Search

検索したいワードを入力してください

「概要」の意味と使い方・由来・類義語・論文・要旨との違い

初回公開日:2018年01月04日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「概要」を説明するよう誰かに求められたとしたら、あなたは何について話しますか。なんとなく内容についてを話すようであってはなりません。会社の会議などでも役立つ「概要」という言葉の正確な意味と使い方について、この記事から調べてみましょう。

「概要」の意味と使い方とは?

「概要」の意味と使い方・由来・類義語・論文・要旨との違い
※画像はイメージです

何かの商品を購入した時に説明書を読んだことありますか。おそらく、ほとんどの人が読んだことがあるに違いありません。

しかし、そのような説明書の中に「概要」という言葉が使われていることに気づいたことはありませんか。実は、意外と知られていないだけで「概要」という言葉は、生活の中で広く行き渡っている単語の1つになります。

では「概要」という言葉には具体的にどのような意味があるのでしょうか。さらに「概要」という言葉をどのように使う事ができるのでしょうか。詳しく調べてみましょう。

「概要」の意味

「概要」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。「概要」には「大まかな内容」もしくは「全体の内容を要約したもの」という意味があります。

そのため「概要」をすることによって、ある特定の事柄がどのように起きたかを知ることができます。そして、大まかな内容を知りたい時には「概要」を他の人に尋ねれば良いことになります。

「概要」の使い方

「概要」という言葉の意味をしっかり理解することができたとしても、実際の使い方を知らなければ自分の会話の中に「概要」という言葉を取り入れることができません。

どのような仕方で「概要」という言葉を使うことができるのでしょうか。正確な意味を反映した詳しい使い方を調べてみましょう。

「事件の概要を述べる」

例えば「事件の概要を述べる」という文章を作成したとしましょう。この文章によってどんな考えを相手に対して伝えることができますか。

基本的には「事件で生じた大まかな内容を伝える」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。

この場合事件の生じた日時だけを伝えるわけではありません。そうではなくて、事件がなぜ生じたのか、そして、結果としてどうなってしまったのか、などを伝える必要があります。なぜなら「概要」という言葉を使うことによって、大まかな内容を伝える必要が生じているからです。

「製品の概要を読んでみる」

あなたの友達が「製品の概要を読んでみる」といったとしましょう。その言葉を聞いたあなたはこのフレーズからどんな意味を理解しますか。

おそらく、あなたの友達は何らかの製品を購入したのでしょう。しかし、製品が何のために役立つのが正確な理解を得ていない可能性があります。もしくは、その製品をどのように使ったら良いのか方法を理解していない可能性もあります。

その時に「製品の概要を読んでみる」という言葉を友達が言ったということは「製品がどんなものか説明している書類を読んでみる」と言っていることになります。

簡単に言えば説明書のようなものを読んでいるということです。このフレーズによって表されている考えは簡単なので、いつでも使うことのできる表現ではないでしょうか。

「概要」の意味の由来とは?

「概要」の意味と使い方・由来・類義語・論文・要旨との違い
※画像はイメージです

「概要」という言葉は非常に便利ですが意味の由来についてはあまり知られていません。

どのような経緯があって現在の「概要」という言葉の意味に発展したかは、正確に確認わからないのが事実です。これから、その意味の由来についての理解が深まっていくのを待つしかありません。

辞書での「概要」の意味とは?

新しく単語の意味について知りたいと感じたなら、多くの場合まずは辞書で意味について調べようとするのでないでしょうか。辞書で「概要」という言葉を調べたとしましょう。「概要」という表現のどんな意味を見つけることができますか。

「概要」という言葉には「あらまし」もしくは「大要」という意味があることが辞書からわかります。

きっと多くの人は辞書で説明されているこの意味について聞いたとしても、あまり以外には感じないことでしょう。「概要」という言葉から、辞書で説明されているような意味をイメージすることができるからです。

「概要」の意味の類義語とは?

「概要」 という言葉の類義語にはどんなフレーズがあるのでしょうか。類義語についての理解を深めることによって、より正確な仕方で「概要」を使うことをもうできるようになるはずです。

また「概要」の類義語を調べることによって、自分の言葉の幅を広げることも可能になります。

概論

「概要」という言葉の類義語には、どんな表現があるのでしょうか。「概論」という言葉も「概要」と同じ意味のある類義語として知られています。でも、具体的にはどんな意味があるのでしょうか。

「概論」には「全体の概要を述べること」という意味があります。「概論」という言葉の意味を説明するために、辞書の中では「概要」が使われることがありますので、それだけ2つの表現には似た意味があることがわかるのではないでしょうか。

論文での「概要」の意味と使い方とは?

「概要」という言葉を論文で使うとするのであれば、使い方に注意する必要があるでしょう。論文のような言葉遣いに敏感にならなければならない文書においては「概要」の使い方を知ることは非常に重要です。調べてみましょう。

論文の「概要」で重点を示す

卒業論文やレポートを提出するのであれば、ある程度自分が書いた論文の中で何を伝えたいのかははっきりしていることでしょう。しかし、その伝えたい内容の重点を相手に伝えることも必要です。

特に、論文の「概要」の中では、書かれている内容の重点がどこに置かれているかを示さなければなりません。しかも、自分の論文の長さによって「概要」の文字数も設定されていることがあります。

決められた文字数の中で、わかりやすく論文の内容を説明することが「概要」の目的になります。

つまり「概要」という言葉を論文の中で使うのであれば、必然的に内容を大まかに説明していなければならないということです。ただ単に内容を部分的に説明しているのであれば「概要」という言葉を使う必要はありません。

「概要」と「要旨」の意味の違いとは?

「概要」と「要旨」という言葉は、同じ意味があるものと考えられがちですが、実は意味の違いがあります。

すでに理解することができたように「概要」は物事の大体の内容の事をさせています。しかし「要旨」は「述べられている内容のあらまし」もしくは「述べようとする内容の主要な内容を短くまとめたもの」になります。

つまり「要旨」は必ずしも重要な点とは限らないということです。場合によっては、内容を短くまとめただけになり、そこには要点や重要な出来事が含まれていない可能性もあります。

「概要」と「概況」の意味の違いとは?

「概要」の意味と使い方・由来・類義語・論文・要旨との違い
※画像はイメージです

「概要」と「概況」という言葉も似ていそうで異なった意味を持っています。

「概況」という言葉には「大体の情況」という意味が含まれています。「概要」をすることによっても大まかな内容は知ることができますが「概況」の方は、内容の大筋ではなく、流れを説明している文章になることでしょう。

「概要」と「内容」の意味の違いとは?

「概要」の意味と使い方・由来・類義語・論文・要旨との違い
※画像はイメージです

「概要」と「内容」の意味はどのように異なっているのでしょうか。

例えば論文を例にとって考えてみましょう。「論文の内容」という表現を使った場合、何のことを指しているのでしょうか。論文の書かれている文章のことを指しています。

では「論文の概要」という表現を使うのであればどんな意味を理解することができるでしょうか。それは、論文全体の中でも大切な要点を意味しています。あらましと表現することもできるでしょう。

つまり、論文の「内容」をまとめたものや理解しやすくしたものが「概要」ということになります。

一見「概要」も「内容」も同じような意味の単語として捉えられがちですが、実は全然違う意味があることに気づかされるのではないでしょうか。実際に意味の違いを理解すると、この2つの単語をしっかりと使い分けることができます。

「概要」と「概略」の意味の違いとは?

「概要」の意味と使い方・由来・類義語・論文・要旨との違い
※画像はイメージです

「概略」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。「概略」とは「要点は関係なくただ短くまとめたもの」のことを指しています。場合によっては重要な点が漏れている可能性もあります。

そのため「概略」を誰かに説明された時には、その内容が全ての要点だとは考えないようにしましょう。実のところ「概要」を聞かない限り、要点を理解することができないからです。

もちろん、必ずしも「概略」には要点が漏れているというわけではなく、要点をとらえた説明が含まれる場合もあります。

「概要」と「主旨」の意味の違いとは?

「概要」という言葉と同じ意味がある言葉として考えられがちなのが「主旨」という表現です。しかし、この2つのフレーズの間には意外な違いがあることをご存知だったでしょうか。

「主旨」とは「事を行うにあたっての、元にある考えや主な狙い」という意味があります。 そのため、ただ内容を説明するというよりは、一番強調したいと考えているテーマを伝えることになります。

このように「主旨」という言葉の意味を理解することができたとしても、実際にどうやって使ったら良いのかまで理解するのは非常に難しいです。「主旨」という言葉の使い方に精通することができるように、例文を見てみましょう。

「この計画の趣旨を説明する」

例えば「この計画の趣旨を説明する」という文章があったとします。人によってはこの文章を見た後、計画について事細かに全てを説明したいと感じることがあります。

しかし、結論から言うとそれは間違いになります。なぜでしょうか。この表現をどのような意味に理解することができるでしょうか。

計画を全て細かく説明するのではなく「計画の大まかなねらい」を説明する必要があるでしょう。そうすることによって、計画の内容を全てを把握することができないとしても、この計画によってもたらされる益や結果を理解することができるようになります。

「概要」で時間を節約

最近では、仕事の効率化を図ることをどの企業も取り組んでいます。つまり、時間はお金と同様、貴重であるということです。

しかし、そのような流れの世の中で、相手の時間をたくさん奪ってしまっては、相手との良好な関係を築くことができません。

そんな中で時間の節約をするのに役立つ言葉が「概要」です。取引先の人に対して計画全てを説明することもできますが、多くの場合は「概要」を説明するだけで十分でしょう。むしろ、その方が相手に感謝されるはずです。

なぜなら、不必要に相手の時間を奪うことなく「概要」で大切な部分だけを相手に伝えることを心がけているからです。このように便利な「概要」を積極的に使って、時間を節約していきましょう。

Latests