Search

検索したいワードを入力してください

「出向先」の意味と使い方・出向先への挨拶の方法|メール

更新日:2022年06月08日

「出向先」という言葉は、よく耳にします。一般的に「出向先」は、「左遷先」とのイメージが強く、あまりよい印象はありません。しかし、実際には、研修などの目的で出向元に戻ったときに貢献するための「出向先」も多くあります。この記事では、「出向先」について紹介します。

出向先でのパワハラの伝え方は?

出向先でパワハラを受けた場合、出向先で対応可能な場合は、出向先で対応を依頼します。出向先で対応できない場合は、出向元の会社に対応を依頼します。パワハラに対しては、出向元の会社も安全配慮義務があるため、パワハラを訴えてきた場合は、速やかに対処する必要があります。

パワハラは裁判などで訴えても、訴えた事で会社にいづらくなったりすることがありますので、パワハラする人と別の部署に異動して関わらないように処理してもらう平和的な解決法を探ってもらうことがベストです。

出向先をポジティブに

出向には、テレビドラマの影響で、一般的に出向=左遷というイメージが強くあります。人材交流や、研修目的の出向もありますがマイナスのイメージが強いです。

実際に、左遷で出向する人にとっては、どうしてもネガティブになってしまいがちです。しかし、ネガティブな気持ちのまま出向先で勤務してもうまくいきません。あまり気負いすぎるのもよくありませんが、出向先でポジティブに仕事すればおのずと結果はついてきます。必要とされている人材だとポジティブに受け止めて出向先に赴任しましょう。

初回公開日:2018年04月06日

記載されている内容は2018年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests