Search

検索したいワードを入力してください

「御礼申し上げます」の例文・使い方・読み方・類語|深く/心より

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

例えば誰かから尽力して協力してもらった場合などに「深く御礼申し上げます。」という表記のメールや手紙を送ったり、受け取ったりするあります。この記事では、「御礼申し上げます」という言葉の意味や使い方について解説していきます。

「御礼申し上げます」の例文

「御礼申し上げます」の例文・使い方・読み方・類語|深く/心より
※画像はイメージです

「御礼申し上げます」という言葉の例文について解説していきます。

ビジネスシーンのみならず、一般的な手紙などでも活用される「御礼申し上げます」ですが、どのように使うのが良いのでしょうか。使用例を交えて紹介しましょう。

深く

「先日は御社よりスタッフ増援に協力いただき、災害による人員不足での作業中止を免れました。改めまして、深く御礼申し上げます。」という手紙文章にします。一般的には「御礼申し上げます」というくだりのお礼は、文章の最後の部分へ記載します。

文章の前の部分では、お礼を申し上げたい理由や原因について、簡潔に表記するのが良いでしょう。「深く御礼申し上げます」の「深く」という言葉を付け加えると、さらに気持ちを込めた表現にする事ができます。

心より

「◯◯さんより、町内会イベントで「わたあめ作り機」をお借りし、子供たちへわたあめの無料配布を行う事ができました。心より御礼申し上げます。」という表記をします。

こちらも「心より」という表現を使う事により、「深く」という言葉と同じように、言葉の後部へ重みを置いて、感謝の気持ちを伝える事ができます。

ただ「御礼申し上げます」という表現でも、とくに差し障りがありません。しかし「特別お世話になった」という感情をうまく表現し伝えるようにするためにも、「心より」という言葉を添えるなどで表現を工夫してみましょう。

重ね重ね

「御礼申し上げます」の例文・使い方・読み方・類語|深く/心より
※画像はイメージです

「今日は◯◯さんのご家族と一緒にカレーパーティーができて、とても充実した時間を送ることができました。また、キャンプ用ガスコンロを貸していただけたお陰でおいしいカレーをふるまう事ができました。重ね重ね、御礼申し上げます。」

「重ね重ね」という表現を使う場合には、「繰り返し」「何度も」「幾重にも」という意味を持っている言葉ですので、「御礼申し上げたい事柄」が重なる場合に使います。

「充実した時間を送る事ができました。御礼申し上げます。コンロを貸していただき、こちらも御礼申し上げます。」という文章ではくどい感じがするでしょう。

こうした場合には「重ね重ね」という表記を使うことで、御礼申し上げたい事をひとつにまとめて集約させる事ができます。

略儀ながら

「先日は素敵なパーティーへお誘いいただきまして、ありがとうございました。略儀ながらメールにて御礼申し上げます。」という使い方をします。「略儀ながら」というのは、「略式」という意味で、「正式な手順を変更して簡単な手順へ省略した」という意味の言葉です。

上記の例文の場合は「本当は手紙や口頭でお伝えさせていただく事柄でしたが、略儀ながらメールで御礼申し上げさせていただきます。」という意味になります。

略儀ながらという言葉を使う場合は、主に挨拶や御礼、お詫びやお悔やみといった手紙をやりとりする時に使われる表現です。

取り急ぎ

「先日はお忙しい中、身内のお見舞いに来訪いただき、御礼申し上げます。取り急ぎメールでのご連絡につき、失礼させていただきます。」という表現をします。

「取り急ぎ」という言葉も上記で紹介してきた「略儀ながら」という表現と一緒で、「正式にはきちんとお伝えすべき事を簡略した」という意味を持っています。

手続きを簡略化させる場合には、相手とのコミュニケーションのやりとりを省いているという事になります。人によっては、「あまり簡略化しすぎると失礼だと感じる」という方もいますから、さじ加減に注意し使いすぎないようにしましょう。

「御礼申し上げます」の使い方

「御礼申し上げます」の例文・使い方・読み方・類語|深く/心より
※画像はイメージです

「御礼申し上げます」という言葉の使い方について紹介していきます。上記でも簡単に例文を紹介してきましたが、メールや手紙などで「御礼申し上げます。」という表記をする場合にはどのように表現すれば良いのでしょうか。詳しく解説していきます。

メール

「さきほどは◯◯さんの土地通路を貸していただき、スムーズに配線工事を終える事ができました。御礼申し上げます。」という書き方でも良いでしょう。

一見すると簡素な表現ですが、ご近所へのお礼伝達といったラフなやりとりであれば、上記のような簡潔な御礼文が好まれやすいです。

細かいことで手厚く「心より御礼申し上げます。」と伝えると、いちいち疲れてしまいます。敢えて簡潔な内容のメール文章を書くことも、時として先方への配慮に繋がりますので覚えておくようにしましょう。

手紙で「御礼申し上げます」

「御礼申し上げます」の例文・使い方・読み方・類語|深く/心より
※画像はイメージです

物やお金、あるいは人材、不動産などの貸し借りの時に、お礼を伝える内容の手紙を書く場合に使います。「山間部から当社資材を引き出しするために、貴殿のご厚情により通路を貸していただき、深く御礼申し上げます。」といった内容の文章になります。

物の貸し借りでは、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉のとおり、とかく貸し借りの後から態度が変わってしまう方も少なくはありません。

きちんとお礼状などを差し出して、手続きの後から感謝の意を伝えることができれば、トラブルが生じやすい貸し借りの場面でも最後まで丁寧なやりとりを行う事ができます。

挨拶で「御礼申し上げます」

「平素は格別なご厚情を承り、深く御礼申し上げます。」という挨拶文で使われることがあります。ビジネス文章、プレスリリースなどの公式発表といった場面で、主に書面で告知したい場合に活用されるのが一般的です。

ビジネスシーンのみでの活用がほとんどで、一般・プライベートでのシーンで使われる事はあまりありません。この言葉はビジネス文章で頻繁に登場する挨拶文ですので、覚えておいて損はないでしょう。

「御礼申し上げます」の読み方

Latests