Search

検索したいワードを入力してください

「お邪魔します」の意味と類語・挨拶で使うのは失礼なのか|関西

更新日:2022年05月27日

海外には「お邪魔します」という言葉は存在しません。「お邪魔します」の言葉には「私のために時間や場所や労力を提供してくださりありがとうございます」という意味が込められており、奥ゆかしい日本の美学を感じます。世界に誇ることができる言葉です。

「お邪魔します」の意味

自分の家に他人を招く時、その人が「お邪魔します」を言うかどうかで最低限の礼儀を持ち合わせているかを知ることができます。仲の深さはともかく礼儀がきちんとしている人は好感が持てます。

「お邪魔します」の言葉には「私のために時間や場所や労力を提供してくださりありがとうございます」という意味が込められており、お邪魔する空間が大切であったりプライベートであるほど感謝の気持ちを持つ必要があります。

恋心を寄せる異性の部屋を訪れた時、あなたが「お邪魔します」を言わなかった場合、相手があなたに抱くイメージはマイナススタートになることは間違いありません。逆にきちんと「お邪魔します」「お邪魔しました」を言えることは、あなたを評価する上でプラスの材料になるでしょう。

「お邪魔します」の使い方

「お邪魔します」は使うシチュエーションによって言い方を使い分ける必要があります。同じ言葉でも込める想いによって相手に与える印象を変えることができます。

例えば気の知れた友人の家を訪れる時は、軽く「お邪魔します」とつぶやいたとしても何も問題ないでしょう。ですが先輩の自宅に訪れる時には、招かれた感謝を全力で伝える思いで「お邪魔します」と挨拶するべきでしょう。より敬意を示すなら「お邪魔します」と言いながら頭をさげる場合もあります。

子供の頃から「人の家に上がる時はお邪魔しますと言いましょう」と教育されていた人も少なくないでしょう。きちんと挨拶ができる子供を見かけた時は、教育がしっかりしていると感じます。

「お邪魔します」の類語

日本には敬語という素晴らしい文化があり、同様の言葉でもニュアンスによってたくさんの言葉が存在します。「お邪魔します」と似ていますが、より丁寧な言い方だと「お邪魔いたします」という言い方もあります。逆にフランクな間柄の人の家に訪れる時は、「お邪魔〜」「お邪魔しま〜す」などと崩して言う場合もあります。

言い換え表現

「失礼します」はより丁寧で、目上の人に対しての言葉です。家だけでなく会社の会議室に入る時などにも使用します。「お邪魔します」が「相手の空間に邪魔している」というニュアンスを含むのと同様に、「相手の空間に入る失礼さ」をきちんと述べるための言葉です。

「御免ください」は、部屋や自宅に入る前に言う言葉です。相手がいるかどうかを確認するための言葉としても使われます。すでに玄関に通してもらっている時に「御免ください」という言葉を使うことは間違いです。

「お邪魔します」は失礼なのか

前に述べたように「お邪魔します」という言葉はシチュエーションや相手などによって使い分ける必要があります。同じ相手でもシチュエーションが違えば失礼になってしまうことがあることを忘れてはいけません。一度失礼をはたらいてしまった人から受けた評価は、覆すのは難しいので注意しましょう。

挨拶としての「お邪魔します」

例えば旧知の友人の家を訪れた時、「お邪魔します」ということは間違いではありません。ですがその友人が仕事の取引先になっていた場合はどうでしょう。友人の会社を訪れ会議室に通された時、友人だからと「お邪魔します」と言ってしまうとたいへん失礼になってしまいます。

逆に丁寧すぎて失礼になってしまう場合もあります。あなたが交際相手の家族に初めて会う時、家に招かれた場合はどうでしょう。「失礼します」などと言うと固いイメージがついてしまい、場合によっては「とっつきにくい」などというイメージを持たれてしまいます。この場合は「お邪魔します」でいいでしょう。

「お邪魔します」と言わない人の心理とは

「お邪魔します」は小さな子供であっても使う言葉です。ですが中には「お邪魔します」を言わない人も少なくありません。それには性別や年齢などは関係しません。「お邪魔します」を言わない人の心理は大きく分けて3つあります。

1. 単純に忘れている

次のページ:「お邪魔します」と「伺います」の違いとは

初回公開日:2018年04月03日

記載されている内容は2018年04月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests