Search

検索したいワードを入力してください

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い

初回公開日:2017年12月29日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

恋愛における束縛が、どのような意味でいつ使われているかなどをご存知でしょうか。実はパートナーからの束縛で悩んでいる悩んでいる人は多く、束縛に関する事件なども起こっています。今回はそんな恋愛面などで多く聞かれる束縛の意味やその使われ方を紹介していきます。

ネックレスなどの身につけるもの

ネックレスや指輪・マフラー・手袋と言った身体に身につけるアイテムは、メジャーなプレゼントとして親しまれています。しかし時にはこのような身につけるアイテムは、束縛の象徴となってしまいます。

身につけるアイテムは、相手の趣味が問われるため自分の趣味でないものをプレゼントされると、それを見た他者は誰かのプレゼントである事を予期するでしょう。それはその人間に恋人がいる事を示唆し、他の異性を寄り付かせないようにする予防線へと繋がります。

パートナーの身につけるものにまで注意し異性が近寄らないようにするのは、まさに束縛の証拠と捉えられるでしょう。パートナーの交友関係を限定させてしまうようなプレゼントは「束縛の証」とも言われています。

手作りのもの

手作りのものはパートナーを束縛してしまう危険があります。先ほどの紹介した身につけるもので、手作りのものは特にパートナーに自分の存在を意識させることになってしまうでしょう。身につけなければ相手が傷つく、相手に怒られると言った束縛的な思考を生んでしまう危険があるため、「重いプレゼント」と見なされることもあります。

「束縛」と「干渉」はどう違う?

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い
※画像はイメージです

束縛と似たような意味を持つ言葉として、「干渉」と言う言葉があります。干渉は「他人のことに立ち入って自分の意思に従わせようとする事」という意です。一見二つの言葉は同じような意味をしているように見えますが、実はある部分において決定的に違う部分があります。

干渉は何かの行動を制限させる束縛とは違い、パートナーに行動を強要させると言う意味を強く持っています。例えば一緒に学校や会社に向かう、キスを強要すると言った事が鑑賞に入ります。「~するな(束縛)」と言うよりも、「~をしろ(干渉)」と言うのがこの言葉の主な意味です。

「束縛」と「嫉妬」の違いは?

恋愛での「束縛」の意味と使い方・「干渉」「嫉妬」との違い
※画像はイメージです

嫉妬は「自分より優れているもの・幸せなもの・価値があるように見えるもの」などに対して羨ましいと言う感情が現れ、ネガティブな気持ちになることを意味しています。パートナーが異性などと仲良く喋っている時に感じる気持ちなどの事を嫉妬と言います。

「嫉妬」と言う言葉には相手の自由を制限する意味を含んでいません。この部分から「束縛」と言う言葉とは大きく異なって来るでしょう。しかしパートナーへの束縛はこの嫉妬が原因の一つでもあると言われています。

束縛には気を付けよう!

パートナーからの過剰な制約や禁止事項の強要などから、自分が束縛を受けていると感じている方は多いでしょう。パートナーからの愛を感じると言う方もいらっしゃるでしょうが、束縛が自分の生活スタイルを狂わせるものである場合は二人の関係性を見直す必要があります。

しかし恋愛面における束縛は、パートナーや自分などに幸福感をもたらす事もあります。自分は行動を制限されるほど愛されているんだと感じる事で、パートナーからの愛を確かめられるからです。束縛=悪いものだと一概に感じるのではなく、相手の気持ちを理解し相手へ惜しみない愛を返す事で相手を安心させ、束縛に対する理解を深める事も大切です。

Latests