Search

検索したいワードを入力してください

【履歴書】留学経験の書き方・転職/就活時の場合・志望動機への反映

更新日:2020年08月20日

この記事では履歴書に留学経験をどのように書けばいいのか、どのようにしたら質の高いものになるのかを詳しく説明してあります。いろいろな人に読んでいただくために、履歴書を書くにあたっての自分の成長を伝える方法を書かせていただきました。

留学経験の履歴書での書き方

留学したはいいけど、どのように自分の留学経験を伝えるか、またその経験を履歴書に書く際、どのように魅力的に見せるか、困っている方も多いのではないでしょうか。今回は留学経験をどのように魅力的に見せるかをいくつか紹介していきたいと思います。その中にはきっとあなたの履歴書に使えるテクニックや当てはまる部分もあるでしょう。子供の就職に心配されている親の方もぜひご覧ください。

留学の種類を詳しく

留学にもさまざまな種類があると思います。ワーキングホリデイや語学留学、バックパッカー、交換留学など、人事の方にあなたの留学を想像してもらうためには記載が重要です。特殊な留学をした方、例として企業のリーダーシッププログラムで留学した方などはその経緯を説明する必要があるでしょう。あなたの留学経験を知ってもらうためにはまず、あなたの留学プログラムを紹介しましょう。

行った期間を正直に

履歴書には何年何月を記載するところがあります。そこに行った期間を綿密に書きましょう。行った期間を詳しく書くことで自分の志望動機を書く際にいつごろに留学に行こうと思ったのか、どうして留学をしようと思ったのかを論理的に説明する時に考えやすくなります。期間を間違って記載して志望動機やその他の質問で整合性がとれていないことを書いてしまった場合、人事の方への印象派悪くなります。

資格がある方はしっかりと書いておく

TOEIC,TOFEL,IELTSなど留学経験がある方なら取得した方も多いのではないでしょうか。高い点数は企業にもよりますが、自分をアピールする際に重要なポイントになります。TOEICで600点以上持っている方は記載しましょう。TOFEL,IELTSを受験された方はスピーキングやライティングも含まれるため、よっぽど低い点数で無い限り記載しましょう。英語でコミュニケーションが取れることは大きなアピールポイントになります。

転職・就活の際の留学経験の履歴書の記載

留学者が多数いる現在では就職活動の際に留学経験をアピールする方は多いです。しかしながら、ただ「留学をしました」のみの記載だとアピールにはなりません。あなたの留学経験をより詳しく知ってもらうためには論理的な説明が必要になります。

行った場所とプログラムを詳細に

交換留学や認定校留学をした方はビジネスや科学技術、心理学、その他の学問など勉強された方は都市とプログラムを記載することで人事の方に信用を与えることができます。特にこれらの学問を学ばれた方は学問都市、ボストン、オックスフォード、ケンブリッジなど都市を記載することでしっかりと学問を学んできたとアピールすることが可能です。しっかりと勉強したことをアピールしましょう。その他の留学のプログラムの方、企業のプログラムやワーキングホリデイで留学した方も都市とプログラムを綿密に記載することでより信用を高めることができます。

学業で力を注いだこと

履歴書には学業で力を注いたことを書く欄があることが多いです。そこでは留学経験で学んだことを伝えるチャンスです。大学のゼミで関係していることならば、さらに海外で学ぶことで専門知識を深めることができたことを示すことができます。自分のゼミと関係していなくても海外で学んできたことを履歴書に記載することで自分のしっかりとした留学経験を伝えることができます。なるべく、詳しく自分の学んだことを書きましょう。より履歴書を呼んだ人に自分の印象を強めることができるでしょう。

ワーキングホリデイの方は仕事内容を詳しく

近年では語学を勉強するだけではなく、語学と一緒に職業経験を積む方も増加しています。そんな方はこれから就職する際に自分の留学経験と自分の行きたい企業の職種とを分析する必要があります。自分の留学経験がその職種にどのように生かせるのか、またどれぐらい企業に貢献できるかを明確に示すことで、印象をあげることできます。例えば営業職を希望していて、留学の際にあなたが何かしらの利益をあげていることができていれば、より具体的に企業にメリットをもたらすことが提示できるといえます。

バイト経験も書く

語学留学や協定校留学、認定校留学の中には学費を稼ぐためにバイトを経験していた方もいるでしょう。バイト経験も印象をあげることができることもあります。先ほど申し上げたように何かしらの利益、働いた中であなたが成しとけた経験などを人事の方に伝えることで学問だけではなく、その他でもそれだけ実績を残してきたことをアピールすれば面接官の気を惹かせることができます。

数字で具体性を上げる

履歴書を書く際には論理的、具体的に記載する必要があります。バイトやワーキングホリデイを留学経験でアピールする際には数字を使うことであなたの履歴書をより質の高いものにあげることが可能です。例えばあなたが接客業を経験していたならば、あなたに会いに来た友達や常連客はそのお店でお金を支払うのでそれだけあなたがお店の利益に貢献したことになります。あなたがお店に入ったことでどれぐらいの利益があがったのか、どれぐらい貢献したのか数字を記載することによってあなたの履歴書に具体性が生まれます。

性格の特徴も明確に書く

履歴書には自分の性格の特徴を書かなければいけません。書く際には自分の特徴的な部分をはっきりと伝える必要があります。また、具体的なエピソードを加えることでよりあなたという人を詳しく伝えることができます。留学経験があるならば外国人と話したこと、コミュニケーションをどのようにとったかなど、履歴書に詳しく記載しましょう。

ボランティア活動、スポーツ、文化など

初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests