Search

検索したいワードを入力してください

聞き上手なことを自己PRする方法・例文|接客経験や相談を使う例

初回公開日:2017年07月23日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年07月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

聞き上手な事を自己PRにするには難しく感じます。それでも、自分の事を客観的に分析して聞き上手な事を自己PRする方法はあります。面接などでも、少しのポイントをおさえていれば聞き上手であることをPRできます。具体的な自己PR方法についてまとめてみました。

聞き上手なことを自己PRする方法

聞き上手なことを自己PRする方法・例文|接客経験や相談を使う例
※画像はイメージです

聞き上手な事を自己PRにするのは誰もが目標としている事です。自分だけの人の話しの聞き方を構築出来ていれば、それを採用担当者に伝えれば良いです。具体的に、他の人とは違う、より良い自己PRの方法とは何なのか考えましょう。大切な事は相手の立場にたって話しを聞けるかどうかが基礎となっています。相手の言っている事をしっかりと理解してあげる事が出来なければ、聞き上手とは言えません。

もしも相手の話しを良く理解する事が出来ていれば、自分からあまり話さなくても聞き上手であると言えます。さらに、相手の言っている事を理解したのであれば、それに対して助言などをしてあげることが出来、相手からしてもあなたと又話したいと思います。これらの事を自分なりにまとめて聞き上手な事を自己PRすれば説得力があります。

どのように自己PRすれば効果的か

聞き上手について具体的な方法を提示すると効果的です。今まで経験してきたことに関して、自分はこのようにして対処してきたことなど詳しく記載すると採用側も理解してくれます。

また、面接などで聞き上手を自己PRする場合は、面接全般で相手の話しを良く聞く姿勢を見せることです。そうすれば、面接の中でもこの人は聞き上手だと理解してくれます。そうなれば、自己PRで聞き上手だと言っても違和感がありません。

採用側から見た聞き上手とは

採用担当者から見た聞き上手とは、なんと言っても今面接で話している状態を意味します。面接で相手の話に全く興味を示さないと、私は聞き上手ですとアピールしても説得力がありません。聞き上手であるというのは、面接していれば自然と出てくることです。

また、採用過程において電話などで話す機会があると思いますが、そのような時も、企業側はあなたへの判断材料として、電話の内容を重要視することもあります。しっかり話していれば良いというわけではないです。聞き上手であれば、相手の話しを上手に聞くことが出来てうまく会話が成り立つことにより、初めて自己PRできるようになります。ただ、あまり意識しすぎると不自然さが表面に出てしまい、聞き上手と伝わりにくくなるので注意しましょう。

聞き上手の自己PRの例文

聞き上手なことを自己PRする方法・例文|接客経験や相談を使う例
※画像はイメージです

聞き上手と自己PRする方法はいくつかあります。一般的には、「普段から相手の立場に立った会話を心がけ、相手の言わんとしていることをしっかりと理解しながら会話をすること」などが挙げられます。これは、面接で相手がどれほど聞き上手なのか試してみたいと担当者に思わせる一つの心理作戦で、非常に良い自己PRと言えるでしょう。

自分は聞き上手ではないと、自信持てない方は少なくありません。ですが違う角度から見ると、意外にも他の人より聞き上手であったりします。それが自己PRのポイントです。自分なりの聞き上手な点をうまく自己PRすることが、後にあらゆる仕事現場で、大いに発揮されるコミュニケーション能力になります。

してはいけない聞き上手の自己PRとは

聞き上手であるとを自己PRした後に、少しでも自信に欠けるような発言をすると、採用担当者から不審に思われます。少なくとも面接中は、自分には聞き上手なところがあると自信をもって取り組んでください。そうでないと、企業側があなたが聞き上手であることを認めません。言い換えれば、少し言い過ぎなくらい聞き上手をPRすると丁度よいでしょう。

聞き上手であると言う人は多いので、その他大勢として自分が埋もれてしまわないよう、少し過剰に自己PRしても問題ないでしょう。また、聞き上手でも話しの中で矛盾が生じないよう、話す内容には気をつけてください。例えば、聞き上手だけど人との会話は得意でないと言ったような事は言わないことです。話に矛盾が生じると、採用担当者は相手が虚偽の発言をしていると判断するので面接が不利になります。

工夫すべき自己PRのポイント

聞き上手であると自己PRする時は、具体的な内容を盛り込むことです。例えば「友人から自分が聞き上手で、会話していてストレスを感じないと言われたことがある」など、過去に褒められた経験を話すとプラス評価になるでしょう。具体的な内容については、面接官も興味を示してくれること間違いありません。

それに対し、ただ漠然と内容話すだけでは全く説得力がありません。小さな事でも良いので、実際の話しをすれば、面接も有利な方向に流れるでしょう。

自分が聞き上手であることをうまく自己PRして、面接を盛り上げることができれば、合格をもらえる可能性も高くなります。面接は両者共々、楽しく終われるのが理想です。

聞き上手のエピソード例

聞き上手なことを自己PRする方法・例文|接客経験や相談を使う例
※画像はイメージです

聞き上手をアピールできる過去のエピソードとして、両親や身内との会話も一例として挙げられます。例えば「親と会話をしている時に、あなたは子供の時から聞き上手であり、人の話しを良く聞いていると言われました。」など、幼少期の体験談を出しても良いでしょう。

ここで注意したいのが、その発言の後にどのような説明をするかで印象が決まってくることです。例えば発言の後に「御社に入社して、幼少期から長所である聞き上手な性格を生かし、営業にてお客様とのコミュニケーションを図りたいです。」といった仕事の意欲を見せられると、面接官にプラスの印象を与える事ができます。

これで面接の場は、色々な方向に話が流れていくでしょう。面接官によっては、もっと具体的に聞き上手に関する話を聞き出そうとするかもしれません。または、何故自分が聞き上手と思うのか、少し辛口な質問が来ることも予想されます。いずれにしても聞き上手であれば、どんな質問もうまく受け答えができるよう、臨機応変に対応することが大切です。

具体的な聞き上手の内容とは

そもそも聞き上手とは、どのようなものでしょうか。一般的には、話を聞いて欲しい人に対し、相手の気持ちに寄り添いながら、長時間経っても話しを聞いてあげられるような人を聞き上手と言います。聞き上手な人は自分が意見することよりも、相手が納得するまで心の内を喋らせてあげることが大切です。

聞き上手であれば色々な人から頼られ、相談を持ち出されることが多々あります。これらの事に該当する人が聞き上手な人です。巷でよく聞く言葉ですが、実際聞き上手である人は決して多くありません。

意外と身近にある聞き上手な話し

聞き上手な話し方のパターンはたくさんあります。友達と話しをしている時に、聞いている時間が長く、相手が話し終えた後に自分の意見を言うようなケースも聞き上手と捉えられます。人から直接自分が聞き上手であると言われなくても、自分で人の話しを聞くのがうまいと考えていれば聞き上手なのです。

そのような事を上手に面接でアピールできれば、企業側もこの人はコミュニケーション能力が高いと考えてくれます。面接で自分をPRする時は、話しの流れをうまく掴んで、柔軟にアピールできるような話題に切り替える必要があります。普段のちょっとした話題でも、面接中にこれは使えると判断したなら積極的に使いましょう。

接客経験や相談を用いて聞き上手を自己PRする方法

聞き上手なことを自己PRする方法・例文|接客経験や相談を使う例
※画像はイメージです

接客経験から聞き上手のアピールをする場合は、コミュニケーションの基本である接客時の話し方に注目しましょう。お客様はモノを購入する際、店員と会話をしますが、過去に自分が経験した接客がうまくいく会話のポイントを人事担当者に伝えるとプラスになります。

また、過去の経験から聞き上手である事を伝える場合は、接客時に避けるべき注意点など具体的に話をまとめておくと面接で有利になるでしょう。

聞き上手がとる上手な接客対応とは

接客時は相手に無礼のないよう、対応する必要があります。その上で、いかに相手の意見や要望を理解できるかが重要です。誠心誠意を持って相手と接し、相手の気持ちに耳を傾けると、お客様は安心してくれるでしょう。それが聞き上手がとる接客時の姿勢です。

真心を持った姿勢を持つと、店の売り上げに貢献出来るだけでなく、接客をしている職場の雰囲気全体を変えることも夢ではありません。

入社してから聞き上手をどのようにいかすか

聞き上手な長所を積極的に生かしながら、壁にぶつかった時も諦めず、難局を乗り越えていく心構えが必要です。会社側は、接客時の対応だけを聞き上手な社員に求めているわけではありません。社員同士が気持ちの良くコミュニ―ケーションをとれる、職場の環境づくりにも貢献してほしいと望んでいるはずです。

一度自分が聞き上手だと認識してもらえば、末長く聞き上手である長所を生かして、毎日コツコツと職務にはげむことが大切です。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」

そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも!

じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。

履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。

「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」

そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests