Search

検索したいワードを入力してください

ジーザスの意味・使い方・ニュアンス|スペル/タトゥー

更新日:2022年07月18日

「ジーザス」という言葉を聞いた言葉はあるでしょうか。宗教的なあの方をイメージする人も多いでしょう。外国の映画や小説、TVやネット、会話の中でもジーザスが出てきます。ではジーザスの意味について、例文や関連する言葉や反対語、関連する映画と共にご紹介していきます。

ジーザスの意味と使い方・ニュアンスについて

まずジーザスの意味についてご紹介していきます。ジーザスは英語では『Jesus』と表記しますが、意味は「イエス・キリスト」を意味します。ほとんどの方が、ジーザスという言葉は聞いたことがあるでしょう。

イエス・キリストをジーザスと呼んでいますが、ジーザスは他の意味で表すと「神よ」、「おお、神よ」、「神様、助けて下さい」など、イエス・キリスト=神様といったニュアンスで使われています。

またもう一つの意味では、スラング言葉でよく使われる「ちくしょう」や「かんべんしてよ」、「あら、やっちゃった」、「ほらやらかした」などの驚きや感嘆などの言葉の意味で使われます。

ジーザス・クライスト

ジーザスは『イエス・キリスト』の意味を持っていますが、イエスキリストのいい方は英語読みでジーザスで読まれているのがおわかりになるでしょうか。また「ジーザスクライスト」という言葉も同じ意味で使われています。

ジーザスクライストも神様を呼ぶときの言葉ですが、英語では『Jesus Christ』と表記します。英語で表記した上で、一つづつみていくとわかりやすいでしょう。「ジーザスクライスト」とは、「イエス・キリスト」の別の読み方で言われています。

意味はイエスキリストのことですので、イエスキリストもジーザスクライストも同じだということがわかるでしょうか。「神よ」または驚きやつぶやき、落胆の意味でつぶやく言葉だと覚えておくといいでしょう。

ジーザス・クライシス

次にジーザスクライシスについて、見て行きます。ジーザスクライシスのクライシスと言う場合、英語で表記すると『Jesus Crisis』ですが、一見『Crisis』は危険とか、危機などを表します。そのため「神様、危うし」「危機が迫っている」などの意味があるのだろうかと考えてしまう方もおられるでしょう。

しかし、ジーザスクライシスの意味を見て行くと、実際は神様が危いというわけではなく、誰かに危険が迫っていると言った意味ではありません。ただの言い回しで使う言葉のため、ジーザスクライシスも「神よ」または驚きやつぶやき、落胆の意味で使われている言葉だと覚えておくといいでしょう。

ジーザスクライシスは驚きやがっかりを表す

英語のいい方では、スラング的な俗語で言われることもありますが、「ジーザス」の言葉もこの言葉一つを使ってスラングの俗語の意味に使われます。例えば「うわー、そうだったのか」と言った驚きや「なんだ、がっかり」や「信じられない」、「かんべんしてよ」など落胆の落胆の意味、またつぶやきとしてジーザスを使っていることがわかるでしょう。

ですので、つぶやきやがっかりを表す時に「ジーザスクライシス」、「ジーザス」、「ジーザスクライスト」という人も中にはいます。その類となりますので、深い意味はありません。もちろん神様が危ないとか、危機が迫っている意味合いで使うわけではないので間違えないようにしましょう。

ジーザス・クライ

次にジーザスクライについても、英語で表記すると『Jesus Cry』と書くのだろうかと考えがちですが、そうではありません。『Cry』は直訳で言うと「神が泣いている」、「泣いてしまうぐらいつらいこと」なのかと考えがちですが、この場合はそのような意味でもありません。

ただ「ジーザス」や「ジーザスクライスト」、「ジーザスクライシス」と同じ意味で「ジーザスクライ」は使われますので深い意味はありません。「神よ」または驚きやつぶやき、落胆の意味でつぶやく言葉として使われているのだとか、深い意味はないのだと覚えておくといいでしょう。

ジーザス・メーン

ジーザスメーンとは、英語で表記すると『Jesus Men』と書きます。この場合は、ジーザスを
使っていますが、スラング的な要素が強くなります。特に意味はなく、「ジーザス」や「ジーザスクライスト」、「ジーザスクライシス」や「ジーザスクライ」と同じ意味で「ジーザスメーン」は表現されているのがわかるでしょうか。

ですのでジーザスメーンの意味については、驚きやつぶやき、落胆の意味でつぶやく言葉だと覚えておくといいでしょう。

ジーザスのもう一つの意味は?

ジーザスは神やイエスキリスト、ジーザスクライストなど神を表す言葉とお伝えしました。別の意味では、ジーザスはスラング的な俗語で言う意味もあります。では詳細を見て行きます。

ジーザスのスペル読み方

ジーザスのスペルは『Jesus』と書きますが、ジーザスと読むのは英語読みです。イエズスと読むのはラテン語読みとなります。同じスペルをかきますが、読み方の違いで違った感覚で聞こえますが、同じです。

ジーザスを使用した例文

次のページ:ジーザスに関連する言葉と意味

初回公開日:2017年12月15日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests