Search

検索したいワードを入力してください

図書館司書の資格の取得方法・難易度・履歴書への書き方・費用

初回公開日:2017年11月21日

更新日:2020年07月14日

記載されている内容は2017年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「図書館司書に資格を取るにはどうしたらいいのか」という悩みを持った方は多いでしょう。図書館司書は、職員であり、本のプロフェッショナルです。今回は、図書館司書の資格の取得方法、一日の仕事内容や、やりがいについて紹介していきます。

図書館司書になるための方法や、仕事内容について徹底調査

図書館司書の資格の取得方法・難易度・履歴書への書き方・費用
※画像はイメージです

「図書館司書」という職業について知っていますか。中には、「図書館司書の資格をとりたいけど、具体的な取得方法がわからない」という方も多いでしょう。

「図書館司書になりたい」というぼんやりとした目標はあっても、実際はどのような仕事内容なのかよくわからないという方も少なくありません。図書館司書になるためには、その職がどのようなものなのかをしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

そこで今回は、図書館司書とはどのようなものなのか、図書館司書になるためのプロセスなどについて、分かりやすく紹介していきます。

そもそも図書館司書とは

図書館司書の資格の取得方法・難易度・履歴書への書き方・費用
※画像はイメージです

図書館司書とは、都道府県などの公共図書館や国立国会図書館、大学図書館、一般企業、研究所などの図書資料室に、専門的知識をもって働く職員のことです。

図書館での本の貸出・返却対応の他にも、主に、資料や本の整理、利用者が探している本を探したり、さらには、古くなった本の修理や、新しい本の発注、利用者の本の取り寄せ、クレーム対応など、業務は多肢に渡り、見た目に似合わず意外とハードな職業です。

しかし、利用者が探している本を提供したり、調べごとをする際に、関連書籍などを提供してお手伝いしたりという事については、やりがいや喜びを感じられる職業でもあります。

本のプロフェッショナルでもあり、いわゆる市民と本の橋渡し的存在です。

図書館司書の資格を取得するには

図書館司書の資格の取得方法・難易度・履歴書への書き方・費用
※画像はイメージです

図書館司書は独学で取得できるのか

残念ながら、図書館司書の資格を独学で取得することはできません。図書館司書になるための方法は主に三つあります。

・ 図書館司書養成科目のある大学などに通い、指定の単位数を修める
・大学卒業後、司書講習を受講する
・中学・高校卒業後、司書補講習を受講し司書補の資格を取得、その後3年以上の実務経験を積んでから、司書講習を受講する

図書館司書の資格は、このような方法で取得することが可能です。国家資格以外の主な資格は、多くの場合は試験を受けて合否が決まりますが、図書館司書の場合は、必ず講習を受けたり単位を修めたりする必要があるため、独学での取得は不可能でしょう。

通信制の場合

図書館司書の資格の取得方法・難易度・履歴書への書き方・費用
※画像はイメージです

図書館司書の資格の取得はプロセスが大変で、なかなか取得が難しい資格でもあります。司法講習などに通う必要もあり、時間を多くさかれるため社会人の方の場合、時間を取れないという問題もあります。

そんな方にオススメな取得方法として、通信制大学があります。働きながら、講座を受講することができて、最終的には資格の取得も可能です。

通信制大学を選ぶポイントは、自分のライフスタイルに無理なく合うかということと、もちろん学費も発生しますので、安いからといっていいとは限りませんが、費用対効果を比較して、自分にあった通信制大学を選びましょう。

大学などで取得する場合

図書館司書の資格の取得方法・難易度・履歴書への書き方・費用
※画像はイメージです

図書館司書養成科目がある大学や短大に在学している場合は、

・司書養成課程のある大学・短大にて指定の科目を履修し、単位を修得することで資格を取得
・大学や短大を卒業後に、司書講習を受講し資格を取得(通信・夜間を含む)
・司書補講習を受講し、司書補資格を取得後、図書館で3年以上の実務経験を積み、司書講習を受講して資格を取得

主には、図書館司書に関する科目を履修し、単位を修得することによって資格を取得することができます。大学のカリキュラムに組み込まれているため、比較的楽に取得できることが魅力でしょう。

図書館司書の資格取得の難易度は?

図書館司書の資格取得には、膨大な時間がかかる

図書館司書になりたいという方は多く存在しますが、それに反し、実際に図書館司書になれる人というのは、とても少ないとされています。

図書館司書の資格自体は、難易度自体は実はそれほど高くありませんが、原因の一つは、図書館司書の資格を取るには、比較的長期の時間が必要となるためです。

図書館司書の資格は、手っ取り早く図書館司書の資格を取得する場合でも、大学では4年、
短大では2年程度の期間が最低限必要となります。中卒の方や社会人の方の場合は、6年以上はかかることになるでしょう。そのため、時間が取れず、挫折というケースも多く見られます。

大学で取得する場合の難易度

図書館司書の資格を取得するために、進路を選択する場合、限られた大学や短大を受験することになりますので、難易度は受験される方の学力にもよります。

ただ、入学後に無事に単位を修める事ができれば、図書館司書の資格を取得することは十分可能なので、やはり難易度自体はそこまで高くないといえるでしょう。

社会人で取得する場合の難易度

Latests