Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴

今回は「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴と題して、「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「稀有」の用例についてご紹介します。

「稀有」の意味と使い方

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴

「稀有」という言葉は国語辞典でも一般用語として載っているように、日常生活においても非常に多くの場面で使われる現代用語として認められています。この現代用語として使われる言葉というのは、基本的に「誰でも必ず知っておくべき言葉」として定着しているため、この「稀有」という言葉の意味・使い方をしっかり把握しておくことが大切です。

「稀有」の意味は基本的に「珍しいこと・非常に稀なできごとで素晴らしいこと」などと、多くの場合では「プラスイメージで使われる言葉・表現」として認められています。

そのため「稀有」という言葉・表現を含む文章では「普通ではなかなかお目に掛かれない素晴らしいできごと」を説明する場合の表現に多く用いられています。

珍しいできごと

先述でもご紹介しましたように、「稀有」の最も多く使われる意味合いでは「珍しいできごと」という「滅多にないこと」を指す場合がほとんどで、その「珍しいできごと」を説明する際でもその「できごとはとても素晴らしいこと」を示すプラスイメージで使われる言葉・表現として見られています。

・彼がこのような時間帯に出社してくるとは、非常に稀有なできごとに違いない。
・このような稀有なできごとに遭遇すると、その後の展開まで楽しくなってくる。
・わたしがこのテストで100点を取れたという、非常に稀有なできごとを喜んでください。


このように、「稀有」の意味合い・用途はそれぞれの場面によって微妙に違ってきますが、その骨子の意味合いでは「珍しいできごと・素晴らしいこと」をそのまま示す意味合いで表現されています。

貴重なこと

「稀有な物事・できごと」というのはそのまま「貴重なこと」という表現に置き換えられる場合が多くあります。この場合の「稀有」の意味合いも先述のように「珍しく、素晴らしいできごと」を指す意味合い・表現で使われており、多くの場合ではそのできごと(物事)を褒めるような表現によって示されます。

・彼がこの時間帯に表れるとはまったく稀有なできごとで、わたしは非常に嬉しかったです。
・このむずかしい試験で満点を取れたという稀有なできごとにより、周りの人たちもわたしに拍手をしてくれました。
・この時期に桜が見られるという非常に稀有な事変を目前にして、わたしたち一行はとても喜んでいました。

「稀有」の読み方

さて、この「稀有」の読み方ですが、これはそのまま音読みで「けう・きゆう」などと読まれます。どちらかと言えば「けう」と読まれる場合が多く、公式文書で「稀有」と表記されている場合のほとんどは「けう」と読まれるのが一般的です。

けう

この「稀有」という言葉はそもそも「稀有」と「希有」という二つの表記によって示されます。先述しました「きゆう」という読み方は「希有」と書かれる場合に多く読まれる読み方となり、「稀有」の場合はほとんど「けう」とそのまま読まれることになります。

きゆう

先述でご紹介しましたように、「稀有」と書く場合は「けう」と読まれるのが一般的で、「希有」と表記された場合に「きゆう」と読まれることが場合によってあります。

しかし、いずれの場合でも基本的には「けう」と読むのが現代用語としては望ましい読み方であるため(なるべく漢字の読み方は統一されている方がベターなため)、どちらの場合でも「けう」という読み方の方でインプットしておいてかまいません。

「稀有」を使った例文

日本語を覚える際に出も外国語をインプットしていく場合でも、それぞれの言葉・表現は必ず「自分で実際に書いて覚える・例文や会話表現などで使って覚える」という方法が大切です。

このように実践的に学習していくことによってさらに充実した学習方法が開花され、多角的に1つ1つの言葉の意味・表現方法を覚えることができるため、ぜひこの「稀有」という言葉も「自分で使って覚える・マスターする」というクセを身に付けておきましょう。

・この国語の問題は非常に稀有な問題として出題されています。
・九州地方でこの時期に雪が降るのは非常に稀有なことです。
・君こそ実に稀有な存在と言えるでしょう。

稀有に終わる

「稀有に終わる・稀有で終わる」という言葉についてですが、この「稀有(けう・きゆう)」という言葉の他に「杞憂(きゆう)」という言葉があり、この「杞憂」の表現法において「杞憂に終わる」という表現が認められます。つまり「稀有に終わる」という表現そのものは認められません。このような同音異義語についてもきちんと配慮しておきましょう。

「杞憂」という言葉の意味は「いろいろと心配すること・懸念すること・取り越し苦労すること」などを指し、「杞憂に終わる」と言う場合は「結局、不要な心配でした」や「単なる取り越し苦労でした」という意味合いになります。

「稀有」の類語

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴

さて、「稀有」の類語についてですが、この類語や対義語を覚える際にも必ずその言葉・表現を実際に使って覚えるという「実践的な学習方法」によって覚えるように心掛けましょう。

「稀有」の意味合いが先述のように「珍しいできごと」や「なかなか見られない貴重で素晴らしい物事・できごと」を示すため、それぞれの意味合いを含む別の言葉を調べればOKです。

貴重

まず「貴重」という言葉ですが、この「貴重」という言葉は多くの場面で「稀有」の意味合いとほぼ同じ用法・用途で使われる場合が多いです。

・ここでこのような芝居が観られるとは、非常に貴重(稀有)なことです。
・この沿線で彼にばったり出会うとは、とても貴重(稀有)な経験でした。
・今となっては古典資料となる彼女の資料をこの図書館で閲覧できるとは、このようなできごとは貴重なできごと(稀有なできごと)と呼ぶしかないでしょう。

珍重

「珍重(ちんちょう)」という言葉の基本的な意味合いは、「それを珍しい物・できごととして重宝すること・大切にすること」となります。この場合でも「重宝するべき事柄」をピックアップする形で、「稀有」が指す意味合い・表現と結び付けられる傾向が見られます。

・これらの宝物は彼らによってとても珍重されました(稀有な物として扱われました)。
・この古典資料の珍重された様子が今でも目に映るようです(稀有な資料として扱われたことが目に映るようです)。
・この資料は世界に2つとないため、願わくば珍重していただきたい(稀有な資料として扱っていただきたい)。

希代

「希代(きたい)」という言葉の意味は一般的に「世にも稀なこと・できごと・不思議な様子」を示し、この場合も「稀有」の意味合いと非常に似た用法で使われています。ただしこの「希代」の意味合いはどちらかと言うと、プラスイメージで使われる表現よりもマイナスイメージで使われる場合が多くなります。

・彼らこそ、希代の悪人として扱われました(稀有な程の悪人として扱われました)。
・彼らの人形浄瑠璃は希代のすねものとして認められています(稀有な程のすねものとして認められています)。
・彼が残した作品は、希代の人文小説として掲示されています(稀な程の人文小説として掲示されています)。

偶然

この場合の「偶然」の意味合いは「予期せぬことが起こること・思いがけない程の珍しいできごとが起きること」を指しており、この場合も「稀有」の意味合いにある「なかなか見られない珍しい事変」を指して表現されることになります。

・偶然に、わたしたちは彼女を見付けました(稀有な機会をもって、彼女を見付けました)。
・この大都会で駄菓子屋を見付けたのは、まったくの偶然でした(まったく稀有な発見でした)。
・AプランとBプランが上手く結合できたのは、当時から考えてみれば本当に偶然の賜物でした(本当に稀有な賜物・組み合わせでした)。

非凡

「非凡(ひぼん)」という言葉の意味は主に人物評価に使われる言葉としてあり、「他の人よりも抜群の実力を兼ね揃えていること・普通の人の能力を遥かに超えていること」などを指します。

・彼の非凡な能力の開花をご覧ください(稀な能力の開花をご覧ください)。
・彼女の論文の内容は他の人の論文と比べて、まったく非凡な構成でした(稀な構成でした)。
・彼らが制作したアニメーションは、当時の他のアニメーションと比べて本当に非凡の才能がなせる業でした(稀な才能がなせる業でした)。

超凡

「超凡(ちょうぼん)」という言葉の意味は先述の「非凡」の意味合いをさらに飛躍させた表現になります。「他の人の能力よりも遥かに優れていること」をそのまま指す言葉として扱われています。

・彼らの著書の説得力は、まったく超凡の内容と言って過言ではありません(稀な内容と言って過言ではありません)。
・これらの資料を取り揃える彼の情報収集能力は、本当に超凡と言えます(稀な情報収集能力と言えます)。
・彼女の論文の主張内容が、その学界では超凡的才能を秘めているとされます(稀な才能を秘めているとされます)。

珍妙

「珍妙(ちんみょう)」という言葉の意味は一般的に「普通の状態では見当たらない、非常に滑稽な物・できごと」を示す表現として使われます。

・このような景色は非常に珍妙と言わざるを得ない(稀と言わざるを得ない)。
・このような資料収集の仕方は、当時ではまったく珍妙な方法でした(稀な方法でした)。
・この車の形は、当時の流行や科学力から見てまったく珍妙の極みと言えます(稀な車の形と言えます)。

珍奇

「珍奇(ちんき)」という言葉の意味は「普通では見られないほど、風変わりで珍しいこと」を指す表現で使われています。

・彼らの造ったロボットは、当時においては非常に珍奇な能力を秘めていました(稀な能力を秘めていました)。
・そのような言葉の羅列を見ていると、言語学上で見た上でも珍奇な文学としか言えまい(稀な文学として言えまい)。
・どのような時代においても、科学の発展というのは必ず「珍奇な発明」から進歩が約束されます(「稀な発明」から約束されます)。

稀な

次は「稀(まれ)な」という言葉・表現ですが、この「稀な」という言葉は「稀有」の意味合いを最もオーソドックスに示す直接的な表現として扱われるでしょう。

・彼のしたことは稀な努力のようです(稀有な努力のようです)。
・彼女がしたためていた論文の成果は、その後にも稀な進化を次々と認めました(その後にも稀有な進化を次々と認めました)。
・稀な実力の持ち主ほど、エリートとして認められます(稀有な実力の持ち主ほど)。

異常な

さて、次は「異常な」という言葉・表現についてですが、この「異常な」という言葉にはそもそも2つの言葉的・意味的なニュアンスが込められており、1つ目は「まったく変でおかしい・滑稽」などの意味合いを指し、2つ目は「普通では考えられない程の実力を持っていること」を称賛する形で使われます。

・彼らの異常な程に鋭い洞察力は、彼女の嘘をすぐに見抜きました(稀有な程に鋭い洞察力は)
・この扉は異常な程に重いです(稀有な程に重いです)。
・このテストの異常な結果を見ればわかるでしょうか(稀有な成果)。

稀有な人の特徴

次に「稀有な人の特徴」についてですが、この「稀有」という言葉の意味合いをしっかり把握した上でみると、この「稀有な人の特徴」も自ずと知れてくるでしょう。

「稀有な人」の特徴はまず「普通の人ではしないことをする人」、「普通の人の能力ではできないことをする人」、「普通では考え付かないような、突拍子もないアイデアを考え付く人」などを指して言われます。

この場合でも「非凡な人・超凡な人」と呼ばれる人のタイプが見られたり、あるいは「奇特な人」という表現されるように、なかなか普通では見られないような良い性格の持ち主」を指す場合でも使われます。

「稀有」の英語表記と意味

この「稀有」という言葉を英語に直すと、それぞれの英語の意味合い・表現に配慮した上で以下のようにピックアップされます。

・rare(稀な、稀有な、珍妙な、滅多にない)
・uncommon(稀な、稀有な、普通では見られない)
・unusual(日常的ではない、稀有な)
・phenomenal(事変的な、稀な、稀有な)
・curious(珍妙な、奇妙な、稀有な)
・peculiar(珍奇な、稀有な、珍しい)
・incomparable(信じられない、珍しい、稀有な)
・strange(おかしい、稀有な、珍妙な、)
・dilute(珍妙な、珍奇な、稀有な)

「稀有」の英語表現と意味(1)

先でご紹介しました「稀有」の英語表記を参考にして、「稀有」の意味合いを含めたいろいろな英語の例文をご紹介します。

・Rare materials just have more value.
「稀有な資料ほど価値があります。」
・It is already rare event that they come here.
「彼らがここに来ることが、すでに稀有なできごとです。」
・"Rare" and "ridiculous" are a single piece of paper.
「「稀有」と「滑稽」は紙一重です。」

「稀有」の英語表現と意味(2)

先述しました「稀有」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「稀有」の例文をご紹介します。

・We will be able to secure a very rare management situation, and in the coming season we will be able to make a leap to the ideal operating situation while securing the foundation.
「わが社は非常に稀有な経営実態を確保することができた上で、さらに来期シーズンではその土台を確保したままで理想的な運営状況に飛躍することができるでしょう。」
・In enjoying the rare everyday, he and she could learn about their permission.
「稀有な日常を謳歌する上で、彼と彼女は自分たちの許容を知ることができました。」

「稀有」の英語表現と意味(3)

先述のさらに具体的な「稀有」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で見られる「稀有」の例文をご紹介します。

・The word "rare" is used as a modern term, but usage tends to be confusing by association with other words.
「「稀有」という言葉は現代用語として使われていますが、他の言葉との関連によって用法が混乱しやすい傾向を持っています。」
・The words "rare" and "precious" have in common, in particular, "contents of extraordinary things that can not be easily acquired".
「「稀有」と「貴重」と言葉は、特に「なかなか獲得できない超凡の内容」に共通点を持ちます。」

「稀有」の意味と用法と意味をしっかり覚えましょう

いかがでしたか。今回は「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴と題して、「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「稀有」の用例についてご紹介しました。

「稀有」という言葉は現代用語として非常に多くの分野・場面で使われていますが、他の似た意味合い・用法を持つ言葉との混同した使用によって、その表現方法がはっきりと定まっていない傾向が見られています。

日本語を覚える際には必ず1つ1つの言葉を「実践的に学習すること」を心掛けておき、自分の言葉としてそれぞれの言葉・表現を流用して学習していくことが大切になります。

Latests