Search

検索したいワードを入力してください

キャッチーという言葉の意味/使い方4つ/類義語5つ

更新日:2022年07月04日

「キャッチー」とはどのような意味なのでしょうか。また、会話や文章ではどう使うのでしょうか。今回はキャッチーという言葉をテーマにして、意味や使い方、類義語などをご紹介しています。これを機会にキャッチーという言葉の正しい使い方をマスターして言葉の幅を広げましょう。

キャッチーとは

キャッチーとは、日常的にも比較的よく見たり聞いたりする、横文字の言葉の1つです。特に最近は、「キャッチーなフレーズ」「キャッチーなコピー」といったように、「キャッチー」という言葉が幅広い分野などで使われています。

意味

キャッチーの意味は、受けそう、人気になりやすいさまを表しています。キャッチーという言葉は、音楽以外の分野やジャンルでも使われることが増えており、全体的には「人気が出そう」「多くの人から支持されそう」といった意味やニュアンスで使われることが多いと考えられます。

語源

キャッチーの語源は、英語の「catch」にあると言われています。キャッチーは、英語のcatchのような「つまむ」「とらえる」といった意味をもとにして、「人の心をつかむ」「人の気持ちをとらえる」といった意味を持つようになったと考えられています。

キャッチーの使い方4つ

キャッチーという言葉はどのように使えば良いのか、基本的な使い方や言い回しについてご紹介していきます。「キャッチー」という言葉の意味などを、何となくは理解しているものの、曖昧な理解のまま納得してしまっているという方は、ぜひこの機会に向き合ってみて下さい。

使い方1:キャッチーなタイトル

「キャッチーなタイトル」という言い回しは、映画やドラマのタイトルや、小説や漫画の題名など、幅広い分野で使うことができます。

どのようなタイトルをキャッチーだと感じるかは個人差がありますが、一般的にはインパクトのあるタイトルや衝撃的な題名、前衛的なネーミングなどに対して使われることが多いでしょう。

使い方2:キャッチーなフレーズ

「キャッチーなフレーズ」という言い回しは、歌の歌詞や商品などのキャッチコピーに対して使われることが多く、より多くの人の目や耳に残るキャッチコピーや、記憶に残りやすい歌詞などを意味する場合もあります。

また、キャッチコピーの場合は、消費者などの好奇心・興味を引くような謎めいたフレーズや、ギャグを狙ったフレーズなどに対しても、「キャッチーなフレーズ」という言い回しが使われることもあります。

使い方3:キャッチーな言葉

「キャッチーな言葉」とは、上記で挙げた「キャッチーなフレーズ」と同じような意味やニュアンスで使われることも多く、同義語や言い換え表現の類として使用できる言い回しとも言えるでしょう。

キャッチーな言葉は、漢字1文字や単語に対して使用されることが多いです。「キャッチーなフレーズ」と「キャッチーな言葉」では、ニュアンスや使い方が若干異なる可能性があります。

使い方4:この広告はキャッチーである

「この広告はキャッチーである」という言い回しは、商品などの広告に対してネーミングや写真が分かりやすい、受けそうといった意味で使われます。

具体的にどのような名前をキャッチーと感じるのかは、個人の感覚や好みによって差があるため、断言することはできません。しかし、一般的には、ありふれていない個性的な商品名や、記憶に残る印象的な写真に対して使うことが多いと言えます。

次のページ:キャッチーの類義語5つ

初回公開日:2017年12月22日

記載されている内容は2017年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests