Search

検索したいワードを入力してください

地方公務員試験の難易度3 ・高卒での難易度

初回公開日:2018年03月06日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

地方公務員になるには、地方公務員試験を受ける必要があります。保育士、市役所、県庁に勤めるのは、倍率や難易度から考えて難しいです。高卒でも試験を受けられるが、基礎的な学力が必要です。初級から上級までの難易度があるため、しっかりと確認して試験を受けましょう。

地方公務員試験の難易度は?3を紹介!

地方公務員試験の難易度3 ・高卒での難易度
※画像はイメージです

安定した収入や、狭き門であるがゆえに感じられるやりがいがの地方公務員。地方公務員試験というものを受験して、目指していくこととなります。

地方での公共業務に幅広く携わる色々な職種がありますが、その中でも地方公務員試驗の難易度が高いとされる職種にはどんなものがあるのでしょうか。そして、どんな点において「難易度が高い」と言われるのでしょうか。

今回は、形式で難易度3を発表していきます。なお、地方によっても難易度は変わります。決してこの限りではありませんので、自分が働きたい地域や職種についてよく調べた上で地方公務員試験に挑んでください。

第3位:保育士

地方公務員試験の難易度3 ・高卒での難易度
※画像はイメージです

第3位は「保育士」。自治体が実施している保育士採用試験に合格することで保育士になれます。地方公務員なので国家試験などは必要ありませんが、保育士としての知識や一般教養についての1次試驗と、面接や口述試験によって行われる2次試験によって行われる試驗が一般的となっています。

難易度が高いとされる理由は、人を育てるということの初期段階に大きく関わる仕事であるからと言えます。そのために必要な人間性や教育への熱心さといったところがしっかりしていなければ、仕事をもらえるフィールドに立つことさえ難しいということです。

小さい子が好き、教育に興味がある、それらに対する熱心さややる気がある、といったことが必須条件になってきます。今一度、自分が保育士になることに対してかけている思いを再確認してみることをお勧めします。その上で、地方公務員試験を受けましょう。

第2位:市役所

地方公務員試験の難易度3 ・高卒での難易度
※画像はイメージです

第2位は「市役所職員」。言わずもがな、といったところですが、市民の生活を守って行くための業務が任される重要な仕事ですので、地方公務員試験を受けて、市役所職人になるための難易度は当然高いです。試験については、初級から上級までの種類がありますが、これについては後述します。

いずれの試験も、教養から政治的な分野までの多様な学問的知識と、面接を通して見られる人間性の両側面が求められる、かなり厳しいものとなっています。

中には集団面接や討論といった大人数での面接試験が実施されるところもありますので、よく調べた上で、学生の皆さんは今のうちからできる限り学力をあげたり、コミュニケーションの力を磨いたりする努力をすると夢に近づけます。

第1位:県庁

地方公務員試験の難易度3 ・高卒での難易度
※画像はイメージです

第1位として挙げるのは「県庁」です。市役所よりも総数が少ないため、倍率は上がると考えて良いでしょう。その上に仕事の規模も大きくなるため、さらに大きな責任が伴うと言えます。

これらのことが理由になって、地方公務員試験の難易度の高さが1位になるものと考えられます。都市部になってくるとその分倍率も高くなってくるので、地方公務員試験の受験の際にはよく検討する必要が出てきます。

しかし、これだけを読んで「やっぱり難しいんだ」と諦めてしまうのは勿体無いですし、まだ早いです。県庁で働くということは、試験の難易度の分だけやりがいが大きくなると言うこともできます。諦めずに挑んで行くことで、道が開けることも多いですから、頑張っていきましょう。

高卒で地方公務員試験を受けられる?難易度は?

地方公務員試験の難易度3 ・高卒での難易度
※画像はイメージです

さて、ここまで読んでくださった中学生、または高校生の中で、地方公務員を目指すつもりのあるみなさん。「地方公務員試験の合格を目指すのって難しそう」、「やっぱり大学を出なきゃならないのか」「受けられるとしたら、どのくらいの難易度なのかな」、そんな疑問を抱いている方もいるでしょう。

ここでは、高卒で地方公務員試験を受ける場合と、その難易度についてのお話をしていきます。

高卒で試験は受けられる?

結論から言うと、高卒の方でも地方公務員試験を受けることができます。その場合は、「高卒程度」の地方公務員試験を受けるのが一般的です。

注意すべきことはいくつかありますが、特に年齢の制限には注意してください。この試験では受験資格としての年齢制限が低いことが多いです。高校卒業後数年経っていると、受験資格が失われ、異なった種類の試験を受ける必要が出てくる場合があります。自分の受ける地方公務員試験の受験資格について、詳しく確認してから試験を受けるようにしましょう。

難易度はどのくらい?

地方公務員試験の難易度3 ・高卒での難易度
※画像はイメージです

先述した「高卒程度」の地方公務員試験は、文字どおり、高卒程度の学力やその他のスキルが求められる試験です。

必ずしも高校を卒業している必要があるわけではありませんので、中卒の方であっても、年齢などの受験の条件が満たせているのであれば、試験を受けることが可能となっています。一般の知能や知識を試される試験に加え、作文試験や面接試験、適性をチェックする試験などが課されます。その難易度は一般的と言えます。

特別難しいことが要求される地方公務員試験ではありませんから、真面目にコツコツと勉強をしている方なら大丈夫です。ただ、学力やコミュニケーション能力が高いに越したことはもちろんありませんから、しっかり勉強や人間関係を築くことを行っておいたほうが確実に有利にはなります。

地方公務員試験の難易度に違いってあるの?

先ほども「市役所」の紹介欄で少し書きましたが、地方公務員試験には「初級」「中級」「上級」という3つの難易度の異なる試験が存在します。

ここでは、それぞれの地方公務員試験の難易度について詳しく見ていきます。試験を受けてみたいと少しでも考えている方や、地方公務員の仕事に興味を持っている方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。なお、こちらにも地域ごとに若干のばらつきがあるようですので、確認は怠らないでください。

初級の難易度は?

初級の地方公務員試験の難易度は比較的受かりやすいと言えますが、地域によっても大きく差がでるところもあるので注意が必要です。特に筆記試験は、場所によって倍率がかなり変わるところがありますのでよく確認をしてください。

難易度としては、高校卒業程度より少し上くらいの学力があれば大丈夫です。しかし、全く勉強しないというのでは当然試験への対応がしにくくなりますので、必要な勉強はしっかり行うようにしましょう。

中級の難易度は?

Latests