Search

検索したいワードを入力してください

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴と題して、「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「稀有」の用例についてご紹介します。

「稀有」の意味と使い方

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

「稀有」という言葉は国語辞典でも一般用語として載っているように、日常生活においても非常に多くの場面で使われる現代用語として認められています。この現代用語として使われる言葉というのは、基本的に「誰でも必ず知っておくべき言葉」として定着しているため、この「稀有」という言葉の意味・使い方をしっかり把握しておくことが大切です。

「稀有」の意味は基本的に「珍しいこと・非常に稀なできごとで素晴らしいこと」などと、多くの場合では「プラスイメージで使われる言葉・表現」として認められています。

そのため「稀有」という言葉・表現を含む文章では「普通ではなかなかお目に掛かれない素晴らしいできごと」を説明する場合の表現に多く用いられています。

珍しいできごと

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

先述でもご紹介しましたように、「稀有」の最も多く使われる意味合いでは「珍しいできごと」という「滅多にないこと」を指す場合がほとんどで、その「珍しいできごと」を説明する際でもその「できごとはとても素晴らしいこと」を示すプラスイメージで使われる言葉・表現として見られています。

・彼がこのような時間帯に出社してくるとは、非常に稀有なできごとに違いない。
・このような稀有なできごとに遭遇すると、その後の展開まで楽しくなってくる。
・わたしがこのテストで100点を取れたという、非常に稀有なできごとを喜んでください。


このように、「稀有」の意味合い・用途はそれぞれの場面によって微妙に違ってきますが、その骨子の意味合いでは「珍しいできごと・素晴らしいこと」をそのまま示す意味合いで表現されています。

貴重なこと

「稀有な物事・できごと」というのはそのまま「貴重なこと」という表現に置き換えられる場合が多くあります。この場合の「稀有」の意味合いも先述のように「珍しく、素晴らしいできごと」を指す意味合い・表現で使われており、多くの場合ではそのできごと(物事)を褒めるような表現によって示されます。

・彼がこの時間帯に表れるとはまったく稀有なできごとで、わたしは非常に嬉しかったです。
・このむずかしい試験で満点を取れたという稀有なできごとにより、周りの人たちもわたしに拍手をしてくれました。
・この時期に桜が見られるという非常に稀有な事変を目前にして、わたしたち一行はとても喜んでいました。

「稀有」の読み方

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

さて、この「稀有」の読み方ですが、これはそのまま音読みで「けう・きゆう」などと読まれます。どちらかと言えば「けう」と読まれる場合が多く、公式文書で「稀有」と表記されている場合のほとんどは「けう」と読まれるのが一般的です。

けう

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

この「稀有」という言葉はそもそも「稀有」と「希有」という二つの表記によって示されます。先述しました「きゆう」という読み方は「希有」と書かれる場合に多く読まれる読み方となり、「稀有」の場合はほとんど「けう」とそのまま読まれることになります。

きゆう

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

先述でご紹介しましたように、「稀有」と書く場合は「けう」と読まれるのが一般的で、「希有」と表記された場合に「きゆう」と読まれることが場合によってあります。

しかし、いずれの場合でも基本的には「けう」と読むのが現代用語としては望ましい読み方であるため(なるべく漢字の読み方は統一されている方がベターなため)、どちらの場合でも「けう」という読み方の方でインプットしておいてかまいません。

「稀有」を使った例文

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

日本語を覚える際に出も外国語をインプットしていく場合でも、それぞれの言葉・表現は必ず「自分で実際に書いて覚える・例文や会話表現などで使って覚える」という方法が大切です。

このように実践的に学習していくことによってさらに充実した学習方法が開花され、多角的に1つ1つの言葉の意味・表現方法を覚えることができるため、ぜひこの「稀有」という言葉も「自分で使って覚える・マスターする」というクセを身に付けておきましょう。

・この国語の問題は非常に稀有な問題として出題されています。
・九州地方でこの時期に雪が降るのは非常に稀有なことです。
・君こそ実に稀有な存在と言えるでしょう。

稀有に終わる

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

「稀有に終わる・稀有で終わる」という言葉についてですが、この「稀有(けう・きゆう)」という言葉の他に「杞憂(きゆう)」という言葉があり、この「杞憂」の表現法において「杞憂に終わる」という表現が認められます。つまり「稀有に終わる」という表現そのものは認められません。このような同音異義語についてもきちんと配慮しておきましょう。

「杞憂」という言葉の意味は「いろいろと心配すること・懸念すること・取り越し苦労すること」などを指し、「杞憂に終わる」と言う場合は「結局、不要な心配でした」や「単なる取り越し苦労でした」という意味合いになります。

「稀有」の類語

「稀有」の意味と使い方・読み方・例文・類語・稀有な人の特徴
※画像はイメージです

Latests