Search

検索したいワードを入力してください

【履歴書】私立の学歴の書き方(高校/大学)・公立/国立との違い

更新日:2020年08月20日

履歴書の学歴欄は最初に面接官が見る重要な部分です。学校名を書くだけとはいえ、意外と細かいところの書き方に迷う方も多いのではないでしょうか。今回は履歴書の学歴欄の書き方と、その中でも特に私立の学校名をどのように書けばよいのかについてご説明いたします。

履歴書の学歴の書き始め方

履歴書を書く際に、名前や住所の下に最初に書くのが学歴です。応募してきた人はどんな人だろう、と面接官が最初に見る部分になります。「有名な学校を卒業しているわけではないので、学歴欄は気にしない」「事実をただ記入するだけ」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

確かに卒業した学校は変わることはありませんが、学歴の書き方によって印象が左右されることもあります。できれば印象アップになるように、気をつけて学歴を記入してみましょう。

履歴書には学歴・職歴の欄があります。まれに学歴・職歴の欄の一行目から卒業した学校名を書く方がいらっしゃいますが、一行目に書くのは「学歴」という文字です。バランス良く枠の真ん中に記入しましょう。

学歴は高校から記入するのが基本

基本的に履歴書の学歴欄には卒業した高校から記入します。とはいえ、中学などを記入してはいけないと厳密に決まっているわけではありませんので、記入した方が好印象だと思う場合は記入しても問題ありません。

例えば、中学受験対策をしている塾の講師をしたいと面接に行く場合には、面接官も卒業した中学校名は知りたいと思います。学生などで職歴に書くことがあまりなく、一行でも多く空欄を埋めたいと感じるのであれば、中学を記載してもいいでしょう。

高校生がアルバイトの面接に行くときには、高校は卒業していませんので中学の卒業から書くことが必須になります。悩むようであれば学歴は高校卒業から記入すればいいですが、場合によって使い分けましょう。

専門学校や夜間の学校も学歴

専門学校や夜間の大学などに通ったことを履歴書に記入していいのか迷う方もいらっしゃるようです。大学に通いながら専門学校にも通った、大学休学中に専門学校に行った、など学校に通った期間が重なっている場合に記載しない方もいらっしゃるようですが、すべて記載できます。

学校の名前の順番にこだわらずに、自分が入学した日付、卒業した日付の順番で記載しましょう。例えば、大学に入学し、翌年の大学2年生のときに夜間の専門学校に入学し、さらに翌年の大学3年生のときに専門学校を卒業。その翌年に大学を卒業したといった場合を例とします。

平成20 4 〇〇大学 ○○学部 入学
平成21 4 〇〇専門学校 入学
平成23 3 〇〇専門学校 卒業
平成25 3 〇〇大学 〇〇学部 卒業

このように入学や卒業など時系列にそって記入します。

語学学校や短期留学も1年以上は学歴

語学学校や短期留学などは学歴として履歴書に記入していいのか迷う方もいらっしゃると思います。通った期間が1年以上であれば、十分アピールのポイントとなります。学歴として認められますので記入しましょう。

逆に記入しなかった場合には学歴・職歴の期間に空白期間ができ、不審に思われることもあります。せっかく向上心を持って学んだのですから、損をしないようにしましょう。1年に満たない場合には学歴とすべきか微妙なところです。アピールした場合には特技や自己アピールなどの欄に記入しておきましょう。

学歴は学科やコース名、研究テーマなどを書いてアピール

履歴書の学歴を書くときには、学校名だけでなく学科やコース名なども記載しましょう。「〇〇大学 理学部 化学科 卒業」というように、1文字空欄をいれておくとバランスがよくなります。

もし卒業した学校での研究テーマなどが、応募している職種に関係していてアピールできるということであれば、「○○○について研究」など、学校名の下に一行付け足してアピールすることもできます。付け足しをする際には、頭は一文字下げておきましょう。

年度は統一させよう

履歴書の学歴欄の年度は、2017年のような西暦でも、平成29年のような和暦でも問題ありません。どちらかに決めて統一しましょう。「平成」という記載は最初の行に1つ書くだけでなく、すべて記載しましょう。学歴や職歴の詳細を記入した行には年度は記入せず、空欄にしましょう。

例えば、
平成15 3 〇〇高等学校 普通科 卒業
平成15 4 〇〇大学 理学部 化学科 入学
      〇〇〇について研究
平成19 3 〇〇大学 理学部 化学科 卒業
というようになります。

省略はせずに正式名称で

次のページ:履歴書に書く私立の学歴の書き方

初回公開日:2017年08月09日

記載されている内容は2017年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests