Search

検索したいワードを入力してください

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い

初回公開日:2017年12月29日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

恋愛における束縛が、どのような意味でいつ使われているかなどをご存知でしょうか。実はパートナーからの束縛で悩んでいる悩んでいる人は多く、束縛に関する事件なども起こっています。今回はそんな恋愛面などで多く聞かれる束縛の意味やその使われ方を紹介していきます。

「束縛」ってどう言う事?

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い
※画像はイメージです

恋愛事などでよく使用される「束縛」と言う言葉ですが、その言葉がどのよう亜意味を持っているのか・また本来はどのような状況で使われているのかをご存知でしょうか。「束(たば)」を「縛る(しばる)」と書いて「束縛」と書きますが、初めて聞く方にとってはどのような意味なのか推察するのは難しいでしょう。

意味

束縛は「まとめて縛ること」や「行動を制限して自由を奪うこと」と言った意味があります。日常的に良く聞くのは後者の方でしょう。前者も束縛の意味として正しいものですが、「他者などの自由を制限する」意味の方を使用する事の方が増えています。

抑制・規制を表す意味の類語は「拘束」「牽制」「縛り付ける」「気詰まり」「コンストレイト」などです。限界内・制限内に閉じ込める意味としては「収容」「監禁」「封じ込む」「留め置く」などが類語として挙げられます。どのような自由の奪い方かを具体的に持つこれらの類語と比べると、束縛は「縛る」と言う意味で抽象的な意味を持っています。

使い方

「束縛」と言う言葉を例文を用いて説明していきます。どのような場面で「束縛」と言う言葉が使われているのかを、例文とともに理解していきましょう。

「できないだろうと言う考えが彼の成長欲を束縛している」

こちらの例文に使用されている「束縛」は、「行動を制限して自由を縛る」と言う意味で使用されています。ここで束縛を受けているのは彼の「成長欲」です。

この例文での束縛の原因は、「彼が何かに関してできないだろう」と思い込んでいるところです。彼が自分の限界を自分で設定してしまったために、成長すると言う選択を失っています。

このような例文での使用方法が、現在では多くなっています。束縛が抽象的な意味を持っているため、身体よりも「精神的な事象」で制限される意味を表現する事が多くなりました。

「家庭と言う存在は人間を束縛してしまう」

こちらも「行動の自由を制限してしまう」と言う意味で表現された例文です。この例文で束縛されているものは「人間」、束縛しているのは「家庭」となっています。

家庭と言う存在が人間の暮らしに影響を与えている事をよくあらわされた例文でしょう。その理由が仕事なのか・伴侶であるのか・または子供であるのかなども想像を膨らませることができ、家庭に対するイメージが湧きます。

「束縛」の読み方

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い
※画像はイメージです

束縛は「そくばく」と読みます。どちらの漢字も音読みで読みやすい読み方となっているため、所見で読める方がほとんどでしょう。どちらも常用漢字のため、新聞などでも平仮名に直されずに使用されます。

どちらも常用漢字のため、中学生以上の年代で「束縛」が読めない状態である事は避けるようにしましょう。意味を知らないと言う方も、日常生活でよく使用される言葉の一つでもあるので覚えておくようにしてください。

「束縛」の意味の由来とは

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い
※画像はイメージです

束縛の「束」の漢字の由来は「薪(たきぎ)を束ねた形」が由来となっています。「束」の形をよく見ると、束ねた木の棒にように見える事からそれがうかがえるでしょう。また束縛の「縛」は「木の根・またハイネの音を手に持って縄でしばる形」が由来となっています。

これら二つの漢字より束縛と言う言葉が生まれました。この二つから薪などが縄で縛って束ねられた状態を想像する事ができますが、束縛その縛る対象を「人間」として表現する事により、「行動などの自由が妨げられている状態」と言う意味が付与されました。

恋愛での束縛はどういう意味?

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い
※画像はイメージです

束縛は具体的にものを縛り上げたり、他者などの自由を奪う意味を持っています。しかしその意味は現在では「恋愛」の場面で使われることがほとんどとなりました。多くの人間が恋愛で使用される「束縛」と言う言葉を違和感なく使用しています。それほど恋愛面において「束縛」と言うジャンルが知られてきたと言う事です。

ここからは恋愛面における束縛の意味を紹介していきます。意味はこれまでに紹介してきた束縛の意味と大差ありませんが、どのような場面で束縛と言う言葉が使われているのか理解していきましょう。

彼氏に対する束縛

彼氏に対して嫉妬などの感情から、行動などを束縛してしまう女性は多いでしょう。この場合の束縛はこれまで説明してきた意味とほとんど変わりません。「他者に対して行動を制限し、自由を奪う」と言う意味を持っています。

「自由を奪う」と言うのは、女性と二人での外出禁止・会話禁止・○○時までに帰宅強制・連絡の強要などが挙げられます。これは彼氏の生活スタイルを歪めたり、ストレスを与えてしまうこともあるような危険な行いです。このような制限は愛の証拠として肯定的に捉える人も存在しますが、基本的には病的だとして好かれないことがほとんどです。

これは女性に限った事ではありません。男性も彼女に対して強要する事もあります。これらの束縛により傷害などの事件に繋がった事もあるため、彼氏・彼女・配偶者の束縛には注意が必要です。

プレセントに隠された「束縛」の意味とは

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い
※画像はイメージです

配偶者や恋人がいる場合、記念日などに誕生日を贈られる方もいるでしょう。しかしそのプレゼントが自分を束縛するアイテムになる可能性がある事を考えた事はあるでしょうか。実はパートナーの中には自分を束縛しかねないプレゼントを故意に贈る人も存在しています。

では、どのようなプレゼントが束縛へと繋がるのかを紹介していきます。意外にも、誰もがプレゼントしそうなアイテムが束縛へと繋がってしまうと言う事もあるため、贈る方も贈られた方も注意が必要です。

Latests