Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月15日

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

「猛省」とはどのような意味なのでしょうか。また、どのように使うべき言葉なのでしょうか。このぺージでは、「猛省」の意味や使い方、類語や反対語などをご紹介しています。また。「猛省」を使用したさまざまな言い回しの例文もまとめています。

正しく使いたい!「猛省」の意味・使い方

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

言葉の分類や種類、タイプなどには、さまざまな区別の仕方が存在します。日常生活などで、よく使う言葉なのか、あまり使用しない言葉なのかという基準もまた、言葉の区別の仕方の1つだと言えるでしょう。

「猛省」という言葉は、上記のような区別の仕方をした場合、後者に当てはまると予想できます。家族や友人との気楽に交わす会話やコミュニケーションの中で、「猛省」という言葉を使用する方は、少ないでしょう。「猛省」は、日常生活よりは、ビジネスシーンや公の場で使用される言葉だと考えられます。

そこで今回は、「猛省」をテーマにして、意味や使い方、読み方や例文などをご紹介していきます。「猛省」という言葉の意味や使い方に自信がないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「猛省」の意味・使い方

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

早速、「猛省」の基本的な意味や使い方を通して、「猛省」とはどのような言葉なのか、考察していきます。

「猛省」という言葉は、日常生活ではあまり馴染みがないという方が、多い言葉だと予想できます。ですから、「猛省」という言葉の意味や使い方が分からないという方は、ぜひこの機会に意味や使い方について、見直してみて下さい。

「猛省」の意味

まずは、「猛省」という言葉に含まれている意味やニュアンスについて考えていきましょう。「猛省」という言葉の意味について考えていくにあたり、今回は「weblio辞書」に掲載されている解説を引用し、参考にしていきます。

以下の引用の内容から、「猛省」とは、単に反省するのではなく、特に深く反省したり、強く反省したりすることを意味する言葉だと言えそうです。また、心からの反省の意を示す言葉であるとも言えるでしょう。

強く反省すること。

出典: https://www.weblio.jp/content/%E7%8C%9B%E7%9C%81 |

「猛省」の使い方

続いて、上記で考察した「猛省」の意味を踏まえて、「猛省」の一般的な使い方について考えていきます。

上記でも述べたとおり、「猛省」とは深く反省することや、強い反省の意を表現する言葉です。そのため、ミスなどに対して、強く反省していることを表現したい場合や、深く反省していることを相手に伝えたい場合などに、使用される表現だと考えられます。

「猛省いたします」などの言い回しで使用するケースが多いと言われており、言い回しや使い方も多数あるとされています。後述で、「猛省」を使用したさまざまな例文をご紹介していくので、そちらも使い方を学ぶ際の参考にしてみて下さい。

「猛省」のビジネスでの使い方

上記では、基本的な「猛省」の使い方について、考察・ご紹介しました。続いては、「猛省」という言葉を特に使用する頻度が高いと考えられる、ビジネスシーンにおける使い方について、考えていきます。

ビジネスにおいて、ミスや失敗は重大な問題となるケースもあります。また、大事に発展せずに済んだとしても、信頼関係などが崩れる可能性があり、個人のミスのせいで会社全体の取り引きや関係性にも影響が出てしまう危険性も、ないとは言えません。

ですから、ミスをしないのが理想的です。しかし、間違えてしまうことは、誰にでもあることです。そのような際は、ミスや失敗についてしっかり謝罪をするかどうかによっても、許してもらえるかどうかが変わってきます。

上記のような状況で、相手に強く反省していることを伝えたかったり、心から反省して謝罪している気持ちを表現したかったりした時に、「猛省」という言葉が使われると考えられます。

「猛省」のメールでの使い方

続いて、メールにおける「猛省」の使い方について考察していきます。メールは、電話などとは異なり、文章を中心にやり取りをする連絡手段となっています。ですから、メールで「猛省」を使用する場合は、文章で「猛省」を使用することとなります。

一般的に、「猛省」は強く反省することを意味する言葉なので、ミスや失敗について謝罪を入れる時に使用されるケースが多いと考えられます。ですから、メールで強い謝罪の気持ちや反省を表現したい場合に、「猛省いたします」といった形で使用することが多いと予想できます。

しかし、やり取りしている相手が取り引き先の企業などだった場合は、ミスなどの謝罪をメールのみで済ませることは、失礼だと受け取られる可能性があります。ですから、猛省するほどのミスや失敗は、メールで謝罪してから、電話や直接会うなどして、改めて謝罪を入れた方が良いと考えられます。

「猛省」の類語・言い換え表現

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

上記では、「猛省」という言葉の基本的な意味や使い方について、考察しました。続いては、「猛省」と似ている意味を持つ、類語や言い換え表現などと呼ばれている言葉や単語をご紹介していきます。

類語や言い換え表現を学んでおくと、文章や会話でも、言葉が重複している際に言い換えて表現するなどできて、大変便利です。この機会に、類語や言い換え表現も覚えておきましょう。

・深く反省する

・懺悔する

・陳謝する

・自責の念にかられる

・悔やんでも悔やみきれない

「猛省」の反対語・対義語

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

上記では、「猛省」という言葉と似た意味を持つ、類語や言い換え表現をご紹介しました。今度は、類語・言い換え表現とは対称的な、「猛省」の反対語や対義語をご紹介していきます。「猛省」の理解を深めたい場合や、ボキャブラリーを増やしたい場合に、お役立て下さい。

・開き直る

・高慢

・慢心

・邁進

・反抗

「猛省」の読み方

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

「猛省」という言葉を、会話などの音で発音して使用したい場合、正確な読み方で使用しないと、意味が伝わらなかったり恥をかいたりすることになる可能性があります。そこで続いては、「猛省」の読み方について確認していきます。

「猛省」という言葉に使用されている漢字は、「猛」も「省」もそれぞれ、日常的にも比較的頻繁に見掛けるものです。しかし、「省」という漢字は、「反省」などのように「せい」と読むケースもあれば、「省略」などのように「しょう」と読むケースもあります。そのため、読み方に戸惑う方も多いと予想できます。

結論から言うと、「猛省」の正しい読み方は、「もうせい」だと言われています。意味を考察する際に上記で引用した、「weblio辞書」の解説においても、「もうせい」という読み方で掲載されています。

「猛省」の用例

ここまで、「猛省」という言葉の意味を中心に、さまざまな角度から見てきました。しかし、文章や会話における具体的な使い方や言い回しの方法が、いまいちわからないという方もいらっしゃると考えられます。

そこで続いては、「猛省」という言葉を使用した言い回しや例文をご紹介していきます。ぜひ、使い方や言い回しの参考にしてみて下さい。

「猛省」の用例【1】:猛省を促す

「猛省」という言葉を使用した言い回しの1つに、「猛省を促す」という言い回しが挙げられます。「猛省を促す」という言い回しは、自分が猛省するのではなく、相手や他人に対して使用する言い回しだとされています。

以下に引用した、「weblio辞書」の解説から、「猛省を促す」という言葉は、相手に猛省するよう、圧力をかけることを意味する言い回しだと読み取ることができます。また、相手を厳しく反省させようとすることやそのような言動を表現する際にも、使用されることがある言い回しだと言えるでしょう。

・大きなミスをした部下に、猛省を促す。

・失敗をしたのだから、猛省を促されても仕方ないだろう。

・今回の件については、担当者に猛省を促すべきだ。

極めて厳しく反省させようとすること、あるいは強く反省するように圧力を加えることなどを意味する表現。

出典: https://www.weblio.jp/content/%E7%8C%9B%E7%9C%81%E3%82%92... |

「猛省」の用例【2】:猛省いたします

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

続いて、「猛省いたします」という言い回しについて考えていきましょう。上記でご紹介した「猛省を促す」という言い回しは、他人に対して使用するのが一般的ですが、「猛省いたします」という言い回しは。自分自身に対して使う言い回しだと考えられます。自分がミスや失敗を犯してしまった場合に、深く反省していることを表現することができます。

そんな「猛省いたします」の言い回しや使い方としては、以下の例文のような使い方ができると考えられます。

・今後、今回のようなことがないよう、猛省いたしております。

・この度のミスについては、猛省いたします。

・大いに猛省いたします。

「猛省」の用例【3】:猛省を求める

上記では、「猛省を促す」という言い回しをご紹介しました。同じような意味やニュアンスを含んでいる、「猛省を求める」という言い回しも存在します。そこで続いては、「猛省を求める」という言い回しを使用した用例を通して、使い方や使いどころについて考えていきましょう。

・今回の騒動の件で、責任者に猛省を求める。

・政治家の不適切な言動に、国民からは猛省を求める声があがった。

・今回の騒動の被害者には、担当者に猛省を求める権利がある。

「猛省」の用例【4】:猛省する

「猛省」という言葉の最もオーソドックスな言い回しの1つとして、「猛省する」という言い回しが挙げられます。「猛省する」という言い回しは、「猛省」を使用した言い回しの中でも、特にオーソドックスでメジャーなものだと言えるでしょう。以下の用例を通して、「猛省」の使い方の基本とも言える、「猛省する」の使い方について、考えてみて下さい。

・周囲に対して傍若無人に振る舞ってしまったことを猛省する。

・自分のミスで、多くの人に迷惑を掛けてしまったことを、猛省する。

・部下の意見に耳を傾けなかったことを、猛省する。

「猛省」と「反省」の違い

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

続いて、「猛省」と「反省」の違いについて考察していきます。

「猛省」も「反省」も、自分の言動や行動などを振り返り、改善したり見直したりすることを意味する言葉です。根本的な意味は似ている2つの言葉ですが、違いは程度や度合いにあると考えられます。

一般的に、自分の言動などを見直すときや後悔している時は、「反省」という言葉を使用するケースが多いと考えられます。「猛省」という言葉は、単なる「反省」よりもさらに強い反省の気持ちを表現する言葉だと言われています。ですから、「猛省」は「反省」をより強く表現している言葉だと考えられます。

「猛省」の意味・使い方を覚えて適切に使いこなそう

「猛省」の意味とビジネスでの使い方・類語・読み方|メール

いかがでしたでしょうか?今回は、「猛省」という言葉をテーマにして、意味や使い方、用例や類語・反対語や用例などについて、考察・ご紹介しました。

「猛省」とは、「反省」以上に強い反省の気持ちや感情を表現する言葉です。そのため、上手く使うことで、同時に強い謝罪の気持ちや真摯な気持ちを表現することもできる可能性があります。

この機会にぜひ、「猛省」の意味や使い方などを理解し、会話や文章において適切に使いこなせるようにしておくことを、おすすめします。

Latests