Search

検索したいワードを入力してください

営業への応募時の自己PRの書き方と例文|未経験/転職/就活

初回公開日:2017年07月24日

更新日:2017年09月12日

記載されている内容は2017年07月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

営業職に応募する時の自己PRとはどのようなものでしょうか。こまかく考えると何も書けなくなるような内容でもあります。いかにして自分を分析して自分らしい営業の自己PRを記載出来るか記事にしてみました。意外とちょっとしたポイントをおさえていれば自己PRは大丈夫です。

営業の仕事に応募する際の自己PRの書き方

営業への応募時の自己PRの書き方と例文|未経験/転職/就活

営業の自己PRの記載の仕方は、他の職種と比較すると少し大げさに記載する方が良いです。特に面接ではなくて、応募の時は自分を存分に自己PRできる内容を記載することで書類審査を通過します。そのためには、求人内容を良く確認することです。あとは、自分の経験をいかした自己PRをその会社用にアレンジすればでき上がります。

自己PRは他の人と似ていては意味がありません。できる限り自分だけの自己PRを記載するようにしましょう。良い自己PRを作成するには、他の人に見てもらうのも良いです。客観的に意見は自分では気が付かないこともあるのでとても助かる時があります。

営業の自己PRは何がポイントか

営業の自己PRポイントとは、その人が具体的にイメージできるかどうかです。採用担当者は、書類審査などであなたがどのような人が知ろうとします。その具体的なあなたのイメージが良いほど採用される可能性は高くなります。また、書類審査や、面接などで一貫して自己PRできるかどうか大切です。

面接の採用では、途中で自己PRの内容が変わっているようでは、採用される可能性は低いです。営業は人と話す機会が多い仕事です。その必要とされるコミュニケーション能力を採用担当にいかに表現できるかが大切です。そのような意味でも自己PRに一貫性を持たせる必要があります。

してはいけない営業の自己PRとは

営業の仕事なので消極的な表現はやめましょう。自己PRする内容については、はっきりと言い切ってよいです。人から聞いたら言い過ぎくらいで良いです。また、たとえあまり経験のないことでも、したことのあることは経験がありますと言えば内定に近付きます。ただあまり極端な表現は避けたほうがよいでしょう。

まったく経験のないことをあると言ったりすることは、つっこまれる事になるのでしない方が良いです。さらに、多くの事をいっぺんに自己PRするのも控えましょう。話しの焦点がぼやけてしまいます。簡単に言えば、自分で考えた間違いのない事をベースにして営業に関する自己PRをすることです。

営業の自己PRの例文

営業への応募時の自己PRの書き方と例文|未経験/転職/就活

営業の自己PR例文として、「今まで培ってきた、お客様とのコミュニケーション能力をいかして御社の売り上げに貢献します。」などがあります。これは、一般的ではありますがより具体的に記載する時は、企業の求人内容を見て更に自己PRできるところを探すことです。求人によっては、コミュニケーション能力を必要とするといった内容が記載されています。

このような場合は、より具体的に自分のコミュニケーション能力について説明しましょう。そうすれば、採用側もこの人は、うちの会社にマッチしていると考えます。言い換えれば、会社が必要とする人を文章で自分なりに表現することです。

変わった内容の自己PR

例えば、技術営業などの自己PRなどでは、営業に関する内容だけでなく技術面についても自信があると記載すると良いです。営業とは、見かたを変えれば沢山の事を一人でやる仕事です。ですから、技術について自分は自信があるとすればそのように記載して、将来的には技術力のある営業になりたいと記載するのも効果的です。

採用側は、普通の文章は飽きるほど見ています。そこで、他の人と一緒に書類審査で落ちない為には、誰にも負けない何かが必要です。その何かを自分なりに見付けることができて、営業の自己PRにすることができれば、書類審査は通ります。

注目される営業の自己PRについて

人とは違った内容で説得力のある自己PRが注目されます。そのような自己PRとは、普段の仕事の中や生活の中で見出すものです。色々な考え方で自分を分析してみて、採用担当者から見て、この人は採用したいと思わせる内容である必要があります。もしも、こつこつ努力することが自己PRであれば、より具体的なエピソードと一緒に自己PRすれば効果的です。

今の自分があるのは、こつこつ努力してきた結果であると言い切れるくらいの内容で良いです。表現の仕方も工夫することでより注目される営業の自己PRとなります。努力することが自己PRであれば、常に努力を継続していると言ったら注目されます。

未経験・転職・就活の営業の自己PR

営業への応募時の自己PRの書き方と例文|未経験/転職/就活

未経験の場合は特にやる気を全面に出した自己PRにしましょう。以前から憧れていた営業職に就くために、普段から言葉遣いについて勉強してきましたなどの内容で良い自己PRとなります。また、転職、就活の時の自己PRとしては、今までの経験を通して得られたコミュニケーション能力を発揮して相手の立場に立った営業を行いますなどもあります。

いずれにしても、自分のおかれた立場から精一杯言える自己PRである必要があります。また、だらだらと長い文章にすることなく簡潔にまとめることです。そうすれば、企業側はあなたの自己PRを理解します。

未経験の場合は何を自己PRに記載するか

未経験の時は、なぜ営業職なのかを明確にすることです。今まで違った職種であった理由も正確に伝えることです。未経験だからと言ってマイナスになると言うわけではありません。企業側が知りたいのは、あなたがなぜ営業職をしたいのかと言うことです。また、実際に採用した後にあなたがどのように会社内で活躍するかも知りたがっています。

これらをしっかりと表現できれば、未経験者でも営業職で採用される可能性はあります。また、未経験であっても、人と話したり様々な仕事を経験している人は、営業に近いような事を経験してきたと記載しましょう。それだけで相当な自己PRとなります。

様々な自己PRの共通点

営業で必要な自己PRのポイントは、他の人には負けない何かを記載してあるかどうかです。一般的な内容を記載しても書類審査は通りません。何か特徴的なことを自分の中で発見して、それを上手に自己PRで表現できることです。また、書類審査だけ通れば内定というわけではないので、面接の内容も想定した自己PRにすることです。

面接の機会があたえられたなら、誰にも負けないと言えるような自己PRや志望動機を準備する必要があります。もちろん自己PRは書類審査から内定をもらうまで一貫していることが重要です。大切なことは、自己PRから面接で話しが発展してこちらに有利な面接を展開することです。

どんな強みを自己PRにしたら良い?

営業への応募時の自己PRの書き方と例文|未経験/転職/就活

たとえば、粘り強く物事に取り組む姿勢なども営業の自己PRになります。営業はお客があっての仕事なので、粘り強く最後まであきらめることなく交渉することが仕事です。他には、プレゼンテーションが得意な人もそれを営業職の自己PRに使えます。営業では、自分の会社の商品を販売する時に、どれだけ上手に商品を紹介できるかが勝負です。

ですから、プレゼンテーションの力のある方は強いです。また、社内での打ち合わせでもプレゼンテーションの能力の高い人は、上司からも評価されます。その上、自分の提案などを上手に説明できるので会社の中で貴重な戦力となります。

自分の自己PRの見つけ方

自己分析をしっかりとしてみると、自分の自己PRが見えてきます。過去の自分の行動や、それに対する結果などを考慮して、人には負けない自己PRのポイントを見付けましょう。一つでも自己PRになりそうなものが見つかったたら営業用に実際に自己PRの文章を作ってみることです。

それを時間があれば、人に見てもらってどう思うか判断してもらっても良いです。そうすることで、採用担当者の目からした場合の意見が推測できます。

企業は自己PR能力=営業能力と見る

書類審査で通るためには、単刀直入な自己PRで相手を納得させる内容であることです。また、一貫性があり、質問に対してもきっちりと答えられる事も重要です。書類審査を通る自己PRは、文言がしっかりしています。決して誤字脱字などはしないことも大切です。自分で作った自己PRを自分で何回も読み直してみて、改善できる事はないか客観的に考えてみるのも一つの手です。

でき上がった求人内容に対して、自分の自己PRが相手に伝わるか再度考えれば、問題の無い自己PRが記載できます。

企業は自己PR能力=営業力と判断いたします。自己PRができる人間、自分を売り込める人間として、活躍しましょう!

あなたの年収、本当に適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
実は、頑張って働いているのにこういう状況になってしまう人は、少なくないんです。

そしてその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータがあるんです。

また、転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが転職先の企業と年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

あなたに合った転職エージェントが見つかるはずなので、読んでみてください!

Latests