Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】技術士の資格のメリット・デメリット|会社/公務員

初回公開日:2018年02月22日

更新日:2020年02月10日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

技術士という資格があるのはご存知ですか?技術士資格は技術者の最高峰と呼ばれています。技術士の資格には、どんなメリットやデメリットがあるでしょう?資格取得を検討中の人や、技術者の人はぜひチェックしてみてください。人生が大きく変わる可能性もあります。

技術士とは

【種類別】技術士の資格のメリット・デメリット|会社/公務員
※画像はイメージです

技術士は国によって行われる技術者の資格認定制度です。技術士法による国家試験であり、合格して登録をすることで、晴れて技術士と名乗ることができます。技術士はその分野における高い能力を備えた人材で、国が保証していると考えても良いでしょう。

企業や公共団体、国からも頼りにされる専門家的な位置づけです。そのため技術士が置かれているコンサルタント業者は信頼性が高いと言えるでしょう。専門分野における技術者の最高峰に位置すると言っても過言ではありません。そのため技術士資格を得ることで多くのメリットを得られます。

技術士補

【種類別】技術士の資格のメリット・デメリット|会社/公務員
※画像はイメージです

技術士以外に技術士補もあります。技術士補は技術士を目指す人として位置づけられるでしょう。しかし技術士第一次試験に合格しているので一定のステータスがあります。ただ、やはり技術士のステータスほどではなく、比較すればメリットも少ないと言えるでしょう。

技術者のハードルは高い

【種類別】技術士の資格のメリット・デメリット|会社/公務員
※画像はイメージです

技術士制度は40年ほどの歴史があります。一般的にハードルは高いです。技術士審議会事務局・科学技術振興局科学技術情報課によれば、34万人以上の人が技術士第二次試験にチャレンジしています。しかし合格者は約4万5千人で30万人は不合格です。

かなりハードルが高い試験と言えるでしょう。しかし合格すればそのメリットが多いのは無視できません。逆に言えば合格率が高ければそれだけステータスの価値もなくなります。ハードルを乗り越えたものだけが得られるからこそのメリットがあると言えるでしょう。まさに技術士は選ばれた存在と言えます。

種類別技術士の資格のメリット・デメリット

技術士にもさまざまな種類が存在しています。どの技術士資格を取得するかで、大きなメリットを得られることもありますし、想像していたより見返りが少なかったということもあるでしょう。技術士の種類別に、メリットやデメリットを紹介しますので参考にしてみてください。

監理部門

【種類別】技術士の資格のメリット・デメリット|会社/公務員
※画像はイメージです

監理技術士は技術上の管理を司る技術者です。主な職務としては施工計画を作成する業務はもちろん、工程管理や品質の管理、技術者の管理まで含め、工事に従事する労働者の指導監督を行います

ただ管理だけではなく指導も行わなければならないため、主任技術者より知識や経験が重要視されるでしょう。

監理技術者について

元請負の特定建設業者が当該工事を施工するために締結した下請契約の請負代金総額が4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)になる場合に当該工事現場に専任で配置される、施工の技術上の管理をつかさどる技術者のことです。

出典: https://www.cezaidan.or.jp/managing/about/index.html |

メリット

監理技術者は工事現場において一定の技術水準を保つために必要とされる存在です。そのため一定以上の規模の工事で請負金額という条件次第で現場に必ず配置しなければなりません。これは義務となっています。

監理技術士のメリットとしては、それだけの対価が支払われることでしょう。企業にとって必要な人材となるため、給与面だけではなく昇給にも有利となります。また、転職においても、引く手あまたと言える存在です。

デメリット

監理技術者は定期的な講習が必要ですから、その点はデメリットです。一回講習をすれば全てOKという訳にはいきません。監理技術者資格証は有効期限があり、資格者証が交付された日から5年間です。ただ、国土交通大臣認定者だと大臣認定書の有効期限までとなります。

大規模工事になれば工事中に有効期限が切れるというケースも想定できます。そうならないよう、監理技術者として配置される場合には有効期限が切れないようにしなければなりません。その手間がデメリットと言えるでしょう。

講習が受けられる条件として、一級建築士、各種一級施工技士や建築部門の技術士などの資格が必要です。しかし該当する資格を持っていなくても、特定の学歴、あるいは国家資格があれば、一定の実務経験を条件にして講習を受講できますが、満たせる人は少ないでしょう。資格取得のハードルが高いのはデメリットと言えます。

情報工学

Latests