Search

検索したいワードを入力してください

大卒資格の取得方法とは|通信教育・制度・最短の道

更新日:2020年08月20日

家庭の経済的な理由や、自分の意志から高校卒業した後に大学に行けない人また、行かない人も多くいますが、社会人となって会社勤務している中で、給料や昇級の面から大卒資格の大切さを思い知らされます。会社で勤務しながら、簡単に大卒資格が得られる方法をご紹介します。

大卒資格の取得方法

社会人となり大卒資格の重要を感じた人やスキルアップのための、大卒資格を取得するには通信講座をはじめ、いくつかの方法があります。ここではその大卒資格を取得する方法をご紹介していきますので、自分のライフスタイルにあった方法で大卒の資格をとってみませんか。

大卒資格なら放送大学

大卒資格を取得する方法はいくつかあるとお話しました。

まずは勤務しながら学べる放送大学について触れてみます。テレビやラジオをはじめ、インターネットなどを利用して授業を学んでいく通信制の大学のことです。いくつかの通信制の大学がありますが、全国に学習すセンターなどを備える組織的にしっかりとした放送大学は全国各地に学べるセンターやシステムが整っています。

放送大学の最大の特徴は苦手な科目も繰り返し学べる教育環境です。また、そのため、苦手な科目での単位の取得や大学を卒業するといただける「学位」の取得をすることができます。

また、放送大学は病気や勤務状態などで途中に学べなくなっても、通常の大学が8年に対して放送大学は最長10年間の期間を設けています。

大学を卒業する授与される「学位」とは

大学を卒業すると授与される「学位」について少し触れます。「学位」とよく耳にしますが、いったいどのくらい種類があるのでしょう。

「博士」「修士」「学士」などが皆さんのよく知っている「学位」だと思いますが、はっきりとした違いを言える人は少ないと思いますので、簡単に説明します。

まず、「博士」ですが、これは2つのケースがあります。ひとつは大学院の博士課程を修めた人、もうひとつは大学院に論文を出してその論文が認められた人に送られる「論文博士」があります。

次に、「修士」です。これはよく新人を紹介する時などに「修士」課程を卒業した誰々さんですといった時に使われますので皆さんもご存じだと思いますが、大学院の修士課程を修めることで得られる学位です。

大学の二部で大卒資格をとる

通常のキャンパスを持っている、ごく一般的な大学には夜間学べる二部の大学の制度を備えている大学が多くあります。そんな二部の大学メリットとデメリットについてお話します。

二部のメリット

勤務しながら、大学卒業の資格のために通学ができる人なら夜間の二部制の大学があります。メリットは通常の大学のように、生の授業が受けられることと、卒業して大学資格を得ると履歴書などに大学卒業とだけ書くだけで一部と二部を記載する必要がないことです。人にも単に、どこどこの大学卒業ですと言えます。

また、教室での授業ですので、同じ気持つを持った仲間と会話ができることで大卒資格をとる意識も向上します。

二部のデメリット

二部のデメリットとしては場所にもよりますが、勤務地から授業を受ける大学までの移動があることです。また、二部の場合はまず、試験に合格しなければ入学できないのでまずは受験勉強からのスタートになることです。

また、残業といった勤務状態により思うように授業が受けられない可能性もあります。さらに勤務後の夜間での授業になりますので、健康面やライフスタイルの管理がとても重要になってきます。

通信での大卒資格取得

インターネットやテレビなどを利用して大卒資格を目指す放送大学や各大学が学部ごとに設置している通信制を利用して大卒資格を目指す通信制の大学についてお話します。

通信制大学とは?

まず、各大学が設置している通信制大学について触れます。勤務しながら、大卒資格をとってキャリアアップしりたい人や専門的なことを深く学びたい人、どんなことでもいいので一生勉強をしたいと考えている人など様々な人たちの想いを叶えてくれるのが通信制大学です。

この通信制大学は一般的にキャンパスを持っている大学や短大が主流でしたが、インターネットなどの通信環境の変化で通信教育専門の大学もあります。

さらに大学の上を目指したい人のために大学院の通信制を設置している大学もあります。教科書と一定の回数または一定期間大学に通学して授業を受ける面接授業が一般的な学習スタイルです。またインターネットや衛星放送を使った質問などに即回答できる双方向的な授業をやっている大学もあります。

通信制大学のメリット

通信制大学の最大のメリットは自分のライフスタイルで学習が進められることです。また一部・二部の大学に比べて安いので無理な負担もなく大卒資格を目指すことができます。また通学の時間もスクーリング授業の受講だけと、最小限に抑えられて、自分のペースで学習して大卒資格取得に向けた勉強をすることができます。

また、社会人をメインとしていますから、専門的な科目が学べるカリキュラムがあるのがメリットです。さらに、学費の安さと通学しないので電車賃なども抑えることができます。また、スクーリングなどで年齢の違った人たちとの交流ができるので、社会的な常識といった知識を得ることができます。

通信制大学のデメリット

通信制大学は、基本的にはひとりで教科書などのテキストで学習して原稿用紙8枚分程の莫大な文字で作成するレポートを提出する学習スタイルですので、モチベーションを下げない努力必要になってきます。

また、大学といえどもキャンパスがなく同じ気持ちを、持った仲間と会えるのもスクーリングのみと目標が大卒資格の取得とわかってはいますが、キャンパスライフが楽しめないことです。大学教員や教授などと直接関わることは色々なことを学ぶことができますが、通信制大学ではそのチャンスが少なくなります。

通信制大学の学び方

通信制の大学で大卒資格を取得するには、どんな学び方をすればよいのでしょう。まず、何事にも言えることですが、目標に向かって計画を立てることが大事になってきます。ではどのように計画を立てればよいのか見ていきます。

試験やスクリーングを基に計画をたてる

初回公開日:2017年07月31日

記載されている内容は2017年07月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests