Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月13日

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

皆さんこんにちは、今回は「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典と題して、「精査する」という言葉の正確な意味合いやその用法、またさまざまな分野で扱われる「精査する」の用例についてご紹介します。ぜひ「お役立ち情報」にピックアップしてみてください。

「精査する」とは

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

「精査する」という言葉の意味を皆さんはご存知でしょうか。「精査する」という言葉は現代でもあらゆる分野において使われており、特に「研究施設」にはじまる学術分野、また病院や養護施設、さらには料理店やサービス企業に至るまで、あらゆる分野においてこの「精査する」という表現が活用されています。

「精査する」という言葉の意味は一般的に「物事を多角的な観測により、詳しく徹底的に調べること」を言い、主に何かを研究している施設や、顧客(第三者)に対してあらゆるサービスを行なっている分野の職種では、必ず「点検」という形でこの「精査する」という言葉が使われています。

「精査する」というのは「考査する」や「配慮する」といった浅い調べ方を意味するのではなく、「誰にでも納得されるように、その事業計画や企業実態を細かく分析して説明する」といった意味合いで使われます。

「精査する」の読み方

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

「精査する」にあります「精査」という言葉は、「せいさ」と読み、「精査する」は「せいさする」という言い方で伝えられます。この「精査」という言葉は小説をはじめ、あらゆる出版物において掲載されている言葉でもあり、ときによっては筆者の主観や感情によって、「精査(しら)べる」や「精査(ついきゅう)する」などと、さまざまな読み方をさせる場面が認められます。

「精査する」という言葉が使われるタイミング

「精査する」という言葉の意味は前述のように「多角的な観測によって徹底的に調べる」というあることから、あらゆるビジネスシーンにおいて頻繁に活用される言葉として認められます。特に第三者に対する説明を補う場面などにおいては、この「精査する」という項目は外せません。

第三者監査(一般的には「監査」)という、どの会社でも課される企業説明や仕事の点検を課される際には、この「精査する」という項目によって、日頃から行なっている仕事のあり方や企業実態が徹底的に調べられます。

「その会社は具体的にどのように仕事をしているのか」という基本的な監査項目から、「いつも法律に則って仕事がなされているか」や「違反項目がないか」など、顧客をはじめ第三者に対する企業説明を円滑に行なうための国・市町村による調査になります。この調査の際には、必ず「精査すること」が義務づけられます。

「精査する」の使い方

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

先述でご紹介しましたが、「精査する」というのは主にビジネスシーンで扱われる言葉であって、その意味は「企業実態の調査」をはじめ、「日頃からきちんと仕事がなされているか」や「違反項目がないか」などの入念なチェックがなされることを意味します。また、取引や刑事事件などにおいても、この「精査する」という言葉が使われます。

・○○企業の仕事のあり方を隈なく調べるため、○月○日まで運営管理について精査します。
・事件究明のため、犯人の身辺を精査してください。
・実験報告と実験材料とがきちんと符号しているか、精査する必要があります。
・身元調査をするため、参考人の生活歴を精査してください。

このように「精査する」というのは、「現在では明らかになっていないことを究明するため、精査する現時点をもって、考えられる限りの方法をもって調査すること」を意味します。

国語辞典での「精査する」

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

言葉の意味や用法を調べる際には、一般的に国語辞典にはじまる辞書を使います。この「精査する」という言葉の意味を調べる際でも、たいていの場合はまず国語辞典を調べるでしょう。

国語辞典に掲載されている「精査する」という言葉の意味は、単純に「詳しく調べること」や「特定の事柄を明らかにすること」と説明しています。この簡潔な意味合いや用法の説明に不足を感じる場合は、インターネット上の情報を調べてみたり、さらにはいろいろな出版社から発行されている辞典・辞書を調べてみるとよいでしょう。

「精査する」の類義語と意味

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

1つの言葉を覚える際には、その言葉の関連語をワンセットで覚えることが実に効果的です。そうすることによって、その言葉の意味合いや用例について多角的に理解することができ、また「自分の言葉や表現」としてその言葉を使う際にも、臨機応変に対応でき、その意味合いを表現することができるようになります。

・調査
・観察
・検察
・精細
・調べる
・探査(たんさ:探りながら調べること)
・探索
・検索
・吟味(ぎんみ:深く味わうこと)
・検分
・検査
・検閲(けんえつ:公共機関が強制的に調べ改めること)
・チェック
・検見(けみ:詳しく検査すること)
・品定め(しなさだめ:人や事の本質や能力を調べること)
・評価

これらのことば言葉が並びますが、どの言葉にも「特定の物事を深く調べ、その本質や実態を詳しく調べること」という意味合いが含まれます。

「精査する」の対義語と意味

類義語を調べた後には、ついでにその言葉の対義語を調べておくとよいでしょう。類義語と対義語の両方を調べることによって、覚えるべき1つの言葉の用法についても、広い知識と見解を持つことができるようになります。

・杜撰(ずさん:いい加減)
・アバウト
・疎放(そほう:荒っぽいあり方)
・杜漏(ずろう:手抜かりが多く、いい加減なこと)
・乱雑
・複雑
・雑
・粗慢(そまん:考え方ややり方がおおざっぱ)
・おおざっぱ
・だらしない
・雑然(さまざまな物事が混じっていること)
・粗略(そりゃく:物事の扱いや対応がいい加減なこと)

これらのことば言葉が並びますが、どの言葉にも「荒っぽいこと」や「いい加減に物事を取り扱うこと」といった乱雑な意味合いが含まれます。

「精査する」と「考査する」の意味の違い

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

「考査する」という言葉の意味は、「特定の物事についていろいろと調べて考えること」を言い、意味合いとしては「精査すること」とよく似ていますが、「考査」の場合は、調べてからさらに考慮することが含まれます。

「精査すること」の基本的な意味合いは「調べるだけに徹すること」を言い、その後において主観的にそれについての判断を下すことはしません。ただ「真実を究明することだけ」を目的とするため、「考査すること」とは明らかな用法の違いが見て取れます。

「精査する」と「考慮する」の意味の違い

「考慮」という言葉も「考査すること」と同じ意味合いを持ち、「物事について調べた後に、主観的にそれについて深く考える」という行動がついてきます。この点において「精査すること」とは基本的な意味合いにおいて違いが生まれ、「調べること」と「考えること」との行動において線引きがなされます。

・その秘密について精査します(秘密について調べます)。
・その秘密について(調べた後で)考慮します(秘密について考えます)。

ごく簡単に言えば上記のように意味合いが分かれ、「調べる段階で作業が止まること」を「精査する」と言い、「あるていど調べた後で考えること」を「考慮する」と言います。

「精査する」と「検討する」の意味の違い

「検討する」という言葉は非常に多くの分野で使われますが、この「検討」という言葉の基本的な意味合いは「物事やプランを多角的な見地から眺めてみて、それで大丈夫かどうかを見極めること」を言います。

この「多角的な見地から眺める」という点で「精査すること」の意味合いと非常に近くなりますが、この「検討すること」の意味合いには「考慮」や「考査」と同じく、「調べた後に考える・検討する」という主観的な行動がうかがえます。

「精査する」という言葉の意味は「多角的な見地から徹底的に調べ上げること」を言うため、その後の「考えて答えを引き出す」という行動までは原則的に含まれません。

「精査する」と「調査する」の意味の違い

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

「調査する」という言葉の意味は、「特定の物事についてわからない事柄を究明するため、現在においてわかっていない点を調べ上げること」を言い、その点では基本的に「精査すること」と同意になります。

ただ「精査する」という場合は、この「調査」に見られる「調べ方」にさらに輪をかける形で「徹底的に調べ上げる」という姿勢があり、「調査してまだわからない点・足りない点があった場合に、今度はそれについて精査することでそのわからない点を解明する」という、具体的な究明手段が採用されます。

つまり「調査すること」よりも、さらに「調べる度合い」が強い調査のことを「精査する」と認識してかまいません。

ビジネスでの「精査する」の使い方

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

この「精査する」という言葉・表現は、ビジネスシーンのあらゆる場面で普通に使われていて、その場合でも「精査」という言葉が姿を変えず、そのまま表記されている場合がほとんどです。「ご精査」や「精査」といったそのままの表記をもって相手に伝えられ、「特定の物事について深く念入りに調べてください」という旨が伝えられます。

・この度の案件につきまして、可能な日時においてご精査ください。
・事業計画にあります細かな取り決めにつきまして、ご精査のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
・必要な情報を取得されました後には、必ず一度ご精査いただければ幸いです。
・先日に承りました案件につきまして、精査させていただきました後にご報告させていただきます。

「精査する」の例文

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

先述のようにビジネスシーンなどにおいては、「精査する」という言葉がそのまま使われ、「詳しく調べること」をはじめ、「特定の物事やプランについて、徹底的に調べ上げること」を相手に伝える姿勢になります。この「精査する」という言い方がされる場合はたいてい「何かを依頼されたとき」や「何かについて調べる必要が出たとき」になります。

・ご連絡いただきました申請内容につきまして、ただいま当社においてご精査させていただいております。
・○○計画につきましての資料を作成いたしましたので、どうぞご精査のほどよろしくお願いいたします。
・この実験報告には合点がいきません。その研究方法について精査する必要があるでしょう。
・事業の拡大を目指す際には、それまでの企業のあり方について必ず精査する必要があります。

「精査する」の英語表記と意味

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

「精査する」という言葉を英語に直すと以下の言葉(単語)があげられます。

・prospecting(精査すること)
・trial digging(精査する、考査する)
・examination(考査する、精査する)
・test(テストする、精査する)
・consideration(考慮する、精査する、配慮する)
・quiz(疑問に思う、試験する)
・survey(探査する、精査する)
・investigation(調査、精査すること)
・checking(チェック、精査すること)」
・inquiry(追及、精査する)
・inspection(審査、精査すること)
・study(研究する、精査する)
・probe(探査する、精査する)

これらの言葉に置き換えられます。

「精査する」の英語表現と意味(1)

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

先でご紹介しました「精査する」の英語表記を参考にして、「精査する」という言葉の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。

・Regarding this matter, thank you for your review.
「今回の案件につきまして、精査をよろしくお願いいたします。」
・Regarding the matter you contacted, I will report after reviewing it.
「ご連絡いただきました案件につきましては、精査させていただいた後でご報告いたします。」
・It is necessary to scrutinize once for the draft of this business plan.
「この事業計画の起案書については、一度、精査する必要があります。」

「精査する」の英語表現と意味(2)

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

先述の「精査する」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「精査する」という意味合いを含めた英語の例文をご紹介します。

・The word "scrutiny" strongly acknowledges the meaning of "investigating" further than "examination".
「「精査」という言葉は「考査」よりもさらに「調べること」の意味が強く認められます。」
・The difference between the meanings of "scrutiny" and "exploration" depends on the "subjectively thinking behavior".
「「精査」と「探査」の意味の違いは、「主観的に考える行動」がある点によります。」

「精査する」という言葉の正確な意味合いと用例をマスターしましょう

「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典

いかがでしたか。今回は「精査する」の使い方・例文・類語|ビジネス/国語辞典と題して、「精査する」という言葉の正確な意味合いやその用法、またさまざまな分野で扱われる「精査する」の用例についてご紹介しました。

「精査する」という言葉は非常に多くのビジネスシーンで扱われると同時に、またプライベートでもときどき使われることがあります。「詳しく調べること」を示す「精査」の意味合いをもって「徹底的に調べ上げること」を短く言う際に、この「精査」という言葉が一般的に使われる場面が多く見られます。

「精査する」という言い方は、確かに日常語としてはあまり使われませんが、それでも場合によっては「特定の物事や人物に関する既往歴」を調べる際には、この「精査」という言葉が頻繁に使われます。ぜひ「精査する」という言葉の正確な用例をマスターしておきましょう。

Latests