Search

検索したいワードを入力してください

「ごめんください」の意味や由来を解説!使い方と例文・英語表現も

更新日:2022年05月17日

訪問時や別れの挨拶でよく使われる「ごめんください」ですが、正しく使えているのか不安な人もいるでしょう。本記事では「ごめんください」の意味や由来、シーン別の使い方や英語での表現を紹介しています。お宅訪問や電話、手紙を書く機会が多い人は参考にしてください。

「『ごめんください』ってどんな場面で使うのが正しいのかを知りたい」
「目上の人に『ごめんください』と言うのは失礼になるの?」
「『ごめんください』と言われたら、どのように返事をすればよいの?」
よそのお宅の訪問時や、電話を切る際に使われる言葉、「ごめんください」ですが、意味はよくわからないまま使っているという人もいるのではないでしょうか。

本記事では、「ごめんください」が持つ意味や由来、シーン別の使い方と例文のほかに、同じ意味を持つ言葉や英語での表現も紹介します。

この記事を読むことで言葉の由来や、相手に失礼のない使い方がわかり、よりよい人間関係を築けるようになるでしょう。

会話の中で自然に「ごめんください」を使いたい人や、スマートな返答をしたい人は、本記事をチェックしてみてください。

「ごめんください」の意味や使い方を詳しく解説!

人と会う時や会話を終える時によく耳にする「ごめんください」ですが、どのような意味を持っていて、相手によっては使うと失礼になる場合があるのかについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

日頃何気なく使っている「ごめんください」の意味や、正しい使い方を見ていきましょう。全国的に通じるのか、どのような場面でよく使われているのかについても詳しく解説します。

「ごめんください」の意味と由来

「ごめんください」は他人の家などを訪問した時の第一声として、また、別れ際や電話を切る際に締めの言葉として使われる表現です。

訪問時の「ごめんください」は「どなたかいらっしゃいませんか」、帰り際の「ごめんください」は「それでは失礼します」という意味で使われています。

もともとは許しを請う意味合いで使われていましたが、現在では挨拶の言葉として使われることが一般的です。軽度なお詫びの気持ちを表す時にも使われ、手紙では「前略ごめんください」で書き出すこともあります。

「ごめんください」の意味

冒頭や別れ際の挨拶、軽い謝罪の際に使われる「ごめんください」ですが、さらに丁寧な「ごめんくださいませ」という表現を見かけることもあります。

これは許しを請う「ごめん」に「くれ」、「ます」の丁寧語である「ください」、「ませ」をつけ加えた二重敬語です。

二重敬語とは一つの言葉に複数の丁寧語、または謙譲語を使用した言葉のことで、誤った表現です。しかし、「ごめんくださいませ」については一般的に広まっていることから、許容範囲であるとされています。

「ごめんください」の由来

「ごめんください」は「御免」と「ください」という別々の言葉が由来で、これらを組み合わせてできた言葉です。

許す、許可するという意味を持つ漢字である「免」に、尊敬語の「御」をつけた「御免」と、依頼を表現する「ください」が合わさって、一つの言葉として用いられるようになりました。

古くは「御免候」「御免あれ」という言い回しが使われていましたが、時代の流れとともに形を変え、「ごめん」「ごめんくだされ」といった表現を経て、現在の「ごめんください」になったと言われています。

新潟県では多くの場面で使用する

標準語として浸透している「ごめんください」ですが、新潟県ではより幅広い意味合いで使われています。

訪問時や別れ際だけでなく、「おはようございます」「こんにちは」の代わりに「ごめんください」を使います。また、「ごめんください」とたずねてきた訪問者を招き入れる際の返答も「ごめんください」です。

新潟県では時間帯やシーンに関係なく、日常会話の中でも「ごめんください」が使われており、耳にする機会も多いでしょう。

次のページ:「ごめんください」の使い方と例文

初回公開日:2022年05月17日

記載されている内容は2022年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests