Search

検索したいワードを入力してください

「喚起する」の意味と使い方・例文・類語|注意喚起する

更新日:2022年06月24日

「喚起する」という言葉を聞いたことはありますか?喚起するという言葉はあまり聞いたことがない人でも「注意喚起」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。「注意喚起」とはどういう意味なのでしょうか。注意喚起の意味や注意喚起を促す工夫などをご紹介しています。

「喚起する」の使い方・読み方

「喚起」は、「かんき」と読みます。意味は、「呼び掛けて注意・自覚・良心などをよびおこすこと」という意味の言葉です。「喚起する」とは、簡単に言うと注意を促すときに使われる言葉です。

言葉の意味を読み解くと、呼び掛けて、注意、自覚、良心などを呼び起こすとあります。つまり、喚起するには、禁止や制止のような強制力はないということです。「いけないこと」「悪いこと」だということは、わかっていると思うので、自分の意思でいけないことはやらないでくださいということを、相手の良心に訴えかけるということです。

強制力はありませんが、注意喚起は、相手の良心に訴えかけて止めて欲しいと思う場面で使われる言葉です。注意喚起を促された場合は、それに従う必要があるということです。

注意喚起する

「喚起する」という言葉で、一番使われている言葉が「注意喚起」、「注意喚起する」という言葉です。何か注意を促したい時に、良く使われています。何かの説明書などで「注意喚起」という言葉があったり、周りの人に注意を促したい時に、「注意喚起する」と言った形で使います。

喚起するの項目でも説明をしましたが、「注意喚起する」という言葉には、「○○をしてはいけない」のように禁止や制止、また強制力がない言葉です。しかし、相手の良心に呼び掛け本当に止めてほしい、注意してほしい時に注意喚起するという言葉が使われています。

注意喚起があった場合は、それに従う必要があるということです。

「喚起する」を使った例文

「世論を喚起する」を使い方をすることがあります。世の中の人達の訴えかけるといった意味で使われています。たとえば、「○○の工事中止に向けて、世論を喚起した」のように使います。

「注意喚起」と「厳重注意」どちらが重い?

「注意喚起」と「厳重注意」という2つの言葉ですが、どちらも注意という言葉が入っていますが、どちらが厳しい注意なのでしょうか。

これは文字どおり「厳重注意」の方がより重い注意になります。「より厳しく重く注意しておきますよ」という意味です。たとえば、会社などで厳重注意されたあとに、また同じことをしてしまった場合、解雇される可能性があるくらいの注意ですという意味です。

「注意喚起」は、「注意してください」、危険なので止めてくださいというお願いの意味の「注意」という意味です。

また、「厳重注意」はすでに起こしてしまったことに対して注意された時に使いますが、「注意喚起」は、このようなことになる可能性があります、実際にこのようなことがありましたので他の人も注意してくださいという意味で使う言葉です。

「喚起する」の類語・言い換え

「喚起する」の「喚」には、大声を出す、叫ぶ、声をかけて呼び寄せるという意味があります。「起」には、おきる、おこすといった意味があります。このような意味から考えると、目覚めさせる、呼び出す、働きかける、警鐘といった言葉が類語と言えるでしょう。

促す

「注意喚起する」という言葉は、注意を促すと言い換えることができます。「注意喚起する」時は、実際に何かが起こった時や何かが起こる可能性がある時に使われる言葉です。まだ実際に危ない経験をしていないが、近くで危ないことがあったので、みなさん注意してくださいと注意を促している時に、「注意喚起」という言葉が使われています。

このようなことから、「喚起する」という言葉は、「促す」と言い換えることができることがわかります。

呼び起こす

「喚起する」という言葉は、相手の良心に訴えかけると言う意味がある言葉です。そのため、良心を呼び起こすという言葉に言い換えることができます。

本当は、良くないのはわかっているけど、「みんながやっているから」、「ほんのちょっとだけだから」ということがあります。「注意喚起」には、あなたの良心を呼び起こして訴えているので、「自分の意思でやらないでください」という意味が込められています。

「注意喚起」に従ってもらうには?

「注意喚起」は、あくまでも本人が注意して行動をしてもらう、やってはいけない場所で注意を促していることをしないでほしいということです。しかし、どんなに「注意喚起を行ってもなかなか改善されない」ということはよくあります。

たとえば、「電車内の携帯電話をマナーモードにする」や「エスカレーターは、止まって利用する」などです。実際に事故などにつながることもあり、注意喚起が行われていますが、完全に改善されるまでには時間がかかることがあります。

「注意喚起」を周知し、守ってもらうためにはどんな工夫が必要なのでしょうか。

次のページ:「喚起する」と「喚起させる」の違い

初回公開日:2017年12月16日

記載されている内容は2017年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests