Search

検索したいワードを入力してください

【学歴別】警視庁での警察事務試験の難易度|高卒/大卒

初回公開日:2018年02月14日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

警察署で窓口業務や拾得物管理を行う人を警察事務といいます。警察事務は地方公務員と同じ扱いなのでがあります。そんな警察事務になるためには、各都道府県の警察が実施している採用試験に合格する必要があります。勉強をして警察事務を目指しましょう。

警察事務とは?

警察事務は、地方公務員の一種です。そのため、公務員を目指している人の中には警察事務になりたいと考える人もいます。

そんな警察事務の仕事内容には窓口業務や拾得物の管理、予算編成などがあります。しかし仕事内容は配属された部署によって異なるので、必ずこれらのことをするとは限りません。警察事務を目指す場合には、各都道府県の警察の公式サイトで確認しましょう。

警察事務の難易度は高いの?

警察事務になるには、採用試験に合格する必要があります。地方公務員と同じ扱いなので目指している人も多いです。

そして警察事務の採用枠などは各都道府県によって異なります。もちろん地方の場合には、採用枠が少ない関係で合格率が低めとなっています。そして警察事務を目指している人数が多い年度には合格率が低めとなります。

つまり受験する都道府県や年度によって難易度は異なります。難易度が高い都道府県で受験する際には、合格するためにしっかりと受験対策を行っておきましょう。

そして警察事務は地方公務員と同じ扱いです。そのため採用試験の難易度は、公務員採用試験と同じぐらいとなっています。

学歴によって難易度は異なります

警察事務は学歴によって受けられる採用試験が異なります。そのため大卒程度の人は1種、高卒程度の人は3種を受ける必要があります。各都道府県の採用枠を確認して、自分が受けられる試験について調べておきましょう。

そして採用試験の内容は異なるため、難易度も変わってきます。警察事務になるためには採用試験に合格しなければいけないので、難易度について知っておきましょう。

学歴が高卒程度の場合

学歴が高卒程度の人は、採用試験の3種を受験する必要があります。試験は一次試験と二次試験があります。一次試験は筆記試験、二次試験は作文や適性検査、面接となっています。

一次試験の筆記内容は、教養問題となっています。どんな問題が出題されるのか調べた上でと試験対策を行っておくようにしましょう。そして知識を身につけておく必要があるのか調べておきましょう。

そして二次試験は警察事務官にふさわしい人柄や性格の持ち主なのかを見極めるために行います。作文や面接の対策も行っておきましょう。

そして警察事務の試験は、各都道府県で行われます。そのため受験する都道府県によって採用人数が異なるので、倍率も変わってきます。しかし、どこの都道府県も倍率が10倍近くなっています。難易度が高いので、試験対策をしっかりと行った上で受験するようにしましょう。

学歴が大卒程度の場合

学歴が大卒程度の人は、採用試験の1種を受験する必要があります。そして1種の試験内容は3種に似たような内容ですが、一次試験の筆記試験が2つあります。そして二次試験は論文や適性検査、面接となっています。

一次試験の内容は教養問題と専門問題の2つとなっています。もちろん3種の試験内容よりも難易度が高いので、試験対策はしっかりと行いましょう。

そして二次試験の内容は、3種と同じように警察事務にふさわしい人柄や性格の持ち主かを見極めるために行われます。過去に出された論文についても調べて対策を行っておきましょう。

そして、1種も各都道府県で行われる試験を受験して合格する必要があります。そのため、こちらも採用人数や受験人数によって倍率は異なります。さらに1種は、3種よりも倍率が高めとなっています。つまり1種の難易度の方が高いと言えます。

警察庁の警察事務は難易度が高いの?

警察事務を目指す際には、まずどんな仕事をするのか、どんな試験を受験するのか調べる人が多いです。警察事務について調べていくと「警察庁」という言葉が一緒に出てきたりします。

警察庁とは、各都道府県の警察の指揮や監督、外国の治安当局との対応などをする国家機関のことです。この国家機関の警察庁にも警察事務は存在します。そのため、警察庁の警察事務を目指す人も多いです。

しかし警察庁に入庁するためには、国家公務員試験に合格する必要があります。もちろん国家公務員なので難易度は高めとなっています。警察署で警察事務になるよりも難易度は高いので、目指す場合にはしっかりと勉強しておきましょう。

警察事務の難易度は都道府県によって異なります

【学歴別】警視庁での警察事務試験の難易度|高卒/大卒
※画像はイメージです

警察事務になるためには、各都道府県の警察が実施している採用試験に合格する必要があります。この採用試験は各都道府県別に行われているため、採用人数や受験人数が異なります。その事から倍率や難易度も異なってきます。

警察事務を目指す場合には、各都道府県の警察の公式ホームページを見てみましょう。そして、過去の採用人数や受験人数、倍率などを知った上で受験するようにしましょう。

しかし中には倍率が低いからと安心をして勉強を怠ってしまう人がいます。倍率はその年度によって異なるので、突然倍率が上がる可能性もあります。つまり難易度が高くなる可能性もあるので、油断せずに試験対策を行いましょう。

九州の大きな都市!福岡県

【学歴別】警視庁での警察事務試験の難易度|高卒/大卒
※画像はイメージです

福岡県は九州の中でも大きな都市です。そのため、警察事務になるための採用試験を受験する人は多い傾向にあります。つまり採用試験の難易度は高いので、しっかりと試験対策を行う必要があります。

そして年度によって多少は変わるのですが、倍率は10倍前後となっています。受験人数が多いことから、倍率は比較的高めとなっています。受験をする人は、ライバルに負けないように頑張りましょう。

兵庫県は倍率が低めです

兵庫県は他の都道府県に比べると倍率が低めなので、難易度も低めとなっています。そのため比較的、合格しやすいと言えます。

倍率は1種が約4倍、2種が約7倍となっています。つまり1種の方が合格しやすいです。しかし、安定を求めて公務員を目指す人は増加傾向にあります。そのため難易度が低めだからと安心していたら、残念な結果になってしまう可能性があります。油断してしまわないように注意しましょう。

合格しにくい埼玉県

Latests