Search

検索したいワードを入力してください

【履歴書】TOEICの書き方と記入例・何点から書ける?正式名称は?

更新日:2020年08月20日

履歴書にTOEICの高いスコアを書くと、企業から高い評価を得て転職や就職の成功につながります。ただし、履歴書にTOEICのスコアを書く時には、正しい書き方で書く必要があります。また、TOEICにも色々と秘密があり、履歴書アピールだけに収まるものではありません。

TOEICとは何か?

TOEICとは、正式名称が「Test of English for International Communication」と言い、受験英語のような英語の知識を測るためのものではなく、ビジネスの場や日常生活で、どの程度英語によるコミュニケーションができるか測定するテストです。

TOEICには、リーディングとリスニング能力を測定する「TOEIC Listening & Reading Test」と、スピーキングやライティング能力を測定する、「TOEIC Speaking & Writing Tests」などがありますが、日本で「TOEIC」と言う場合は、マークシート方式の「TOEIC Listening & Reading Test」を指す事が一般的です。

TOEICの形式

ここでは、「TOEIC」と言われたときに一般的に指す、「TOEIC Listening & Reading Test」の形式について説明します。

TOEICは英語を聞き取る力を測るリスニングセクションと、英語を読む力を測定するリーディングセクションに分かれています。リスニングセクションとリーディングセクションは分かれてスコアが出て、その2つを合わせたスコアが、履歴書に書けるあなたの正式なTOEICのスコアです。

得手不得手によって、どちらか片方のセクションだけ、高いスコアを取る場合がありますが、片方のセクジョンのスコアだけを履歴書に書いても、認められません。TOEICのスコアを履歴書に書く時には、どちらのセクションも合わせた、総合点を書きます。

TOEICリスニングセクション

TOEICでは、始めにリスニングセクションがあり、次にリーディングセクションという形式です。リスニングセクションは4つのパートに分かれており、

Part1
写真描写問題 写真を説明している音声が流れてきて、正しく描写しているのを4択から選ぶ問題 6問

Part2
応答問題 質問文が流れ、その質問に正しい受け答えをしている音声を3択から選ぶ問題 25問

Part3
会話問題 会話文が流れ、その会話について正しく描写している選択肢を4択から選ぶ問題 39問

Part4
説明文問題 30秒ぐらいのナレーション(留守番電話、アナウンスなど)を聞いて、適切に説明している選択肢を4択から選ぶ問題 30問

という構成です。

TOEICリーディングセクション

TOEICのリーディングセクションは3つのパートに分かれており、

Part5
短文穴埋め問題 文の一部が穴あきになっており、そこに収まる適切な選択肢を4択から選ぶ問題 40問

Part6
長文穴埋め問題 比較的長い、メールや手紙などの文章の中に、3つ穴あきの部分があり、適切な選択肢を4択から選ぶ問題 16問

Part7
読解問題 このパートでは、シングルパッセージとダブルパッセージの2つに分かれており、シングルパッセージとは読解する文章が1つの形式、ダブルパッセージでは広告文とその応募分というように読解する文章が2つの形式。シングルパッセージ問題が29問、ダブルパッセージ問題が25問。

という構成です。

TOEICの問題は変わる?

TOEICの問題形式はたびたび変更されています。2016年5月にも変更があり、Part1やPart2の問題は減り、Part3やPart6の問題数は増えました。2006年にも変更があり、その時にはPart1の問題数が大幅に減り、誤文指摘問題などはなくなりました。

全体的な傾向として、難易度は上がっていますが、履歴書にスコアを書く時には、難易度の違いはあまり考慮されません。これから勉強して履歴書に高スコアを書きたい方には、さらなる学習が求められるようになっています。

TOEICスコアの利点

多くの企業が海外進出したり、海外との取引を進めており、国際語としての英語を使える人材を欲しがっています。そして、英語ができるかどうかを判断する材料として、履歴書のTOEICスコアを重視しています。

さらに、海外進出を視野に入れている中小企業では、TOEICで高スコアをとった人を、喉から手が出るほど欲しがっています。履歴書にTOEICの高スコアを書けると、商社や金融機関のような、海外とのやり取りが必要な企業だけではなく、英語で論文や本を読む機会が多い研究職や、英語を教える塾講師、海外からのお客さんが多くなった接客業など、様々なところで有利になります。

色々な企業が英語ができる人を欲しがっていますので、正しいTOEICスコアの履歴書への書き方は、覚えておいて損がないことです。

TOEICの履歴書への書き方と記入例

TOEICのスコアを履歴書に書く時には、ついつい手間を省いて、「TOEIC 何点」などど書いてしまいそうですが、こちらは正式な書き方ではありません。

また、TOEICには正式な「公開テスト」と、企業内や学校内で行われる「IPテスト」というものがあり、履歴書などで正式に通用するのは公開テストの方です。

TOEICの正式名称は「Test of English for International Communication」ですが、これだとあまりにも長すぎます。履歴書に書く時には、「取得年月 TOEIC公開テスト スコア何点取得」と書きます。例えば、「平成29年5月 TOEIC公開テスト スコア800点取得」のような具合です。

履歴書で他に気をつけること

履歴書でTOEICの高スコアを書けることは大事ですが、それ以外にももちろん気をつけるところはたくさんあります。基本的に、履歴書は正式なビジネス文章なので、修正液やテープを使った、手直しが認められていません。

また、TOEICのスコアだけではなくて、履歴書では他の資格や、学歴、職歴、志望動機なども重要です。

例えば、経理職に応募するときには、TOEICの点数が高いと当然高評価につながりますが、それよりも日商簿記検定や経理としての経験の方が重要です。また、グローバル展開している企業でも、主な取引先が韓国企業や中国企業のこともあります。履歴書を書く前に、企業の調査は確実にしておきましょう。

次のページ:何点から履歴書に書ける?

初回公開日:2017年07月27日

記載されている内容は2017年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests