Search

検索したいワードを入力してください

「為政者」の意味と読み方・対義語・類義語・政治家との違い

初回公開日:2018年03月20日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年03月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「為政者」という言葉から、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。「政治に関連していそうだ」という程度はわかっても、具体的な意味はわからないという方が多いでしょう。「為政者」とはどういう存在なのか、どういう使われ方をするのか、学んでいきましましょう。

「為政者」の意味と読み方

新聞や国会中継など、政治に関わる場面には、難解な言葉が付き物と言っても過言ではないでしょう。日常的に使われないような言葉はもちろん、しっかりと辞書で調べないことには、字面からうっすらと意味を掴むということすらできないような言葉まで頻出します。

今回取り上げる「為政者」という言葉も、そういった「政治用語」の一種と言えるでしょう。どのような意味で、どのような場面で使われているのか、深く掘り下げていきましょう。

「為政者」の辞書による説明

まずは、「為政者」という言葉の一般的な意味を知っていきましょう。辞書で調べると、以下のように記載されています。

為政者(いせいしゃ)
政治を行う者。為政家。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/11718/meaning/m0u/ |

「為政者」の意味

読んで字のごとくですが、「政治を行う為の者」という表現をそのまま短く漢字にしてまとめた言葉です。なお、意味の一つとして出ている「為政家」についても、後ろに付くのが「者」か「家」かの違い程度でしかなく、意味も「行政の指導的立場にある人」とされており、指している対象となる存在はほぼ変わりません。

英語での「為政者」と「為政家」の違い

上で解説したとおり、日本語においては「為政者」と「為政家」には大きな違いは無く、言い換えの表現の一種といった扱われ方でした。しかし、英訳された場合、両者には明確な違いが現れます。日本語と英語では、どのような違いが見られるのでしょうか。それぞれの英語においての意味にも触れておきましょう。

「為政者」の英訳

まずは、「為政者」の英訳を見てみましょう。辞書で調べると、以下のように記載されています。

為政者
administrator 
statesman

出典: https://ejje.weblio.jp/content/%E7%82%BA%E6%94%BF%E8%80%85 |

日本語の「為政者」とのニュアンスの違い

英語での「為政者」は、日本語の意味とは異なり、「(公正でりっぱな)政治家」「国内・国外問題を指導する人として尊敬されている人」という意味を持つ「statesman」や「管理者・統治者・行政家・行政的手腕のある人」を指す「administrator」と表現されています(ただし、一部の辞書では「為政家」の英訳である「politician」が含まれるものもあります)。

ここからもわかるように、英語圏においては、「政治に携わる者の中でも、特に統治能力に優れた者」を指す意味で使われる、ある意味では「称賛」のニュアンスを含んだ言葉という位置づけになっています。

「為政家」の英訳

続いて、「為政家」の英訳を見てみましょう。辞書で調べると、以下のように記載されています。

為政家
politician

出典: https://ejje.weblio.jp/content/%E7%82%BA%E6%94%BF%E5%AE%B6 |

英語における「為政者」と「為政家」の扱い方の違い

上記の「為政者」の英訳と見比べてわかるとおり、こちらは「politician」と訳されています。これは、英語においては「政治にかかわる仕事に就いている者」くらいの意味合いとして扱われていることを意味しており、「為政者(administrator・statesman)」が「為政家(politician)」よりも上の存在と位置づけられているということの現れであると言えます。

上記のようなニュアンスの違いからか、イギリスでは「下院議員」を指す際に用いられたり、また、いくつかの辞書上では「軽蔑の意味や揶揄する意味を込めて用いられることがある」とも記載されており、いわゆる「政治屋」「策士」などのような、どちらかと言えばマイナスな意味としても掲載されています。

「為政者」の対義語

「為政者」の意味と読み方・対義語・類義語・政治家との違い
※画像はイメージです

「為政者」という言葉の意味がわかったところで、では、対義語はどのようになるのでしょうか。実は、辞書などにおいて、「為政者」の対義語・反対語というのは掲載されていないケースがほとんどです。

これは、「為政者=権力者・政治を行う者」・「為政=政治を行うこと」という意味であるため、その反対となるものは「民衆」「国民」などの「政治を行う側ではない全ての者」という、範囲が広い存在となってしまい、対義語として特定の対象を指定できないという理由であると考えられています。

「為政者」の類語

Latests