Search

検索したいワードを入力してください

「ご連絡させていただきました」は間違い!理由や正しい言い換えを紹介

更新日:2022年04月27日

「ご連絡させていただきました」という言葉はよく聞きますが日本語として正しいのでしょうか。本記事では「ご連絡させていただきました」が間違っている理由のほか、正しい使い方や言い換えも紹介しているので、読むと正しい日本語について知ることができます。参考にして下さい。

営業先とのメールや上司との会話の中で「連絡しました」を丁寧に伝えるときに「ご連絡させていただきました」と使う人はそう少なくはありません。この表現を使ったときに「なんだか日本語として変じゃないかな?」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

「ご連絡させていただきました」と使いたくなる場面は、ビジネスシーンだけではなく普段の生活にもあるでしょう。

この記事では「ご連絡させていただきました」という表現が何故間違っているのか、また「連絡しました」を正しく伝えるにはどう表現したら良いかを詳しく解説しています。

この記事を読むことで正しい「ご連絡させていただきました」の言い方が分かり、相手により良い印象を持ってもらえます。「ご連絡させていただきました」が間違っている理由を知りたい方は確認してみましょう。

「ご連絡させていただきました」の間違いの理由を解説

「ご連絡させていただきました」は「連絡しました」という意味の敬語として使われています。なぜそれが間違いなのでしょうか。それは、本来「連絡しました」と伝えるときに使うべき敬語は「連絡いたしました」であるからです。

これから更に詳しく解説していきますが、「ご連絡させていただきました」は使い方として適切ではないだけでなく、相手に失礼な印象を与えてしまう場合もあります。「連絡しました」と言いたいときは「ご連絡いたしました」を使いましょう。

「させていただきます」とは?

「ご連絡させていただきました」が適切ではないからといって、「させていただきます」という表現そのものが間違いなわけではありません。条件を満たしていれば「させていただきます」を使うことが最適な場合もあります。

「させていただきます」は、「相手方又は第三者の許可を得て行う」「それを行うことによって恩恵を受けるという事実や気持ちがある場合」を満たしている場合のみ正しい日本語として使える言葉です。

では、「させていただきます」とはどういう言葉なのかを詳しく解説していきます。

出典:敬語の指針|第2‐6 「させていただく」の使い方の問題|文化庁
参照:https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/hokoku/pdf/keigo_tosin.pdf

「させていただきます」は敬語表現のひとつ

「させていただきます」という表現を少しおかしいと感じる人もいるでしょう。しかし「させていただきます」という言葉は「させてもらう」の謙譲語なので敬語表現のひとつであり、正しい日本語です。

ただし前述したとおり、「相手方又は第三者の許可を得て行い、それを行うことによって恩恵を受けるという事実や気持ちがある場合」のみ「させていただきます」は正しい敬語として使えます。

「させていただきます」は一見とても丁寧な言葉に聞こえるため、丁寧に伝えたいときに使ってしまうことが多いのではないでしょうか。しかし誤用することで相手に失礼になってしまう場合もあるので、正しい使い方をマスターしておくと良いでしょう。

「させていただきます」の正しい使い方

「させていただきます」の正しい使い方について例文を挙げて解説していきます。

例えば「頂いた書類を確認させていただきます」は、相手は確認してもらうために書類をこちらに渡しているので許可を得ている状態になり、そして書類を確認することで書類の内容を知ることができるという恩恵がこちら側にあります。

上記は「相手方又は第三者の許可を得て行い、それを行うことによって恩恵を受けるという事実や気持ちがある場合」である為、「させていただきます」の使い方として正しいものと言えるでしょう。

他にも正しい使い方の例として以下があります。

・そのような場合はこちらで処分させていただきます。
・ではこのようにスケジュールを変更させていただきます。

「させていただきます」の間違った使い方

次のページ:「ご連絡させていただきました」が適切でない理由

初回公開日:2022年04月27日

記載されている内容は2022年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests