Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】国家資格|高卒/社会人/主婦/理系/簡単

初回公開日:2018年02月03日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年02月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

さまざまな種類の国家資格がありますが、男性や女性、高校生や主婦に資格とはどの資格なのでしょうか。たくさんの種類の中から資格をまとめています。これから国家資格を取得し仕事に活かしたい、転職したい方はぜひ参考にしてください。

男女別国家資格は?

就職や転職をする際にあると有利になる国家資格はたくさんの種類があります。国家資格は国が認めた資格のため、社会的な信頼が高い事が魅力です。ただ資格の中には国家資格だけでなく、民間の資格も多数存在しています。資格を取得する際には、国家資格か民間の資格を確認しておきましょう。

民間の資格の中にはその分野の国家資格がまだなく、民間のみの資格しかない場合もあります。自分がやりたい仕事が決っている時は、民間の資格でも就職の時に有利に働く事もあり、学べることもたくさんあるので、進んで資格取得を目指す事がです。

資格を取得する事で、仕事に必要な知識や技術を学ぶ事ができるので、就職や転職の時だけでなく将来的にみてもメリットがあります。

男性

・行政書士
・ファイナンシャルプランナー

偏差値の高い医師や弁護士などを除く国家資格の中で、男性になのが、行政書士とファイナンシャルプランナーになります。独立開業ができる事や転職する際に有利になる国家資格なので、人に使われるのに抵抗がある方にはです。

また、行政書士やファイナンシャルプランナーは年齢や経験が不問で、いつからでも資格取得を目指しやすくなっています。行政書士も、ファイナンシャルプランナーも、通信教育で学ぶ事ができるのも魅力です。専門的な事も多いため資格取得の勉強は大変ですが、いずれ独立開業をする事ができるのは、男性にとって魅力的ではないでしょうか。

女性

・看護士
・保育士

女性に国家資格は、看護師と保育士です。保育園や病院は日本全国何処にでもある事から、結婚や育児で環境の変わる事がある女性にとなっています。出産や育児などを経てブランクがあっても、看護師や保育士の資格があれば復職しやすいのも魅力です。

看護士の働く場所も医療関係だけでなく、福祉関係や会社などの医務室、薬品会社や病気の相談などを行っているコールセンターなど、幅広く活躍する事ができます。保育士も保育園や幼稚園、企業内の託児所などで働く事ができる資格です。

高校生に国家資格とは?

【男女別】国家資格|高卒/社会人/主婦/理系/簡単
※画像はイメージです

・普通自動車免許

運転免許なんてと考えますが、免許を取得するまでにある程度の日数が必要です。もしも高校を卒業して就職をするのであれば、免許は高校生のうちに取得しておく事がです。就職してから教習所に通ったり、勉強したりするのは、会社によっては勤務時間もあり難しくなります。

また、就職をする時にも会社によっては、運転免許の資格を持っている事が採用の条件になっている事もあります。プライベートでも使える資格でもあるので、取得しておいても損はありません。

免許以外の資格は?

・簿記
・危険物取扱者
・ITパスポート

普通自動車免許だけでなく、高校生のうちに取得できる国家資格はそこそこあります。中には、年齢制限を設けている事もありますが、通っている学校によっては学校で資格取得を進めている事もあります。危険物取扱者や簿記、ITパスポートの資格取得を目指す学校もありますが、個人でも勉強し受ける事ができます。

高校生のうちに国家資格を取得しておく事ができれば、高校を卒業し就職する場合、良いアピールになるのでです。

高卒に国家資格って?

【男女別】国家資格|高卒/社会人/主婦/理系/簡単
※画像はイメージです

・宅地建物取引主任者
・通関士
・調理師

高卒で資格を取得したい方になのは、不動産業に有利な宅地建物取引主任者、貿易に関する資格である通関士になります。飲食業で活躍したい方には、調理師の資格取得を目指すと良いでしょう。

この三つは通信教育でも学ぶ事ができ、費用もリーズナブルとなっています。アルバイトをしながら、就職活動をしながら、勉強する事ができます。

学校に通えるのなら

・栄養士
・美容師、理容師

資格取得のために学校に通う事ができるのであれば、栄養士や美容師がです。栄養士はその名のとおり、病気の方や高齢の方に合わせて必要な栄養の指導などを行うのが仕事で、病院や福祉施設などに就職する事ができます。

栄養士は、栄養士養成課程のある大学、専門学校などを卒業しなければなりません。勉強内容が多く自習もあるので、夜間や通信教育はなく、昼間の学校を卒業する必要があります。

美容師や理容師は、将来的に独立開業をする事のできる資格です。こちらも学校を卒業する必要がありますが、夜間などもあるので昼間働きながら通う事も可能です。美容師や理容師は、ヘアメイクなどが好きな方に資格です。就職先はヘアサロンが多く、ヘアメイク事務所や結婚式場などになります。

社会人に国家資格は?

社会人であれば、働いている業種によって国家資格を取得する事がです。資格を取得する事でスキルアップになる資格を選びましょう。資格を持っていなくとも働いている人はたくさんいますが、資格取得をする事で知識や技術を学んだとアピールする事ができるのでです。

例えば、金融や保険業界で働いているのなら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得すれば、その知識を仕事に活かす事ができます。

転職に有利な資格は?

・日商簿記検定初級、3級、2球、1級
・行政書士
・ファイナンシャルプランナー

一般的に転職に有利な資格は、簿記や行政書士、ファイナンシャルプランナーと言われています。簿記は経理にかかせない資格ですし、ファイナンシャルプランナーは、金融や保険業界にとって重要な資格です。行政書士は、相続などの相談を行っているセンターや、行政書士事務所に就職する事のできる資格です。

転職をする際には、自分がやりたい仕事の分野を考え、国家資格を取得しておく事がです。

主婦に国家資格は?

・介護福祉士
・保育士

超高齢化社会になるにあたり、介護業界は万年人手不足に陥っています。介護業界であれば就職先に困る事もなく、未経験者であっても働く事ができる上、雇用形態もいろいろあるので主婦にはになります。

ただし、介護福祉士は厚生労働大臣指定の養成施設を修了するか、実務経験がある事が受験資格になります。介護業界は、人手不足から未資格でも就職する事ができますが、介護の知識や技術を学ぶため、まずは介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)を取得し、実務経験を積んで介護福祉士を目指しましょう。

保育士は、子育て経験のある主婦の方に資格です。保育士の資格は通信教育でも取得を目指す事ができ、子育ての経験を活かす事ができる仕事です。保育園不足、保育士不足が社会問題になっている今、求人の量も豊富である点も理由の一つです。

主婦に民間の資格

・医療事務
・秘書検定

国家資格ではないものの認知度が高く、再就職しやすくなる資格が医療事務や秘書検定になります。医療事務は、病院やクリニックなどの医療系で活躍でき、雇用形態も正社員やパートと主婦の方にも働きやすくなっています。

また、医療系は日本全国どこにでもあるので、家族の都合で引っ越しする際などにも、次の就職先が探しやすくなっているのでになります。

秘書検定も国家資格ではありませんが、事務技能やマナーなどを学ぶ事ができます。秘書検定を取得しているからと言って、すぐに秘書に採用される訳ではありませんが、基本的なビジネススキルを持っている事のアピールにつながります。

Latests