Search

検索したいワードを入力してください

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業

初回公開日:2018年04月04日

更新日:2018年04月04日

記載されている内容は2018年04月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「軌道に乗る」という言葉は、ニュースなどでも良く聞く言葉です。なんと無く調子が良さそうなことというイメージを受ける言葉ですが、実際にはどのような意味をもつ言葉なのでしょうか。この記事ではそんな「軌道に乗る」という言葉について詳しくご紹介していきます。

「軌道に乗る」の意味と使い方

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

「軌道に乗る」という言葉には、二つの意味があります。

一つ目は「物体が法則に従った道筋にそって運動し始めること」という意味です。そもそも「軌道」という言葉は「天体が運動するときの道筋のこと」や、「電車の線路」という意味です。

二つ目は「物事が計画したとおり順調に進むようになること」という意味です。例えば、起業してその仕事がうまく回るようになった時などに、「起業した事業が軌道に乗った」などと表現します。

「軌道に乗る」の例文

それでは「軌道に乗る」を使った文章をいくつか見てみましょう。文章を読んで、「軌道に乗る」という言い回しを使うときの参考にしてみてください。

仕事が軌道に乗る

「仕事が軌道に乗る」は「仕事が順調に進む」という意味の言葉です。初めて就職したとき、転職したときなどは、誰しもはじめのうちはどういう風に仕事をすれば効率がいいか分かりません。

「仕事が軌道に乗る」とはそうした状態から脱して、「仕事に慣れてきて効率よくできるようになった」とか、「うまく仕事をこなせるようになった」というときに使えるフレーズです。

宇宙船が軌道に乗る

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

「宇宙船が軌道に乗る」とは、「宇宙船が計画していた通るべき道筋に入る」という言葉です。これがどのような意味の言葉であるかというと「ある惑星の重力によって生み出される力によって、宇宙船がその惑星の周りを動き続けることができるようになる」ということです。

会社が軌道に乗る

「会社が軌道に乗る」とは「会社が安定した」ということです。

この「安定した」というのがどのような状況をさすかは、会社の経営者の価値観にもよりますが、「赤字を出さなくなったこと」や「会社を立ち上げた人が、直接手を出さずとも、仕事が安定してある状況になったこと」などを「軌道に乗る/乗った」条件にする人もいます。

起業した事業が軌道に乗る

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

「起業した事業が軌道に乗る」は「起業した事業がうまく進むようになった」という意味の言葉です。事業の状態が「会社が軌道に乗る」と似たような条件にあると言えます。

具体的には、その事業をやっていることで「きちんとお金が入るようになったことである」とか、「仕事の依頼が入るようになったこと」などが条件になります。

経営が軌道に乗る

「経営が軌道に乗る」も「会社が軌道に乗る」や「起業した事業が軌道に乗る」と同じような条件で、「経営の調子が良いこと」を意味する言葉です。

「経営」という言葉が「方針を定めたり、組織を整えたりして、目的を持続的に達成するようにすること」ですので、「その仕事のやり方をしてうまく仕事が回るようになってきたこと」とも言い換えることができます。

「軌道に乗る」の語源

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

「軌道」という言葉は「物体が一定の法則にしたがって動く道筋のこと」を意味する言葉であるとご紹介しました。

この「軌道」という言葉の意味から、「軌道に乗る」という言葉は、「(一定の法則に従うことで)安定してそのように動くこと」や「予測したとおり(期待したとおり)に物事が動くこと」という意味の言葉になったといいます。

英語にもあった「軌道に乗る」という言い回し

英語では「軌道に乗る」と同じ意味の言葉に、「get into gear」という言葉があります。「get into」で「〜に入る」という意味で、「gear」は「歯車やギア」のことです。ですので、直訳すると「歯車がかみ合う」という意味の言葉になります。

「歯車がかみ合う」ことになれば、当然その歯車を含む機械はうまく作動します。このことから、「get〜 into gear」で「〜が軌道に乗る(調子がよく進む)」という意味の言葉になりました。

「to take off」という言い回しもある

英語で「軌道に乗る」という言い回しには、「get〜into gear」の他にも、「take off」という言い回しもあります。「take off」とは「離陸する」という意味でよく使われますが、飛行機などが無事に飛び始めて安定していく様などから転じて、「何かがうまく行き始める」という意味でも使われます。

「〜take off」と文章の最後につけることで、「take off」の前に語られたできごとが軌道に乗ることを示します。

「軌道に乗る」は慣用句

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

「軌道に乗る」という言葉は、「慣用句」と呼ばれる言葉です。「慣用句」とは、「二つ以上の言葉を組み合わせてできた、その言葉そのものの意味と全く違う意味を持つ言葉」のことです。

「軌道に乗る」とはその言葉の意味を素直に理解すれば、「定められた通るべき道に乗ること(乗り上げること)」を意味する言葉だと言えます。しかし、この意味で使うことは物理学などでない限りありません。「軌道に乗る」といった場合には大概、「物事が順調に進むこと」を意味します。

このように「軌道に乗る」も、「言葉の本来の意味から離れた意味を持つ言葉」であるので、「慣用句」と言えます。

「軌道に乗る」と同じ意味を持つ言葉

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

「軌道に乗る」と同じ意味を持つ言葉には、どのようなものがあるのでしょうか。他の言葉もチェックして、言葉の表現の幅を広げましょう。

調子が出てくる

「調子が出てくる」の「調子」とは「動作や進行の勢いのこと」を意味する言葉です。ですので、「調子が出てくる」とは、「進み具合に勢いが出てくる」という言葉になります。「進み具合に勢いが出てくる」ということは、もちろんその物事が「順調に進んでいる」ということですので、「軌道に乗る」と同じ意味の言葉であるといえるでしょう。

「練習しているうちに調子が出てきた」や、「そのうちいつもの調子が出てくるだろう」というように使います。「軌道に乗る」に比べると、日常の些細なことに使うことが多い言葉であるといえます。

安定してくる

「軌道に乗る」は「順調に物事が進んでいること」を意味する言葉です。「順調に物事が進んでいる」ということは、「安定している」と言い換えることができます。この言葉も「軌道に乗る」と似た意味を持つ言葉であると言えるでしょう。

また、「安定してくる」は「軌道に乗る」に比べると、人の体の調子や薬品の状態など、幅広く使える言葉であるといえます。

採算が取れるようになる

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

「採算」とは「商売で収入と支出のつりあいのこと」を意味する言葉です。ですので、「採算が取れるようになる」というと、「収入と支出のつりあいが取れるようになる」という意味になります。

これは、「軌道に乗る」を「経営が軌道に乗る」や「会社が軌道に乗る」といったように、経済活動に関わることに使った場合と似たような意味があると言えるでしょう。

追い風を受ける

「追い風」とは「人やものが進む方向に吹く風のこと」です。追い風を受けると風力のおかげで、人もものも進みやすくなります。ここから転じて、「追い風を受ける」とは「あることを実現しやすくなること」を意味します。

「追い風を受けてプロジェクトは大きく前進した」や、「追い風を受けて進む」というように使います。言葉のニュアンスとして、「軌道に乗る」よりも「前進していく」イメージの強い言葉であるといえます。

水を得た魚のようになる

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

水の外に出されてしまった魚は、水生の生き物であるため地上ではうまく動き回ることができません。こうした魚を水の中に速やかに戻してあげると、魚は元気に泳ぎ始めます。

魚のこのような様子から「水を得た魚のようになる」とは、「不自由のあったところから自由に動き始める様子」を言い、転じて「調子のいい様子」を意味する言葉です。この点で「軌道に乗る」と似たような意味を持つ言葉といえます。

この言葉も、「追い風を受ける」と同じように、「軌道に乗る」よりも「プラスに発展していく」イメージの強い言葉であるといえるでしょう。

軌道に乗れるように頑張ろう!

「軌道に乗る」の意味と使い方・類語・例文|仕事/会社/起業
※画像はイメージです

いかがでしたでしょうか。「軌道に乗る」という言葉について、その使い方や意味、類義語など詳しくご紹介してきました。「軌道に乗る」という言葉は、「調子が良くなり安定する」といった意味があるとお伝えしましたが、「調子が良くなって安定した状態」を作るには努力が必要です。

成功した会社、安定している仕事に就いた人を見ると、「軌道に乗ってるな、いいな」と誰しも思うでしょう。しかし、こうした会社や人も最初から軌道に乗っていたわけではなく、安定するために多くの努力をしてきたことでしょう。

もし、今が向い風を受けているような状況でも、ひたむきに努力できるようになることが大切です。

Latests