Search

検索したいワードを入力してください

地方公務員に資格・役立つ・有利になる資格

更新日:2020年08月20日

地方公務員はさまざまな角度から地域住民をサポートするため、多くの知識が求められる職業です。住民から信頼される地方公務員になるためには、具体的にどのような資格が必要になるのでしょうか。ここで、地方公務員に必要な資格についてみていきます。

地方公務員試験とは

地方公務員試験のシステム

地方公務員試験の内容

実施される地域によって、細かな取り決めは異なりますが、試験の内容は大まかに4つに分けられます。

1つ目は「教養択一試験」です。これは、一般的な学力や、常識などの知識を検査する試験です。2つ目は「選択択一試験」で、専門的な知識の高さが問われます。3つ目は「論作文(教養)」です。テーマが与えられる一般的な論文試験で、これまでが一次試験となります。これに合格すると二次試験の面接を受けて試験は終了となります。

地方公務員に資格

地方公務員は、地域住民をサポートをするため、多くの知識が必要な職業です。あらゆる方面に対応できるように、幅広い分野の資格を取得することをします。

この資格を持っているから大丈夫、という決まった資格は残念ながらありません。しかし、あらゆる分野での資格を取得していることで、あらゆる方面の問題に対応することができるでしょう。以下に一般的な資格を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

・TOEIC
・日商簿記2級
・宅建
・行政書士
・司法書士

公務員に役立つ資格

公務員は一生安泰の生活という時点で、公務員に勝るものはないというイメージがあります。しかし、公務員でも、自分のキャリアアップやスキルアップのために資格を取得するのはたいへん重要なことです。前にも述べましたが、公務員はこの資格があれば大丈夫だ、というような限定された資格はなく、幅広い分野の資格を持つことで、仕事に役に立ちます。

ここで、公務員に役に立つ資格をご紹介します。公務員に資格と重複していますが、詳細を載せておきますので、興味のある資格を見つけてみてください。

TOEFL(iBT)、TOEIC、英検

近年では英語を使う業務も多くの場所で見受けられます。英語に関する資格は、公務員に関わらず、取得を推奨しているところが多いです。

日商簿記2級

税務や決算書を添付するような許認可がある業務では、仕事上大変役に立つ資格です。日商簿記2級の資格取得を推奨している自治体もあります。

情報処理技術者

情報処理技術者の資格もIT系の業務を担当している方には役に立つ資格です。独学では負担が大きいので、資格予備校などの講座を利用するとよいでしょう。

公務員が有利になる資格

次のページ:大学で取りたい公務員の資格

初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests