Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

医療事務に応募する際の自己PR・例文・どんな強みを自己PRするの?

医療事務の自己PRは、今までの経験やスキルといった自分の強みをいかにアピールできるかどうかが大切です。未経験でも医療事務に向いている性格や前職で培ったスキル・特技などを記載し自己PRをすることで働くイメージを相手に伝えることができます。

医療事務の仕事に応募する際の自己PRの書き方

医療事務に応募する際の自己PR・例文・どんな強みを自己PRするの?

医療事務の仕事に対する自己PRは簡潔にわかりやすく書くことが重要です。面接官に興味を持ってもらいたいという面でも必要ですが、いざ仕事をする際には患者さんと話す機会も多くあります。そういった際に分かりやすく伝えるということは大切になるのです。

また経験が浅い人や未経験者でもいかに自分の力が医療機関に貢献できるかを自己PRする必要があります。自己PRの中に人物像をや貢献度を上手に組み込んでいくと良いでしょう。
マニュアル通りではいけません。必ず自分の言葉で書くようにします。また専門用語も使わない方がベターです。専門用語を使うことで難解な文章になってしまいます。もし専門的なことを使う場合は、誰にでもわかる言葉に言い換えるようにし、わかりやすい文章にすることが大切です。

例文

医療事務に応募する際の自己PR・例文・どんな強みを自己PRするの?

経験者の場合、明確に医療事務を何年していたかや、自己PRできるスキル、自分がどのようなことを意識して仕事をしてきたかなどを書きます。以前働いていたところでの成果や評価を書くと更に具体性が増し自己PRの助けとなるでしょう。

未経験者の場合、何故医療事務という職業を知ったきっかけや、医療事務で役立ちそうなスキルや経験などを具体的に書くと自己PRになります。医療事務に必要なことは何かを調べたり考えたりして書くと良いでしょう。

医療事務経験者の例文

医療事務の仕事を5年間続けてきました。医療事務を続けて学んできたことは接客です。実際に患者さんと話してみるといろんな人がいるので、マニュアル通りに話すのではなく、それぞれの患者さんの立場になって話すことが大切なんだと感じました。例えば耳の遠い人がいる場合には大きく口を開けてゆっくり話してみることが必要だと学びました。
ご年配の人に限らず、どの患者さんにもいかにわかりやすく伝えるかが重要だと考えています。
レセプト入力やカルテの作成・カルテ出しを行ってきましたので、貴院でも即戦力になることをお約束します。
また怠ることなく日々学び精進してまいりますので宜しくお願い致します。

医療事務未経験者の例文

私は医療事務の経験はありませんが、現在資格取得のために医療事務の勉強をしております。
医療事務の仕事を知ったきっかけは、病院に通う祖母の付き添いに言った時のことです。医療事務は病院を支える役目を担っているのだと思いました。
病気で疲れている多くの患者さんを待たせないようにするためにはパソコン入力のスキルが必要だと考え、正確に素早く打ち込む練習を重ね、今ではブラインドタッチでの入力ができるまでに上達しました。
このスキルを是非貴院で役立てたいと思っております。ご検討のほどよろしくお願い致します。

書いてはいけないこと

自己PRなのでネガティブな印象を受けることは書かない方が良いでしょう。例えば、前職や前に働いていた医療機関の悪評です。前の医療機関と比べたりすることも良くありません。

苦労話を書くことも極力避けた方が無難です。エピソードとして書く場合、それを通じてどういったことを得られたかなど自分にとってプラスになったことを書くようにしましょう。
文章が長くなりすぎないことにも注意が必要です。自分が何を言いたいかを簡潔にわかりやすく書くことが重要です。

経験者・未経験・転職・就活の自己PR

医療事務に応募する際の自己PR・例文・どんな強みを自己PRするの?

経験者でも未経験者でも、意識したい共通の自己PRがあります。
病院は清潔感を保つことが重要な場所です。髪が長いときはまとめる、爪も短く切る、服装に気を配るなど身だしなみをきちんとします。
そして笑顔や挨拶も大切なポイントです。医療事務は病院の顔になります。患者さんを笑顔で挨拶をして迎えることが大切です。また笑顔は患者さんを安心させる重要なポイントなので、面接時にも意識をすると良いでしょう。

性格を自己PRすることも可能です。患者さんの心を明るく軽やかになりそうなくらい明るい性格である、人に寄り添える優しさがある、トラブルがあっても冷静に対処ができるなど医療事務に向いた性格であることを自己PRしましょう。

経験者の場合

医療事務の経験がある場合の自己PRは、医療事務がどのような仕事で何をするかがわかっている状態なので、どういった病院で何年働いていたかなど、自分の経歴を書くことができます。それに加え、仕事をするうえでどういったことが重要になるか、働くにあたってどういった信念を持っているかを自己PRすると良いしょう。他にも病院や地域の特色を事前に調べて、自分が何故そこで働きたいのか、どのように働きたいかをアピールすることが重要です。

また今までの経歴の中での得たスキルや得意なことを自己PRすると具体性が増します。

未経験者の場合

逆に医療事務の仕事を未経験の場合でも書くことがないと嘆く必要はありません。誰でもどんな仕事でも未経験から始めるのです。
ポイントは、自分なりに医療事務の仕事を調べて、何故医療事務の仕事をしたいのかということを自己PRにいかに組み込むかというところです。具体的に書くと良いでしょう。
また医療事務は資格があるので、資格取得のための勉強をしているなど前向きな姿勢を見せることも大切です。

また前職で身に着けたスキルをアピールするのも良いでしょう。事務職のパソコンのスキルやコミュニケーション能力などは、それまでに医療事務に携わっていなくても十分アピールポイントになります。

どんな強みを自己PRにしたら良い?

医療事務に応募する際の自己PR・例文・どんな強みを自己PRするの?

医療事務に必要なスキルは、まずはパソコンです。事務関係のパソコンのスキルはもちろんのことですが、それ以外にレセプトに使う医療事務専用のパソコンがあります。
またこれまで医療関係の仕事に携わっていなくても、医療の専門用語を聞く機会が多くなります。そのため、医療事務の資格を取ったり勉強をしている方が有利に働きます。医療事務の専門学校や専門書もあるので利用すると良いでしょう。専門学校に行くと実際のレセコンを触ることも可能です。

また医療事務は事務職ではありますが、患者さんと話す機会も多い接客業の面もあります。そのためコミュニケーション能力も必要です。前職に接客業をしていた人には自己PRとして大きなポイントになります。

強みになるポイント

パソコンのスキルや事務職としてのスキル以外にも強みになるポイントはたくさんあります。

医療事務は一見やることが限られているように思えますが、仕事の内容は幅広いのです。職場にもよりますが、掃除やゴミ捨て、時々いただく花の手入れ、院内報やポスターの作成など数多くあります。そのため、気遣いが出来る人、綺麗好きな人といった性格面や、文章が書ける、絵が描けるといった特技などをを自己PRに組み込むと面接官の目に留まりやすいです。

また電話応対やクレーム処理が得意な人も重宝されます。患者さんからだけでなく、他の病院や薬局などからも電話がかかってきます。時にはクレームもあります。そのような時に冷静に対処できる力は大変重要になるのです。

医療事務の自己PRで大切なこと

医療事務に応募する際の自己PR・例文・どんな強みを自己PRするの?

医療事務の自己PRで大切なことは、まずはいかに雇い主や面接官がはっとする文章を書くかどうかです。医療事務は人気の職業のひとつです。社員だけでなくパートで働く人も多くいます。またやることは無限にある仕事ですが、やることが決まっていることも確かです。そのためどうしても似たり寄ったりな自己PRが多くなりやすいのです。

自分の能力がどのように役に立つか、今までの経験や磨き上げたスキルを具体的に書くことが重要となります。そして就職後、どのように働くか具体的なビジョンが描けているかも自己PRの中でも大切なポイントです。面接官が納得できる自己PRを、自分の言葉で書きましょう。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests