Search

検索したいワードを入力してください

ビジネスマナー検定の問題例・履歴書に書くのは何級から?

更新日:2017年10月07日

ビジネスマナー検定は、社会人としての常識的なマナーやルールを問う試験である。また、試験は必要とされる資質、企業実務、対人関係、技能の4部門で構成されており、問題は多岐にわたります。ビジネスマナー検定の2級からは、履歴書に記入しアピールポイントとなります。

ビジネスマナー検定とは?

ビジネスマナー検定という資格のことを耳にしたことはありますか。あなたは、社会人として常識的なマナーの持ち主でしょうか。ビジネスマナー検定は、社会人としての行動、判断の適切さ、人間関係におけるマナー、話し方などビジネス社会の基本ルールを、多岐にわたって問われる試験です。

常識的な社会人になるためには、基本的なマナーや社会におけるルールをしっかりと身につけることが不可欠でしょう。ビジネスマナー検定は、あなたの社会人としての資質を測る物差しのような検定です。

ビジネスマナー検定試験は、学校や企業ごとの団体受験で実施されており、3級・2級・1級があります。是非受験を一考ください。

ビジネスマナー検定の問題の具体的な内容は?

ビジネスマナー検定の問題は4つのカテゴリーに分かれています。出題形式は選択式と記述式の二種類があります。必要とされる資質、企業実務、対人関係、技能の4部門です。それぞれの部門で出題された内容をご紹介しましょう。

必要とされる資質

必要とされる資質とは、社会人として必要な性質や才能です。

必要とされる資質の分野で実際に出題された問題は以下のようなものです。

・仕事の指示の受け方(3級)

・職場における協調性とは(2級)

・希望以外の部署に配置された新人への対応(1級)

ビジネスマナー検定3級と2級は選択式になっており、1級は記述式と選択式の2段構成です。やはり、級が上がるほどかなりレベルの高い問題となっています。そして、いかにも現実に起こりそうな状況が想定された問題作りをされています。

企業実務

企業実務の分野で実際に出題された問題は以下のようなものです。

・注文した物と違う品が届いた場合(3級)

・異動の内示を受けたら(2級)

・赤字の企業の社会的責任とは(1級)

ビジネスマナー検定3級と2級は選択式になっており、1級は記述式と選択式の2段構成です。

対人関係

対人関係の分野で実際に出題された問題は以下のようなものです。

・断りの言葉の柔らかい言い方(3級)

・訪問先でのマナー(2級)

・ビジネスマナーはなぜ必要なのか(1級)

ビジネスマナー検定3級と2級は選択式になっており、1級は記述式と選択式の2段構成です。

技能

技能の分野で実際に出題された問題は以下のようなものです。

・伝言の伝え方(3級)

・総会の定足数(2級)

・転任のあいさつ状の書き方(1級)

ビジネスマナー検定3級と2級は選択式になっており、1級は記述式と選択式の2段構成です。

履歴書には何と書けばいいの?(正式名称)

さて、「ビジネスマナー検定、ビジネスマナー検定」と呼んでいるこの検定ですが、実を言うと、これは通称です。

英検でも漢検でも、履歴書となれば本来「英語検定3級」や「漢字検定2級」などと正式名称を記入するのが常識です。英検や漢検などは、有名なので相手は分かってくれますが、あまり世の中の認知度の高くない資格というのは、正式名称で説得力を上げなければなりません。

では、実際に履歴書にはビジネスマナー検定のことを何と記入すればいいのでしょうか。

「文部科学省後援 ビジネス実務マナー技能検定」

これが、ビジネスマナー検定の正式名称です。「文部科学省後援」が頭にあると、やはり箔が付きます。一気に公式の検定という響きとなります。よって、履歴書の資格欄に記入する際には、例えばあなたがビジネスマナー検定2級を持っている場合、文部科学省後援 ビジネス実務マナー技能検定2級と書いてください。

履歴書には何級から書いてもいいの?

ビジネスマナー検定が、履歴書に書いて評価のされるのは2級からです。決して3級が意味がないということではありません。当然、3級でも記入しても構いませんが、あくまで評価の基準としてです。2級を持っていると、ビジネスに関する一定の常識とマナーがあると評価されます。

ホテルなどのサービス業などは、マナーがあるかどうかで、営業に大きく影響するのでビジネスマナー検定3級でも履歴書に書くことでアピールできるでしょう。ビジネスマナー検定2級ならなおさらです。

だたし、アピールとはなりますが、加点の材料になるかと言えば、それはまた別問題です。確実に評価をされたいのであれば、ビジネスマナー検定の1級を取得するべきです。1級であれば、あなたが就職を目指す企業で評価されるはずです。社会人としてのマナーが特に問われるような企業であれば、必ずこのビジネスマナー検定1級の取得の努力は報われるでしょう。

ビジネスマナー検定用おすすめの問題集の紹介

ビジネスマナー検定用おすすめの問題集としていくつか紹介しておきましょう。

・ビジネス実務マナー検定1・2級実問題集(第47回~第51回)(早稲田教育出版)

・ビジネス実務マナー検定3級実問題集(第47回~第51回)(早稲田教育出版)

・ビジネス実務マナー検定 受験ガイド1級(早稲田教育出版)

・ビジネス実務マナー検定 受験ガイド2級(早稲田教育出版)

・ビジネス実務マナー検定受験ガイド3級(早稲田教育出版)

全て同じ出版社から出ています。これらは公式テキストです。

ビジネスマナー検定試験を受験したいというあなた、是非購入して勉強してください。

ビジネスマナー検定の過去問題の紹介

初回公開日:2017年10月07日

記載されている内容は2017年10月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests