Search

検索したいワードを入力してください

志望理由が「福利厚生」の場合の志望動機の書き方・良い/悪い例文

更新日:2020年08月20日

福利厚生を志望動機として記載する事に抵抗がある人がいます。そんな人は、視点を変えて福利厚生を志望動機とするメリットについて考えてみて下さい。大勢転職者のいるなかでは、福利厚生を志望動機としている人は多いですが自分なりの志望動機を書く為の記事をまとめてみました。

志望動機が福利厚生の場合書いても大丈夫?

志望動機として、福利厚生を記載しても問題ありません。一見採用担当者に悪いイメージを持たれてしまうように感じますが大丈夫です。理由としては、最近は色々な考え方の人がいて採用担当者もそれを理解しているからです。福利厚生が志望動機の理由であっても、その人を最終的に判断する理由にはなりません。

面接などを通してどのような人かトータルで判断した方が良いことを採用担当者は知っています。福利厚生でやる気が継続するようであれば、それはそれでしっかりとした志望動機です。見方を変えれば、福利厚生を志望動機にする人ほど、しっかり仕事をしてくれるという考え方もあります。

採用担当者は福利厚生の志望動機をどう考えるか

全体的に見てあなたの志望動機を評価します。ただ、福利厚生だけで志望している場合は、その会社に採用される可能性は低いです。ですが、いくつかある志望動機の中で福利厚生を理由とする事は許容されます。言い方としては、福利厚生の事だけを話すのではなくて他の事も話した上で福利厚生について興味があると言いましょう。

そうすれば、採用担当者は、特に違和感を持つことは無いです。また、効果的なのは福利厚生をはげみに頑張りたいと言う姿勢です。その姿勢を言葉とともに、相手に伝えれば福利厚生を志望動機としても好印象となります。

福利厚生の志望動機を書いて大丈夫な理由

以前は福利厚生を志望動機にした場合、マイナスのイメージになる事がありました。ですが、最近では、景気の関係もあり企業側も福利厚生に対して理解を示すようになっています。例えば、志望動機として福利厚生を記載したら、最近ではこのような志望動機もあるのだと採用担当側は考えます。以前では、それでもやる気が感じられないと切れられてしまうとところです。

また、景気の影響で色々な状況の企業が存在しているのが現状です。このような環境では、志望者側が福利厚生を気にするのは当然であると考えられます。普通の人であれば、安定した企業で長く働きたいと考えます。なので、ある意味では、志望動機に福利厚生を記載することは普通のこととなっています。

どれ位の人が福利厚生の志望動機を記載するか

求人内容によっても異なります。福利厚生を売りにしている企業には、福利厚生を志望動機にする応募者が集中するでしょう。それでも、昔からの考えで福利厚生を志望動機にしない方が良いと考える人も多いのも事実です。

また、仕事自体がつらいものではあれば、福利厚生を売りにするのは当たり前になります。極端な話しでは、健康を害するような仕事では、福利厚生だけでなく待遇が良い傾向があります。それでも長続きする人は少ないです。今の企業の状況から考えると、福利厚生を売りにする企業は無くなることは無いです。なので、気にしないで福利厚生を志望動機にすることです。

履歴書の志望動機が福利厚生の場合の書き方

書き方としては、それほどこだわる必要はありません。例えば、「御社の福利厚生の充実している点や、仕事内容に大変興味があり御社を志望しました。」などがあります。このような内容にすれば、採用担当者は自分の会社に興味を持っている人だと考えます。

しかし、これだけの内容では不安である人は、いわゆる一般的な志望動機を追加すれば良いです。それも会社の方針によって違ってくることなので簡単には言えません。出来る限り情報収集をしてその会社がどのような社風なのかや、どのような方針で採用しているのかをはっきりさせることが大切です。

志望動機の注意点

あまり福利厚生だけを記載しないことです。志望動機にプラスした内容を記載出来れば、なお良いです。あとは、沢山の内容を志望動機で書くことはやめましょう。ある程度いくつかに絞った内容を記載する方が効果的です。いくつも記載したい気持ちは分かりますが、逆効果です。一般的な応募書類や面接の時の文章の長さを知っている人でなければ、通過することが出来ない面接などもあります。

一般的な志望動機とは何なのかを理解した上で、福利厚生に関して記載することです。また、福利厚生に関して記載する人は他にもいるので、会社側が納得のいくようなオリジナリティーのある志望動機が大切です。例えば、会社の健康保険に加入する事に興味があるなら、どのような理由で健康保険に興味があるか記載すると企業側も理解してくれます。

福利厚生の志望動機のポイント

あまり福利厚生だけを記載しないことです。追加的な内容で福利厚生に興味があると記載しましょう。また、厚生年金について記載する場合は、他の企業などで厚生年金がない企業等があり、それらと比較して御社を志望していますと言った内容は良いです。

最近では、企業も経営が非常にきびしく厚生年金を払えない企業もあります。そこで、長く安心して働く為には、厚生年金のある企業で仕事をしたいと言えば説得力があります。

記載してはいけない内容とは

福利厚生には興味があるけど、仕事自体にはあまり熱意が無いと思われるような内容はやめた方が良いです。福利厚生に関して記載していると、とかく仕事に関する内容を少なく記載しがちになってしまいます。ですので、文章のバランスを考えて全体的に問題の無い志望動機にしましょう。

極端な話しを言えば、福利厚生の事だけをいった内容では、書類審査通過は厳しいです。言い方としては、福利厚生のどの部分に興味があり、それをどのようにやる気にかえて仕事にはげむかを記載すれば印象も良いです。

福利厚生の志望動機の例文

福利厚生の志望動機の内容としては、「御社の企業年金の内容に大変感心して、是非御社に入社して全力で仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。これは、採用担当者からしたら、自分の会社を理解してくれていると考えるのと、入社後も頑張って仕事をしてくれると判断します。積極的な姿勢を記載すれば問題ないです。

また、福利厚生に自信のある会社は、自分の会社の保養所なども求人内容の中で紹介しています。その内容に自分がひかれたのであれば正直に言えば良いです。重要なことは、福利厚生が充実しているから入社後に仕事を一生懸命取り組むという事です。

福利厚生を含んだ志望動機の悪い例文

具体的に福利厚生の内容を含んだ志望動機で悪い例は、「御社の健康保険や企業年金にひかれて御社を志望しました。」と言った内容です。問題なのは、福利厚生の内容だけで志望動機を終わらせてしまった事です。他にも考えれば色々と志望動機を記載できるはずです。

企業側からしたら、この人は福利厚生だけが目的で入社してくるというイメージを持たれます。これでは、書類審査や面接を通過することは無理です。たとえ、本当は福利厚生だけに興味があるとしても、志望動機な中にはその他の仕事に関する内容なども記載する必要があります。

問題の無い志望動機の内容とは

福利厚生についての志望動機でも、面接や書類審査を通る内容とは自分で読んでみても違和感のないものである必要があります。文章自体が福利厚生だけにかたよっていないかどうかも重要です。また、仕事に関する自分なりの考え方なども志望動機に含んでいるかも大切です。

全体的にバランスをとった内容で、かつ文章としておかしくないものにしましょう。そうすれば、たとえ福利厚生が志望動機であっても企業側はあなたの採用を検討します。

なぜ福利厚生に興味があるか記載しよう

福利厚生を志望動機に入れる時は、その福利厚生にどうして興味があるのか理由を記載します。さらに、その福利厚生がある関係で自分のモチベーションを維持できる事を一緒に書いておけばより好印象の志望動機になります。応募している企業の福利厚生と志望動機をしっかりと結びつけることが重要になのです。これらが上手に表現できれば、採用担当者もあなたの採用を真剣に考えることでしょう。

初回公開日:2017年07月19日

記載されている内容は2017年07月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests