Search

検索したいワードを入力してください

就活試験での作文の書き方|原稿用紙/テーマ/自由/夢

更新日:2020年08月20日

就活試験では面接、筆記試験、作文という試験があります。作文では自分のコミュニケーション能力や語彙力などが試され、採用側が作文での自己表現がどれだけ出来るのかで、自分の企業に必要な人材なのかを試しています。就活試験での作文で採用側の心を掴む作文を書きましょう。

就活試験での作文の上手な書き方

新入社員での就活試験の時に作文を書かせるには思考力を採用側が知る為でもあります。今は中途採用の場合や、定年後の仕事を探す場合にも作文を書かせてるので、就活試験として定着してきました。

作文というのは夢や自分が入社する企業での夢や将来へのビジョンや、学生時代にスポーツや部活動などのことや、家族のことを書く場合もあり、いずれのテーマでも人との付き合い方での協調性を企業は知りたいのです。ですから嘘のテーマをでっち上げて書いても採用側は見抜いてしまいます。

部活動やスポーツで他の人と協力して事を成し遂げた事がない人は自分の夢などで自己アピールしましょう。就活での作文というのは思考力を知る事で、入社後様々な場面でも機転を利かせて動けるのかを試しています。

また明確な夢がある場合は将来、採用した企業の規模を大きくできる人なのか、また採用する側の企業が就活での作文を書かせる事で採用する人の可能性を測っている場合があります。

現在はネット社会が広まり、今やネットがないと普通の暮らしでさえもネットで管理されている社会になってきているので、安定した思考力を持つ人を就活試験で採用して、他の企業とは違う、視点で考えれる人を探す為にも作文という採用試験は重要になってきます。

採用側の心を掴む作文を書く場合は、正直に今まで自分の頑張ってきたことを正直に書きましょう。普段上手に文章が書けなくても就活試験の作文で一生懸命書けば、採用側に熱意が伝わります。

面接で話した事を作文に入れる

筆記試験と作文と面接は3つとも違う日に就活試験を行う事が多いです。筆記試験は一般常識などをテストしますが、作文と面接ではある程度関連性を持たせておきましょう。作文でスポーツや部活動で大きな結果を残せた場合は、スポーツや部活動でのチームワークなどを作文でアピールしましょう。

ボランティア活動などで学んだ事でも十分アピールになります。ボランティア活動は自然災害や震災が多いのでボランティア活動で学んだ事や、困った人にしてあげたことでもよいです。
ポジティブな文章を書く様にして、明るい雰囲気で文章を書く様にします。

横書きで書く場合

横書きで書く場合は、読みやすいように改行するようにします。句読点なども読みやすいようにつけましょう。横書きでも縦書きでも重要なのは、文章の内容です。普段作文を縦書きで書いている場合は自分の家で、横書きで作文を書いて慣れておく事も必要になります。

就活試験というのは場当たり的な対策では、良い結果がいただけません。事前に自分でできる準備と必要な知識は頭に入れておきましょう。

800文字いう文字数の場合

就活試験の作文で800文字という文字制限がある場合は時間的には1時間の時間で書き上げる文字数です。限られた文字数で自分の事を知ってもらうには、就活試験の作文の試験の前にある程度、自分を分析する事も大切になってきます。自分の長所や短所、これだけは人には負けないことなどを知っていることで就活試験の作文を有利に進める事ができます。

自分を見つめ直して、自分のことを知る事から、就活試験の作文を有利に進めるかが決まります。特に若い時は自分のことを知っているつもりでも、知らない事が多いのです。人生で成功している人程、自分の事を知っている人が多いのです。自分を理解する事は相手を理解することと同様です。

800文字と文字数が決められている場合は、テーマが自由な場合が多く、文章の語彙力はもちろん、様々な表現方法が求められます。テーマが夢の場合は仕事に関連することを書く事はもちろんですが、社会にどう貢献して限られた資源を有効活用できるかにも採用側は重きを置きます。

筆記試験としての作文

就活試験は作文と筆記試験、面接とありますが、就活試験での作文は筆記試験よりウェイトを高く置く企業が多いです。まったく知らない人を採用するのですから、就活試験の作文でどれだけ自分を知ってもらえるのか、自分という人間を知ってもらうのかを考えて文章を構成する必要があります。

就活試験での筆記試験も大切ですが、作文を書く事を求めてくる企業は採用した後も、新入社員を大切にしてくれる企業が多いのです。

中途採用や定年後の仕事をする際にも就活試験で作文を書く事を求めてくる企業が増えてきています。それは今という時代で生きている人に自由と責任ということを自覚しているのかを就活試験の作文で知る為でもあります。資本主義の国である程度自由に暮らしていて、どれだけ自分を管理できているかを問うているのです。

例文を良く読み作文や筆記試験をやろう

英語の試験がある場合などは特に例文を良く読む事が必要です。例文を理解して就活試験の作文や筆記試験をすることで、文章やいざという時の対処法を試されているので、時間ギリギリまで例文を良く読み理解してから、作文や筆記試験に臨みましょう。

新入社員の就活試験の作文や筆記試験などで、あわてて例文などを良く読まずに試験に取りかかると良い結果が得られません。元々、字を書くのが上手でなくても努力して、就活試験の作文や筆記試験に臨むと採用側に気持ちが伝わります。気持ちというのは言葉にしなくても伝わる事が多いということを覚えておくと就活試験での筆記試験や作文が上手くいきます。

企業側も人を採用するには莫大な金額のお金が絡んできます。それは求人の広告料だけではなく大切な時間や人を採用する時の責任感というものも採用側にはあります。就活試験の作文だからといって、軽々しく試験を受ける事は避けましょう。必死に取り組むことが相手への礼儀でもあります。

採用試験で作文を書く際の原稿用紙の使い方

題名は1行目に2、3マス空けて書きましょう。氏名は2行目で名字となまえの間は1行空けましょう。最初の書き出しは1マス空けて書きます。縦書きの場合の数字は漢数字で書きましょう。
起承転結が作文には必要になります。就活試験の作文ではコミュニケーション能力、一般常識、情報収集力、論理的思考力が求められます。

基本的な原稿用紙の使い方だけは覚えておきましょう。基本的な原稿用紙の使い方ができないだけで減点の対象になります。また間違えたら綺麗に消しゴムで消しましょう。作文は起承転結も必要ですが、書くテーマによって相手の心を掴めるような文章を書く事で採用していただく確率がグンとあがります。

就活試験の作文のテーマは夢や今まで過ごしてきた中で感動した事、スポーツや部活動、ボランティア活動で感動したことや成し遂げて結果を残せた事を書くのが一般的です。テーマが自由な場合は楽しんで書くようにしましょう。夢に向かって今、努力していることやスポーツやボランティア活動で楽しかった事で誰が聞いても、納得できる話がよいです。

就活試験の作文のテーマが自由に選べる場合のテーマの選択など

就活試験での作文を書く際はコミュニケーション能力や一般常識、情報収集力を知る為でもありますが、作文という限られた文字数でどれだけ自分自身をアピールできるのかで良い結果が得られます。

特にスポーツやボランティア活動、アルバイト先で大きな感動を得られなかった場合は、作文のテーマを夢や家族のことにテーマを移してみましょう。家族の両親の尊敬できることや両親のしている仕事で感心した事などでも立派なテーマになります。

夢をテーマにする場合はミュージシャンになりたいことや芸能人になって財を成したいということを書いてはいけません。将来、家族を持ち会社でどんなことを成し遂げて、社会へ貢献したいのか、いずれは独立して自分で起業したいなどの夢も志が高い人だと採用側にアピールきます。

また作文の内容と比例して実現可能な夢なのかを判断して、作文自体のコミュニケーション能力や語彙力で採用の判断をします。就活試験の作文のテーマが自由でも決まっていても、作文の練習というのが必要になってきます。就職活動中に一般試験の問題と合わせて、作文を書く事にある程度慣れている事が必要です。

テーマが夢と決められた場合の就活試験の作文を書く場合

テーマが夢と決められている場合は自分の夢を書けばよいのですが、若い頃は何を夢としたらよいのか分からない人も就職活動している場合があります。仕事で大きな成果を残して名前を後世にも残したいと書くのもよいです。夢が見つからない人はこれから入社して、どのようなことを頑張って仕事をして最終的にはどうしたいのかを書くのもよいです。

自分の夢をテーマに書く場合

ミュージシャンや芸能人とは間違っても書かない様にしましょう。例えば病床の床についている祖父や祖母の病気を治す薬を作りたいということでもよいのです。製薬会社へ入社を決めている場合は大きなアピールとなります。

自分の夢というのが若い頃には見つからない場合も多いですが、オーロラを見る為に貯金をするとか、入社してある程度仕事をこなしていけたら、そのうち起業したいなどでも好感を持っていただけます。

就活試験の作文では明確な夢のビジョンがあるのかが問われる

初回公開日:2017年09月29日

記載されている内容は2017年09月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests