Search

検索したいワードを入力してください

「お断り」の意味と使い方・文句やスティッカー

初回公開日:2017年12月25日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

プライベートやビジネスシーンでは断らなければならない状況が生じてきます。どのように断れば失礼が無いかとても気を使いますし、色々考えると疲れてしまうこともあります。避けては通れない事ですから、断り方のポイントや気を付けるべき点をご紹介しましょう。

「お断り」の意味と使い方

私たちは、日常生活をしていくなかで、さまざまなシーンにおいて「お断りします。」という言葉を使わなければならないことがしばしばあります。普段なにげなく使っているこの「お断り」という言葉について、本来の意味や正しい使い方をご存知でしょうか。

お断りします

「お断り」には「ことわることや拒絶」することのほかに、「あらかじめ理由をのべること」、「言い訳や謝罪」などの意味があります。

例えば、「今回のご提案はお断りさせていただきます。」のような場合は、断りや拒絶の内容になります。このような使い方をする場合は、少し強めの言い回しになるので、相手に失礼にならないか考え、前後にお詫びや謝罪の言葉を添えるようにしましょう。

次に、「最初にお断りさせていただきます。」の場合の「お断り」の意味は、あらかじめ理由を述べるという意味です。最初に伝えて、了承していただきたいことがあります。という内容になります。

誘いを上手に断りたい

日常生活の中では色々な場面で色々な誘いを受けることがあります。プライベートやビジネスのシーンでも飲み会や遊びなど多岐多様な誘いが存在しています。
 
自分にとって楽くプラスにになる誘いなら迷うこともなく即決できるでしょう。しかし、都合が合わなかったり気乗りしなかったり、どうしてもお断りしなければならない場面も出てきます。

人は断ることに対して罪悪感を感じてしまう事があります。相手に気を使いすぎて中々断れなくストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。これはなぜかというと、人間は昔から集団生活をすることで自然界を生き抜きました。そのため、集団生活を維持するために世間や組織などの集団の意向を気にする傾向があるからです。

どのように断ればいい?

せっかくお誘いを受けたのにどうしてもお断りしなければならないとき、どの様なことに気を付けたらいいのでしょうか。今の関係を壊さず相手を嫌な気持にさせないようにお断りするにはどうしたらいいのでしょうか。色んなケースがありますので考えてみましょう。

ビジネスシーンでのお断り

仕事の量が多かったりスケジュールの都合でお断りしなければならないときがあります。ですが信頼関係が崩れてしまったら困る、その後の仕事に影響が出ないかを考えると中々断りにくくなります。

お断りの意思表示をしながらも相手を不快にさせないように真摯な態度をしめすことが大事です。どうしても引き受けられない条件でも相手の話を真摯に聞き、色々考えたうえで判断したという誠実さを示すとよいでしょう。
 
最初は、仕事の依頼に対しての感謝の気持ちを伝えます。仕事を引き受けられない理由を明確に説明し、相手に理解してもらいましょう。そして今週は無理ですが来週でしたらお引き受けできます。など、断る際に代案を提示して理解を示し協力する姿勢を表しましょう。

最後に次につながるように、本当は引き受けたい気持ちを伝えましょう。次の機会にはぜひよろしくお願いします。など前向きな言葉を添えるだけでも大分印象は違ってきます。

飲み会のお断り

「行けたら行きます。」などと曖昧な態度をとるのは社会人としてのマナーが疑われる断り方なので避けたいところです。今後の仕事や人間関係にも影響することがあるので注意が必要です。

飲み会に誘われた時には早く出欠を知らせるべきですが、適当な理由で断ってしまうと後々つじつまが合わなくなってくることがあります。自信のない方は乗り気な気持を表現しながら、予定を確認すると伝えてその場で回答するのを避けるのも有効です。

その後なるべく早く理由を考えて相手に伝えて断りましょう。その際は誘ってもらったことに対しての感謝、理由、要求にこたえられないことを謝ります。そして、また次の機会によろしくお願いいたしますなどよい関係でいたい気持ちを伝えましょう。

内定に関するお断り

内定を辞退することになったら一日でも早く伝えるようにしましょう。メールではなく電話で誠意をもって伝えるようにします。

電話の際には今話して大丈夫かどうか確認してから、内定辞退をしたい事と謝罪を伝えましょう。落ち着いて相手が電話対応が可能か確認することが大切です。

内定理由を聞かれることもあるので、相手が納得できるように辞退理由を簡潔に整理しておきます。聞かれない場合はこちらから辞退理由を言う必要はありません。

そして最後に電話での謝罪になってしまったことを詫びましょう。貴重な時間をいただきながら内定辞退になってしまったことを改めて謝ります。

お断りの文句

お断りの際よく使われる文句(フレーズ)がいくつかあります。どんな言葉のバリエーションがあるのかご紹介しましょう。

改まった文面でよく使われる文句は「申し訳ございませんが、ご容赦のほどお願い申し上げます。」や「今回は謹んで辞退させていただきます。」「ご要望には添いかねます。」などがあります。

協力できない時には「~いたしかねます。」や「この度は見送らせてください。」「せっかくのお話ですがご遠慮させていただきます。」など色々なフレーズがあります。

お断りのステッカー

お断りといえばよく目にするのがセールスお断りのステッカーです。玄関先やポストに貼ってありますが効果があるのでしょうか。

訪問販売

勧誘や訪問販売の際は氏名や販売目的の明示が義務付けられており、勧誘や訪問販売を受ける意思が無いことを確認した上での再勧誘をしてはならないと定められています。具体的に「いりません。」「お断りします。」「必要ありません。」と伝はっきりえることが必要です。

ですが百戦錬磨の訪問販売員に対面するのは危険ですので、インターホン越しにお断りしましょう。インターホン越しでも対話することになりますので嫌な場合は無視することになりますが始終インターホンをならされるのもストレスになります。

そのような場合は訪問販売や勧誘お断りのシールを貼ってみるのも一つの手段です。ステッカーの効果については賛否両論ありますが、試してみる可能性はあります。

チラシ

ポストに投函されるチラシの量は、時に大量に入れられていることがあり、ポストからはみ出していることさえあり大変迷惑に感じることがあります。毎日のことですので、処理するだけでも大変な作業です。

かといって一日中見張っているわけにもいきませんので、「チラシ投函お断りのステッカー」をポストの目立つところに貼ってみましょう。それだけで意外と効果を発揮することがあります。お断りステッカーが貼ってあっても、やはり投函されることもありますが、一定の効果は見込めます。

100均など

ホームセンターや100円均一ショップでもお断りシールは販売していますが、もし見つからなかったり、近所にお店が無くても、後ではがせるようにメンディングテープにマジックペンなどで書くという方法もあります。

さらに言葉やデザインにこだわるなら、ネット上検索すれば色々なデザインのステッカーが販売されています。自分で作ってみたいと思う方は、ダウンロードできるデータを活用してオリジナルの作品を自分でプリントアウトして使うことも可能です。

上手に断れるようになろう

Latests