクトの意図をご理解いただけていると実感しました

例文5:拝見することができ、光栄です

「拝見することができ、光栄です」は、目上の人に貴重なモノを見せてもらったときなどに使います。見せてもらったことを感謝する意味も込めることができます。

【例文】
・高麗のツボを拝見することができ、光栄に思います
・秘仏を拝見することができ、光栄の極みです
・国王のお姿を拝見することができ、光栄でした

「拝見する」の間違った使い方

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ
※画像はイメージです

ここでは、「拝見する」の間違って活用してしまいがちな文体についてご紹介します。目上の人に対し、敬語を使おうとがんばるあまり、過剰な敬語になってしまうこともあります。

ここでご紹介する「拝見する」の「間違った使い方」は、使った本人にとっては違和感を感じない、敬語として正しいと感じられてしまう使い方なので、きちんと覚えておきましょう。

1:拝見いたします

「拝見いたします」は、「拝見する」の「する」という動詞を「いたす」という謙譲語にしたもので、一見正しく、また声に出してみてもあまり違和感がありません。

違和感を感じないほどに、一般的に使われているということもできます。しかし「拝見いたします」は、「拝見」という「謙譲語」と、「いたします」という謙譲語を重ねて使っています。

二重敬語という形になり、日本語の文法上は、誤った使い方とされます。

2:拝見させていただきます

「拝見させていただきます」も「拝見する」の「する」という動詞を「させていただく」という謙譲語にしたもので、より丁寧な敬語に聞こえます。

自分で使ったことがある人も、他人が使っているのを耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、これも二重敬語という形になり、文法として誤った使い方です。

「お見かけする」とは

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ
※画像はイメージです

「お見かけする」は「拝見する」と同じように使うことができます。「お見かけする」の元となる言葉は「見かける」です。「お見かけする」と「拝見する」の違いは「見かける」と「見る」の違いになります。

「お見かけする」という表現が持っている意味と「拝見する」同じような意味として使う際の例文をご紹介します。

意味

「お見かけする」のもととなっている言葉である「見かける」は、「会って話したという訳ではないが、相手の存在を認識した」という場面で使います。

「見かける」は「こちら側からは、見て認識したが、相手側が認識していたかは不明」という状況です。この「見かける」を敬語にすると「お見かけする」になります。

「お見かけする」は、敬語の中の尊敬語にあたるので、目上の人を見かけたときに使う表現になります。

例文1:往来でお見かけしました

「往来でお見かけしました」は、目上の人を往来で見かけた後、本人あるいは第三者に対して、そのことを報告する際に使います。

「往来」の代わりにさまざまな場所を当てはめ、同じように使うことができます。

【例文】
・先日、往来で鈴木様をお見かけしました。お元気そうでした
・この間ショッピングモールでお見かけしました。声はかけそびれてしまったのですが

例文2:先日お見かけしました

「先日お見かけしました」は、目上の人を少し前に見かけたということを、本人や第三者に伝えるときに使います。

見かけた対象は、目上の人そのものでも、目上の人に関係する人やモノでも同じように「お見かけしました」を使うことができます。

【例文】
・先日佐藤様を駅前でお見かけしました
・先日ふと立ち寄った画廊で、先輩の作品をお見かけしました

例文3:お子さんをお見かけしました

「お子さんをお見かけしました」は、目上の人の子息を見かけた場合に使います。子供ということで、年齢としては目下にあたりますが、目上の人の子息は、立場的に目上の扱いになります。

【例文】
・先日、思わぬ場所で、お子さんをお見かけしました
・ご子息は小学校へあがられたんですね。通学されているお姿をよくお見かけします

大人の敬語を身に付けたい人におすすめ

今まで友だちや近親者など、親しい人との会話しか経験がなく、敬語がうまく使えない、という人には、まず「大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート」の一読をおすすめします。

「これ読んだよ」を上司など目上の人に伝えるとき、どういった言葉遣いをすればいいのか、すぐに思い浮かばない人は、明らかに敬語表現が苦手です。

すぐに敬語表現で対応できるように、本書を読んで対応能力を強化しましょう。

「拝見する」の類語

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ
※画像はイメージです

「拝見する」の類語表現としては、「拝謁する」「拝観する」「拝覧する」などが挙げられます。聞きなれない言葉も含まれているのではないでしょうか。

これらの類語による言い換えも可能ではありますが、「拝見する」に比べると、どれも一般的な表現ではないので、基本的には「拝見する」を使用するのが好ましいでしょう。

拝観する

「拝見する」には「見る」以外にも、「ある場所に出向いて参拝したり見学したりすること」という意味があります。

この意味を表現したいときには、一般的には「拝見する」の類語である「拝観する」を用います。「拝観する」には、「宮殿や社寺やそこの宝物などを見せていただくこと」という意味があります。

【例文】
・京都に行き、神社仏閣を拝観するのが楽しみだ
・京都ではお寺を拝観するためには、ほとんどの場合、拝観料が必要だ

拝謁する

「拝謁する」は「はいえつ(する)」と読みます。「拝謁する」は、身分の高い人に面会することをへりくだっていう言葉です。

「拝見する」は「見る」の謙譲語であり、「拝謁する」は「会う」の謙譲語です。

【例文】
・国王に拝謁することになり、至極光栄だ
・卑弥呼に拝謁するのは、大変なことだったろう

拝覧する

「拝覧する」は、「見る」の謙譲語です。「拝見する」も「見る」の謙譲語です。

もととなっている言葉が同じでありながら、使用する際の細かな意味の違いにより、異なる謙譲表現を使うことになります。

「拝見する」は、人を見かけたときも、モノを見るときも使うことができますが、「拝覧する」はモノを見ることを表現するときのみ使用可能です。

【例文】
・貴重な品を拝覧する

拝読する

「拝読する」は「読む」の謙譲語です。「見る」を「読む」の類語として使っている場合には「拝読する」と「拝見する」も類語の扱いになります。

「拝見する」は、人を見かけたときや、絵やモノを見るときの表現としても使えますが「拝読する」は読み物に対しての表現としてのみ使用可能です。

【例文】
・古文書を拝読する
・文豪の書いた手紙を拝読する

拝見するを正しく使おう

「拝見する」の意味と使い方・例文5つ|類義語4つ
※画像はイメージです

「拝見する」はビジネスだけでなく、日常生活の中でも、目上の人に使うことの多い表現です。しかし、敬語を使おうとがんばるあまり、間違った使い方をしてしまいがちな表現でもあります。

使われることの多い「拝見する」について、意味と使い方を正しく覚え、どんどん使ってみましょう。

色々な謙譲語での表現を知り正しく使う

「拝見する」のほかにも、謙譲表現を含め敬語の使い方は、慣れるまでは難しく、二重敬語なども使ってしまいがちです。

自分の敬語が怪しいと感じたら、すぐに調べて確認し、正しい敬語の知識を身に付けていくようにしましょう。「拝見する」以外の謙譲語についても、以下のリンク記事を参考に確認しておきましょう。

Latests