Search

検索したいワードを入力してください

「お勝手」の意味と使い方を解説!台所との違いや語源も紹介

更新日:2022年04月26日

みなさんは「お勝手」という言葉の意味を知っていますか?この言葉を初めて聞いた人や、「勝手口」から意味を連想した方は多いのではないでしょうか。本記事では、「お勝手」の意味や使い方について、その語源から解説しています。正しい意味を知って、言葉を使いこなしましょう。

「本の中に、お勝手という言葉があったけど、どういう意味?」
「勝手という言葉とは違うものなの?」
「台所とは何がどう違うんだろう」
このように、「お勝手」という言葉の意味を知らないという方や、今まで聞いたこともないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、「お勝手」とはどういうものを指す言葉なのか、意味や使い方をはじめ、語源までを解説していきます。

これを読むことで、お勝手の意味はもちろん、正しい使い方や言葉の由来が分かるため、語句に対する理解が深まります。

また、いくつかある語源も多岐にわたっているため、「豆知識」として知っておくことで、話のタネにもできるかもしれませんね。

語彙力向上を目指している方は、ぜひ読んでみてください!

「お勝手」の意味や使い方を紹介!

「お勝手」と聞いて、皆さんはどういうものを思い浮かべますか?

「勝手」という言葉なら知っていても、「お勝手」という言葉を使う機会はあまりないという方も多いのではないでしょうか。

この言葉は、「身勝手」や「勝手な行動をする」など、身近な文章で用いられる「勝手」とは異なった意味で使われる言葉です。

本記事では、今ではあまり使われなくなった「お勝手」という言葉について、その語源などをもとに紐解いていきます。

この機会に、「お勝手」という言葉について理解を深め、語彙力の向上を目指してみてはいかがでしょうか。

「お勝手」とは?

普段私たちが見聞きする、「勝手」を使った表現には様々ありますが、「勝手な行動をする」のように、多くの場合、形容詞として使います。

一方、今回取り上げる「お勝手」という言葉は、「台所」という意味で使われます。この「お勝手」という言葉は、上記の形容詞的な表現とは少しニュアンスが異なるため、しっかりと理解しておきましょう。

お勝手の意味と使い方

次のページ:「お勝手」の語源

初回公開日:2022年04月26日

記載されている内容は2022年04月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests