Search

検索したいワードを入力してください

資産運用初心者におすすめの資格20選!資産運用に資格取得をするメリットとは?

更新日:2022年04月15日

この記事では資産運用に必要な知識を得ることができる資格をご紹介しています。健全な投資を行うためには、金融リテラシーが欠かせないでしょう。また、ご紹介した資格はビジネスにも有益なものばかりとなっていますので、この機会にぜひ、資格取得を目指してみましょう。

資産運用に資格は活かせる?

資産運用を始めるためには、お金と投資の知識が欠かせないでしょう。特に初心者が資産運用で失敗しないためにも、資産運用の知識を身につける必要があります。

何から手を付けたら良いのかわからない方や、ある程度投資の経験はあるが知識を深めたい方には、資産運用に活かせる資格の取得がおすすめです。資産運用に必要な知識を体系的に学ぶことができるでしょう。

資産運用初心者に役立つおすすめの資格20選

資産運用を始めるために必要な資格というものはありません。しかし、初心者は投資に関する知識がない方も多いでしょう。

資産運用や投資にはリスクがあるため、金融商品のリスクを見極めるためにも正しい知識を身につけることをおすすめです。

資格を取得することで、専門的な知識が身に付き、怪しい投資話に騙されなくなるだけでなく、ビジネスの場面でも知識を活かせるでしょう。

YouTube等の動画で効率的に学習する方法も含めて、資産運用に役立つ資格を20ほど挙げていますので、ぜひご参考にしてみてください。

1:投資診断士

投資診断士とは、投資を検討している方にアドバイスをするための資格です。 NISAやiDeCoといった投資にまつわる制度に加えて、仮想通貨などの投資手法にも対応しています。

また、ITを活用した投資が増加していることから、IT情報リテラシーも研修に盛り込まれています。現代の資産運用にデジタルツールは欠かせないでしょう。

現在の日本の投資商品は、縦割りで業界ごとに分割されていることが指摘されていますが、投資診断士は様々な投資手法について網羅的に学習することができます。マネーリテラシーの向上を目的としています。

2:証券外務員

証券外務員とは、協会に加入している証券会社や銀行などに所属している職員の中で、顧客に対し金融商品の販売等を行う者を指しています。

試験の目的は、証券外務員としての資質を確保するために外務員資格試験制度を設けており、試験に合格すると外務員資格が付与されます。

3:証券アナリスト

証券アナリストとは、経済や金融に関する分析・評価などを行うプロのことです。

証券投資の分野において、高度な知識を応用し情報の分析を行い、投資価値の評価を行うことができるようになります。

資格を取得すると、不動産価格の査定や市況の予想なども行うことができるようになるため、個人だけでなく会社でもその知識を活用することができるでしょう。

4:フィンシャルプランナー(FP)技能士

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、ファイナンシャル・プランニングの専門家です。総合的な資金計画を立て、経済的な側面から人生の夢や目標を実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」と言います。

ファイナンシャル・プランニングには、幅広い知識が必要になります。また、必要に応じて、各分野の専門家とのネットワークを活用することで、資金計画を立て、経済的な部分でのサポートを行います。

この「人生の夢や目標を実現に導く」ことを自身に当てはめて資産運用をすることで、お金周りに関する知識が増えるでしょう。

出典:FP資格について | 日本FP協会
参照:https://www.jafp.or.jp/confer/fpsoudan/choose/performance.shtml

5:DCプランナー

DCプランナーとは、確定拠出年金(DC)を核とした企業年金の総合プランナーのことを指しています。

DCプランナーは確定拠出年金にだけ詳しい専門家ではなく、年金制度全般に及ぶ専門的な知識に加えて、投資やライフプランについての知識までを持つプロフェッショナルです。

新しい年金制度を運営し管理する実務家としての役割も期待されています。

次のページ:6:マネーマネジメント検定

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests