Search

検索したいワードを入力してください

ボランティア経験を自己PRに活かす方法|例文・エピソード例

更新日:2020年08月20日

ボランティア活動を通じて、多くの人と出会い、積極的に活動を共にすることは人生の糧となります。長い期間、信念を持って参加することは様々な経験を培い、あらゆる人生の場面でうまく乗り越えるスキルを磨くことができます。就活しなくても就職が容易になるのです。

ボランティア経験を自己PRに活かす方法

ボランティア、それは様々なイベントに加わり、無償で行う慈善行為です。見返りの金銭を求めない崇高な活動として世に認知されています。逆にボランティア活動が無償で活用できることから積極的にコストダウンを図る目的で利用する企業も出てきています。

いずれの場合にしてもボランティア活動は崇高な活動には違いないのです。またボランティア活動に参加する自分が見返りを金銭で求めてはいけませんが、大きな自己実現、スキルの成長機会を含む貴重な体験と自己PRの時間ではあるのです。

ボランティアを経験することは生涯にわたる財産になります。

ボランティアの種類は実に多様です。インターネットの発達した現代ではその機会を掴むことはとても容易なことになったのです。

応募に応じたボランティアが生活に掛け離れたものであっても、近いものであっても人生における大きなプラスや自己PRの糧になることは、間違いないのです。多くの人と多くの経験を共有する素晴らしさ、自己PRの利点がそこにあるのです。

就活でも転職でも苦労がゼロになります。

例えばボランティアを行う人が就活をしていたり、転職を考えていたりした場合、ボランティアという人生にとって崇高な目的を持って行動をしている最中での出会いが、職業選択そのものに結びつく可能性は高いものです。

というのは、昔から若い頃の苦労は買ってでもしなさいという言い回しがあります。これを忠実に愚直に実行している人々がいます。その多くは一流企業の役員であったり、会社経営者であったり、一角の頭角を現している逸材であることが多いです。それは多くの積極的なボランティア活動をそれこそ買ってでもした結果、多くの人脈に出会い、培われた経験が実を結んできたからです。

また企業における教育現場でも一流企業ほど積極的にボランティア活動による情報収集機会を社員に推奨するのです。

ボランティア経験は自己PRに活かせます。

そんなボランティア活動で一生懸命に限られた時間を全うするということは自らの人間性を実地に自己PRできる格好の場となります。行政であれ、教育現場であれ、多くのボランティアを募集しています。

しかし必ず名簿を設けています。そこに名前が記されるばかりでなく、次回の参加に結びつく可能性も当然あります。ボランティアに積極的に参加することで貴重な経験の機会が獲得できるだけではないのです。募集した側から見ると、単なる労働メリットだけではなくて、有益な人材を獲得できるチャンスでもあるのです。

自己PRするしないはともかく、自己PRに無意識であっても興味のあるボランティアの現場で一定時間、楽しむことが様々なボランティア仲間、主催企業、地域住民といった視点に向けた自己PR機会の確保にもつながっているのです。

ボランティア経験を活かす自己PRの例文

ボランティアでの実績は自らの実際の就活や転職の際にも大きな自己PRポイントになります。

ボランティアの継続した経験は、企業に入社後、単純に働くための人材という解釈のレベルではなく、幅広い経験と研鑽に裏付けされた多角的視野と思考ができる完成度の高い人材として採用される大きな土壌となっていくのです。いついかなる時でも出会いを大切にして貪欲に吸収する才覚が必要なのです。その才覚を自己PRに反映できることはとても人生にとって大切なことなのです。

ボランティアを就活・転職に活かす自己PR。

『私は地域における清掃作業のボランティアに参加して以来、友人と共にサークルを結成して毎月1日、町内の清掃美化活動を続けて来ました。掃除スキルが向上しただけではなくて、様々な町の変化に気づくこと、町の多くの人との出会いを持つことができ、知らない人はいないとも言える幸福な生活ができています。』

最も1回や2回のボランティア参加であっても自己PRとして履歴書などの文中で活用しても構わないのです。信念を持って参加したこと、人との出会いを大切にすること、誰かの役に立つことへの喜び、この3点が自己PRでは満たされていることが重要です。

その他の場面でも生きるボランティアの自己PR

さらに先の清掃のボランティアであれば草刈りであったり、塗装であったり、幅広い業種との連携や協力が築けています。自分一人でコツコツとすることが企業での仕事ではないのです。大勢と効率的に連携して仕事を達成することが、自分はこれまでのボランティア経験を通じてできる人材に育っているということを自己PRに反映することができます。

塗装業、農業、配送員、市町村等行政の公務員、例文から見える自己PRの相手先にはそんな業種が浮かんできます。いずれでもボランティアで経験と人脈を築き、自己PRを過不足なく適切に行うと容易に就職が内定する世界になるのです。

エピソード例

 ボランティアに参加することで得られる効果で、いくつか実例を掲載します。

老人ホーム

老人ホームの慰問は保育園から定期的に実施されていることです。

保育園児の場合、単に入居している高齢者が喜ぶからという段階、単なる面会人の立場に留まらず、会話、お遊戯といった一定の会を披露することもありますが、ボランティアを経て自己PRや転職、就職に結びつく視点を園児は持っていないのです。あくまで保育園と老人ホームの思惑があるだけです。

保育園児であればそこで話が止まります。小学校、中学校でも職場体験で訪れたりもします。大半の子どもはその場限りになってしまいます。

しかし中には毎月、定期的に施設を慰問して老人ホームの職員の指導下ですが、レクリェーションや定期的な行事活動の支援など、定期的なボランティアにまで昇華していく人も大勢います。

もちろん、こういった方が社会人になる年齢に至り、その企業や関連を目指す自己PRをすることになったら、履歴書など書かなくても即戦力で、かつ即決採用になることは間違いのないことです。それは自己PRをどれだけ長い年月かけてボランティアを通じて自然体として実施してきたかということです。

介護業界は三重苦の仕事と敬遠されることも多いですが、施設の中は縁の宝庫なのです。会社社長が施設利用者となり、面会に来る家族が次代の社長だったということも珍しくはないのです。

また教師であったり、大農家の家主であったり、様々な経歴の方が施設利用者として存在します。いくら高齢となられたり、障害をお持ちになられても、話される実話と経験は全く衰えず、現代社会でも有益なものばかりだと言えるのです。

子供ボランティアなど

商店街の売り出し時期やイベントなどで子供ボランティアが呼びかけられることがあります。これも積極的に参加すると自己PRに良い効果があります。イベントボランティアで単にお菓子が貰えるといった些細なレベルの効果ではなくて、人脈の形成にとても有効なのです。

大小関わらず、積極的に外に出て活動に参加する、自己PR機会を確保する動きの仕組みを小さい頃から教育することにもつながるのです。

ボランティアへの参加も機会を捉える能力だけでなく行動力がなければ、目の前の自己PRの有益な機会を逃してしまうのです。子どもが小さい内は大人が教育の一環として外出して積極的に参加するリードを行うことが大切です。

ボランティア精神を自己PRするコツ

初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests