Search

検索したいワードを入力してください

生産管理の資格取得方法・難易度・おすすめのテキストや本

初回公開日:2017年11月20日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

生産管理といった資格はあまり知名度がありません。しかし、資格をもっていることで生産管理の知識がある証明にもなりますし、なにより努力の証しでもあるので会社の評価も自分自身の能力向上にも役立てれます。興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

生産管理の資格の取得方法

生産管理の資格取得方法・難易度・おすすめのテキストや本
※画像はイメージです

生産管理に必要な資格はいろいろありますが、今回は生産管理オペレーションと生産管理プランニングの資格について記載していきます。

両者の資格の違いとして、生産運用を支える「生産管理オペレーション」に対して、「生産プランニング」は設計や計画などの工程を考えます。生産管理部門は2つの知識が必要になってくるので、両方の資格を習得することで生産管理の仕事として活躍できます。

両方の資格とも3級と2級があります。3級は初心者の入門として受けられる人が多く、2級からはそれぞれの分野ごとに分けられ少々難易度が高くなっています。

申し込みはインターネットや郵便払込票、または企業による一括申請が可能です。3級であれば受験費用は約6000円で全国の都道府県での試験会場があるので、気軽に受けられる資格です。

生産管理の資格取得の難易度

生産管理の資格取得方法・難易度・おすすめのテキストや本
※画像はイメージです

3級の場合は基礎知識を身につけることが資格の目的としているため、初心者の人が幅広い専門知識を身につけられるよう難易度は優しめです。3級を取得することによって仕事の流れや上司や同僚との会話で分からない言葉などもわかるようになることでしょう。また、初心者だけでなくリーダークラスまで対象にしています。

2級では、これまでにやってきた仕事や学んだ知識を生かし、チームをまとめていく業務も必要になってくる人向けの資格です。自分だけではなく周りの人の環境づくりや、部下の教育にも必要になってくることでしょう。生産管理を仕事としている課長やマネージャーといったベテランクラスまでが対象のため、難易度も少々高めです。キャリアアップを目指す人には強力な武器となります。

2級の分類

2級では生産管理プランニングは(製品企画・設計管理)と(生産システム・生産計画)、生産管理オペレーションは(作業・工程・設備管理)生産管理オペレーション2級(購買・物流・在庫管理)といった風に分けられます

生産管理の資格取得の為のおすすめのテキスト

生産管理の資格取得方法・難易度・おすすめのテキストや本
※画像はイメージです

資格を取るためには基本をしっかり抑えることが必要です。基本とは、例えばスケジューリング技法の分類だったりします。また、スケジュールする際の技法(完全列挙法、優先番号法、Johnsonの方法など)についての知識も必要になってきます。総所要時間や工程待ち時間、仕掛待ち時間が一目でわかるような表を作成できるようになると仕事上で一目置かれます。

本を購入する際には、通販で購入することがオススメです。最寄りの書店では生産管理の資格の本は充実していないため本が手に入りにくいことがあります。

オススメの資格対策本としては中央職業能力開発協会が出しているビジネスキャリア検定の本になります。資格試験を主催しているのが、中央職業能力開発協会ですので参考になること間違いなしです。

生産管理の資格取得の為の試験対策法

3級の勉強方法の場合、テキスト(中央職業能力開発協会発行の標準テキスト)を繰り返しやることです。3回ほどテキストを読むことである程度わかってきます。ただし、読むときは淡々と読むのではなく自分が、経営者になったつもりで読むことでより理解が深まることでしょう。

従業員の立場で読むと現場作業のことばかり気になってしまいがちですが、この資格試験で問われる内容は作業効率向上よりも会社がどのように収益を向上させるかという問題があるからです。

3級の場合は常識的な問題が多いため、社会人の方であれば標準テキストを読むだけで合格も可能です。2級になってくるとある程度実務経験も必要になってくる問題もあるので、少々難しくなっています。

問題

生産管理オペレーションの試験範囲は大きく8つに分けられ、そのうち4つの問題が覚えやすいです。

その4つは、作業の工程や流れ設備を確認するための「作業・工程・設備管理」、生産を止めないようにさせないための「資材・在庫管理」、必要な部品や原材料を部署に運ぶ「運搬・物流管理」、品質を維持・管理する「品質管理」などです。

比較的覚えやすく点数が稼ぎやすいです。他の4つは、「原価管理」、「納期管理」、「安全衛生管理」、「環境管理」が挙げられます。

生産管理プランニングの試験範囲は大きく6つです。生産ラインの流れを把握するために総合的に管理する「生産システム・生産計画」のほか、「品質管理」、「原価管理」、「納期管理」、「安全衛生管理」、「環境管理」です。

重複している問題が多々あるため、片方合格したらもう片方にも挑戦してみるのもいいでしょう。

過去問など

過去の問題では、当てはめ問題や正誤問題といった専門的な内容がでてきます。また、必要とされる動きや生産形態の名前の選択といった問題なども出題されます。

この試験で問われるのは、生産の基礎的な知識を問われることが多く具体的には、生産の基礎内容、作業の改善方法、納期といったスケジュール管理、棚卸し作業・管理の仕方、設備点検など、現場のことからマネジメントまでといったいろんな角度から出題されることでしょう。

基本的にはテキストの過去問や内容を読むことで合格可能ですが、どうしてもできない人には、セミナーのような受講期間が4カ月間で料金2万円程度の資格講座などもあり、勉強が苦手な人は検討してみてはどうでしょうか。

生産管理の資格が転職で役立つ仕事

生産管理の資格取得方法・難易度・おすすめのテキストや本
※画像はイメージです

生産管理の資格を扱う仕事は、製造に多いと思われることがあるでしょう。しかし、製造に関係ない部署でも扱えることは多いです。例えば営業や経理であったりします。製品がどのような工程を経て受注、設計、出荷といったような知識や費用を知らなければいけない場合があるからです。

このような知識は、生産管理の資格でも問われることが多く出題されます。会社にもよりますが、生産管理がどの程度重要視しているかも絡んでくることでしょう。どちらにせよ、各々の業務には関わってくることがあるため、会社の収益向上にも役に立てれることでしょう。

資格をとったから実際には上手くいかないこともあります。それは会社固有ルールがあったりして常識が通じないこともあるからです。しかし、基本的には資格の内容が常識なことが多いため他の会社や協力会社では通じるでしょう。

工場

生産管理の仕事は、工場では3大要素で欠かせれない納期やコスト、品質などが計画どおりにできているかを管理する仕事です。工場では必須の内容を知ることで会社に貢献することも多いでしょう。

生産管理は、製品の生産が計画どおりに行われているかを管理することですが、生産状況が良くない場合は生産状況を改善しなければいけないこともあります。また、自社だけではなく資材の購入や仕入れなどほかの関連企業も考えなければいけないことも多いです。そのため、生産にかかわる内容や管理を幅広い知識が必要になるため、生産管理の資格はその第一歩になることでしょう。

アパレル

アパレルでも生産管理の知識は必要になってきます。これは、どのように効率よく利益を生み出すかという方法を考えるからです。ファッション業界の生産管理は、販売計画に基づき、生産能力を考え製造までの一連の流れを管理する必要がでてきます。

仕事の内容としては、工場に対し品質や原価、納期の計画を指示したり、営業や設計、経理などの間に入って調整も担当します。さらには、商品の売れ行きによって増産したり工程を改善したりするなど、アパレルでも生産管理といった仕事は必要不可欠です。

製造業など

製造業ではかかせない生産管理の仕事ですが、物をつくるといったことは材料や設備、人、工程などいろんなやり方はありますが、よりコストを抑え品質を高く保ち納期に間に合わせることが重要です。こういった内容は幅広く学ばなければいけません。

スキル向上のために

生産管理の資格取得方法・難易度・おすすめのテキストや本
※画像はイメージです

生産管理を基礎から学び、現場でスキルを磨きながら周りの人たちと協力して引っ張っていける人材にあるために必要になってくる知識が学べる資格でもあるのが「生産管理オペレーション」と「生産管理プランニング」です。毎日の仕事はもちろん、会社からの信頼やキャリアアップにも役立てれることでしょう。

幅広く学ぼう

記事全体にもあるように生産管理の仕事は幅広い知識が必要になってきます。自分自身の仕事でなくても会社がどのように利益を上げていくかといったことも考えなければいけません。やることはたくさんありますが、もし会社を左右する人材になることができたら、引く手数多になれることでしょう。

Latests