Search

検索したいワードを入力してください

【履歴書】大学院の書き方・中退/卒業/修了/修了見込みの場合

更新日:2020年08月20日

大学院の履歴書の書き方は他と比べてどうでしょうか。考え過ぎると大学院の履歴書の書き方が分からなくなります。特に大学院を中退した人はその扱いに困ります。実際には、採用側の視点に立って考えれば解決する問題です。大学院の履歴書のポイントをまとめました。

履歴書の大学院の書き方

大学院の履歴書の書き方は、基本学部卒と変わりません。もちろん記載する内容は大学院を修了する予定になっている場合は、その旨記載します。履歴書で重要視される志望動機や自己PR等は変わりません。学歴の欄に大学院に入学した事を記載することが、学部卒と違うところです。

内容としては、どの大学院にいつ入学したか、どの大学院にいつ修了予定かを書きます。履歴書なので、正式な名前を記載することです。長くなるからと言って短くするような事はしてはいけません。また大学院の場合は、卒業の事を修了と記載することは注意が必要です。

してはいけない大学院の履歴書の書き方

一番してはいけないのは正式な大学院の名前を記載していないことです。正式な名前とは、普段長い大学院の名前を短く言っているからといって、簡単な短い大学院の名前を使用しない事です。正式な大学院の名前は総務課に行って確認した方が良い場合もあります。なぜか大学院の名前は難しく長いのが特徴です。

それを記載するのがおっくうで簡単に記載すると会社から疑われることもあります。就職活動で学歴を疑われることはマイナスです。大勢の学生が応募するの企業であれば、正式な大学院の名前を記載しなかった事で書類審査を落とされる可能性もあります。

大学院を中退した場合

大学院を中退した場合は、素直に記載しましょう。書き方としては、中退した年月、大学院名、中途退学と書きます。また、中退した人は考え方によっては大学院の入学と中退の両方を記載しない人がいますがこれは間違いです。もし採用担当にその内容が知られた場合は、あやしまれますし、中退した事は履歴書で隠す必要のないことです。

堂々と履歴書に大学院中退と書きましょう。また、大学院に入学したことは、大学を卒業しただけでなく大学院に入学試験にも合格したことを意味するので採用担当者は、このあたりも考慮してくれるケースもあります。

大学院中退がどのように採用に関係するか

大学院中退自体が大きな問題というよりかは、なぜ中退したかが重要です。それが、イメージとしてあきっぽい正確が出てしまって中退した人は、採用担当者につっこまれる事もあります。それでも、大学は卒業しているので応募条件を満たしていれば採用される可能性はあります。

また、企業によっては、大学院中退を気にしない会社もあります。言ってみれば、大学院中退の理由が明確で問題のないものであれば、企業側は問題視しませんし、大学院中退の理由が様々あるので自分なりにまとめてみる事です。

卒業・修了の書き方

履歴書に大学の卒業の場合は、年月、学校名、卒業と記載します。それに対して、大学院は履歴書に年月、大学院名、修了予定と書きます。これは、卒業予定と書いてしまう人もいますが、注意が必要です。また、まだ修了していなくて修了する予定なので修了予定と記載します。

大学院中退の場合は、修了予定ではなくて大学名の後に中途退学と書けば良いです。さらに、履歴書に記載する学校名はどうしても長くなりますが、誤字脱字には注意しましょう。あとは一般的なことで、履歴書は丁寧に記載して相手に好印象をもってもらう事が大切です。

履歴書の最終学歴で大切なこと

履歴書に最終学歴を記載する時は、全て書く必要があります。そこで気になるのが、大学院を中退した場合に大学院の名前を博士前期課程と書く時もあります。これは、厳密な意味では、博士前期課程と記載することがありますが、一般的には、普通の大学院の名前で良いです。

また、大学や大学院は絶対に入学と卒業、修了、中退を一緒に書きましょう。面倒な事はわかりますが、これは簡略化しては駄目です。最終学歴に大学院を中退と記載する時は、履歴書のどこかに中退した理由を書くと親切です。

履歴書に大学院を中退した理由を記載しないで、志望動機や自己PRを記載しても情報的に足りません。出来れば、採用担当側の視点に立って履歴書は記載しましょう。

修了見込みや入学予定の場合

修了見込みの時は、学歴の最後に修了見込みと書けば問題ないです。それに対して、面接官は、本当に修了見込みなのかも聞いてくる時があります。これは、修了できない可能性がどれ位あるか確認しようとしています。大学院は普通であれば、概ね卒業できるのでそのような質問をされても、はい卒業できるように頑張りますと言っておけば問題ないです。

また、入学予定の場合は、会社に入社してからどのような生活になるかを質問されます。具体的には、会社に入社して学校にも通うのであれば、それが実際に出来るのかなども見てきます。このような事を許容する会社もあるにはあります。

ただし、採用の段階で自分は、会社と学校の両立をしたいと言っても大半は厳しいと思われます。たしかに、会社に入社した後に、学校に入学する人はいますが非常に大変なことです。

一般的な修了見込みの解釈について

一般的には、本人が履歴書に記載してあるとおりに修了見込みであれば何も言われません。ただし、話しの中で修了に関して修了できない可能性が若干でもあるような時は、話しが別になります。採用そのものにも影響することもあります。

企業としては、せっかく採用活動をして採用した学生が大学院を修了できなかったことで入社できない事は最悪の事態であると言えます。また、それが分かるのは、入社直前の時期であり穴埋めをする為に再度採用活動をするタイミングではありません。

次のページ:大学院の学歴が長い場合選考に影響する?

初回公開日:2017年08月01日

記載されている内容は2017年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests