Search

検索したいワードを入力してください

【就活/転職/バイト】応募メールの書き方(件名/文面)

更新日:2020年08月20日

転職や、就活における応募メールの書き方とはどのようなものでしょう。深く考え過ぎると何も書けないものでもあります。いくつかの例文と一緒に応募メールの記載方法について件名、文面にわけて記事にしてみました。参考にして自分らしい応募メールを作成してみて下さい。

就活の応募メールの書き方と例文

就活の応募メールの書き方とはどのようなものでしょうか。一般的に、就活は社会人と同じ内容の書き方をします。基本的なことですが、件名にはそのメールの内容が一目でわかる件名を記載します。また、件名のとなりに自分の学校名と名前を記載することで、人事担当者が整理しやすいメールにすることができます。

メールの内容に関しては、相手の会社名と部署、メールを送っている人の名前を記載し、組織であれば御中、名前であれば様を必ず記載しましょう。文全体の構成にも注意が必要です。ポイントとしては、一番最初に挨拶をすることですが、内容としては「御社を志望している田中と申します。」のような挨拶が良いでしょう。その後は、実際の用件に入りますが、応募の時のメールであれば応募書類に関することや、今後の予定について記載しましょう。

就活の件名の書き方

就活のメールの件名の書き方としては、応募の時のメールであれば「応募書類ご送付の件」といった、内容が簡潔に伝わるものが良いでしょう。あまり長くなり過ぎないように注意しましょう。その後は、学校名と自分の名前を記載します。こまかな内容については、文面で説明すればよいので件名はあくまでも挨拶と考えれば間違いはありません。

特に就活の応募の時のメールであれば、それほどかたくなって件名を記載することもないですが、一般的に用いられている形式があるので、基本的なかたちにそって書けば問題ないです。

就活の件名の例文

就活の応募メールの件名の例文としては、できりかぎり簡潔に用件をまとめることが大事です。具体的には、「応募書類を添付しましたので確認宜しくお願い致します。田中大学機械工学科 田中一郎」となります。これだけで良いのかと思うかもしれませんが問題はありません。

また、この例文を基礎として、書き出しの文を「御社を志望している田中です」と記載しても問題ないです。また、やる気をPRするのにじぶんの言葉で書くのも会社の職種によっては良いですが、常識的にビジネスで用いられる件名の書き方を基本としましょう。

就活の文面の書き方

就活の応募のメールの文面ではどのような記載が良いでしょう。自分をPRできる内容にするのも大切ですが、まず最初のポイントとしては、相手の名前を最初に記載して、本文に入ります。この本文でははじめにメールをした用件をしっかりと伝えましょう。

応募に関してのメールであり、応募書類を添付しているのであればその旨記載することも忘れないことです。さらに、余裕のある時は「是非面接の機会をいただけるよう宜しくお願い致します。」と記載すれば採用担当者も好印象です。最後は、自分の大学名、名前、住所、メールアドレス、電話番号などをまとめて記載して終わりです。注意点としては、メールは意外と誤字脱字があるので、どんなにミスをしない自信のある方でも最後は一度読んで確認すると良いでしょう。

就活の文面の例文

就活の応募についての文面の例文とはどのようなものでしょう。実はある程度決まりきった文章があります。その文章に自分で何か追加してPRすることも良いでしょう。具体的には、一番最初に相手の会社名と部署、名前を記載します。

その後の本文として、「御社を志望している田中大学の田中と申します。御社の会社説明会に是非参加させていただきたくメール致しました。私は、10月1日を希望しますがいかがでしょうか。では、今後とも宜しくお願い致します。」と記載して、本文の後に自分の名前や大学名等を記載します。

また、例えばその会社のホームページ見てどうしても聞きたいことがあれば、質問しても問題ありません。やる気のPRになるので好感度が上がるメールになるでしょう。

転職の応募メールの書き方と例文

転職の応募メールの書き方にはいくつかの特徴があります。自分なりに基本的なメールの内容を決めておけば、色々な会社に応募する時も困ることはないでしょう。また、転職の時も就活の時と同じような内容のメールになります。

ただし、応募メールなので自分をPRすることを忘れないようにすることです。例えば、志望動機を応募メールに記載することでより自分をPRすることもできます。

また、志望動機に更に工夫をして自分を売り込むことのできる内容にすることで採用担当者も他の応募者とは違うと感じるでしょう。

のある会社への転職はとても倍率が高い場合があります。ですので、応募メール一つでも他の応募者と差をつけることができると良いです。

転職の件名の書き方

転職の件名の書き方としては、分かりやすい内容であることが大切です。用件と自分の名前を記載することで普通の応募メールの件名になります。件名の用件には色々なパターンがありますが、その時に自分でどのような内容がベストか判断しましょう。

転職活動で採用担当者に見られることは、社会人としての常識があるかどうかということも含まれます。転職の応募メールで件名を長い文章にすることは非常識となるので、できる限り短く相手に伝わりやすい内容の件名にしましょう。

また、変わった書き方としては件名に「面接の機会を是非宜しくお願い致します。」と記載することも効果的です。他の人があまりやらないような書き方がインパクトがあって採用担当者の記憶にのこります。

転職の件名の例文

では、転職の件名の例文としては、どのようなものがあるでしょうか。それは、採用担当者の視点から考えた件名であれば良いです。例えば、「応募書類の提出です。確認の方、お願い致します。 : 田中一郎」などがあります。

とても普通に見えますが、このような内容が転職活動における基本的な件名の書き方となります。自分なりの件名を書きたい気持ちは分かりますが、あまり考えすぎると長い文章となり逆効果です。もちろん、短い件名の中にも自分をPRできるような内容を含んでも良いです。

例えば、「面接の機会を是非お願いします。」といった内容も効果的です。転職活動の際の応募メールは基本的なメールのマナーをしっかり理解していることが重要であり注意すべきことです。

転職の文面の書き方

転職の時の応募メールの文面としては、就職活動と同じような内容で良いでしょう。ですが、いくつかの注意点があります。それは、自分をPRし過ぎて文面自体が長くなり過ぎないことです。

どんなに良い内容でも応募の時のメールで長すぎるメールを送ってしまえば、採用担当者も違和感をおぼえます。もし、自分をPRするような内容も記載したい時は、大体数行くらいにしておきましょう。

内容としては、最初に応募している会社名と部署、担当者の名前を記載します。その後に、本文になりますがはじめに挨拶からはじまって応募に関する内容を記載して大体終わります。人によっては、その後に「是非面接に機会をいただきたいと思っております。」と追加する人もいます。

転職の文面の例文

転職の文面としては、人と若干でも違った内容にすることがポイントです。他の人と同じ内容では、転職活動において自分が有利になることは難しいでしょう。採用担当者は、あなたとの会話やメールの一つ一つを覚えています。

それを参考にして最終的に採用するかどうかを決める事もあります。ですので、転職の際の応募の文面をしっかりとしたものにして十分にPRできるようにしたいものです。具体的には、「御社を志望している田中と申します。応募書類を添付しましたので確認の方宜しくお願い致します。

私は、メンテナンスのエンジニアとして長い事経験を積んでまいりました。この経験をいかして御社で品質の高いメンテナンス業務をしたいと考えておりますので、是非宜しくお願い致します。」となります。若干長いと感じる方は自分で工夫して短くすると良いです。

初回公開日:2017年10月15日

記載されている内容は2017年10月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests