Search

検索したいワードを入力してください

集中力の自己PRの仕方・エピソード・例文

更新日:2020年08月20日

集中力は自己PRに使いやすいポイントです。ですが、使い方によっては集中力がデメリットとなってしまう場合もあります。今回は集中力をどのように使えば自己PRとして効果的か、履歴書などで使える文例や面接で使えるエピソードの例など通じて紹介していきます。

集中力を自己PRに使いたい!どんな風にすればよい?

自己PRでは自分の持ちうる様々な長所を打ち出していく必要があります。その中でも集中力は採用側が注目するポイントの一つです。ですが集中力にはメリットもありますがデメリットもあり、自己PRには上手に盛り込んでいく必要があるでしょう。今回は集中力の自己PRについて例文やエピソード例などの解説・紹介を行っていきます。

集中力を自己PRにする時の長所と短所

集中力は自己PRをするにあたって、長所となる点が多い特徴です。ですが場合によっては短所ともなりえます。履歴書などには長所と共に短所も求められますので、どちらにも使えるようにしておきたいところです。まずは集中力の長所・短所を分析していき、自己PRにどのような点が役に立つか見ていきましょう。

長所

集中力の最大の長所は「物事に没頭できること」です。仕事では何かをやり遂げられる集中力が求められる場面が多いので、自己PRとしては評価が高めの長所となっています。また「一つの物・事柄に対して真摯に向き合える」といったことや、「何かに対して粘り強く取り組むことができる」といった点も長所です。

短所

一見良いことのように見える集中力ですが、時としてマイナスポイントとして働くこともあります。「集中力があるために、周りの状況が見えなくなる」「一つの物事に没頭し過ぎて、別のことが疎かになる」といったことが短所して挙げられるでしょう。この短所を自己PRに盛り込む場合は、改善する意思を見せることが大切です。

履歴書などで「集中力」を自己PRするための例文集

続いて履歴書やエントリーシートで集中力を自己PRとして具体的に使いたい場合の例文をいくつか紹介します。集中力を自己PRする時に大切なのは、集中力がある根拠を示すことです。「集中力があります」だけでは説得力に欠け、どのような点で集中力を発揮出来るのか疑問に思われてしまいます。

例文ではどのようにして集中力を培ったかという具体的なエピソードや、短所としての集中力も盛り込みながら自己PRをしているものを紹介します。

例文1

私の長所は集中力があることです。特に短い時間に集中することに長けています。高校生までバイオリンを習っており、現在も趣味として継続しています。演奏中は他のことが一切気にならないほどバイオリンに没頭します。

練習では没頭のし過ぎて、誰かに声をかけられるまで気づかないといったこともありましたが、徐々にオンオフ切り替えが上手に出来るようになりました。貴社でも培ってきた集中力を活かし、与えられた仕事に対し一つ一つ丁寧かつ真摯に取り組んでいこうと思っております。

例文2

私は集中力に自信を持っています。高校から大学まで弓道を続けている中で、一つの事に対して静かに神経を研ぎ澄ます力を身に着けました。それを何度も繰り返すこともしましたので、継続性にも長けています。

練習に集中し過ぎてしまい、周囲とのコミュニケーションが疎かになっていた時期もありましたが、経験を重ねる内に円滑な人間関係を築くことも出来るようになりました。貴社では部活動で得た経験を活かして仕事に集中して取り組むと共に、周囲とのコミュニケーションも大切に行きたいと考えております。

例文3

私は集中力を長所としています。趣味で小学生から現在まで編み物を続けていますが、一つの作品を作り終るまで失敗のないよう一つ一つの編み目に気を付けることで集中力が身に着きました。セーターといった大きなものを作ることもありましたが、投げ出すことなく作りあげることが出来る粘り強さも持っています。

制作に没頭し過ぎて時間を忘れることもありましたが、制作時間を区切る癖を付けることによって改善されてきました。貴社でもこの長所を活かし、一つの仕事に対し粘り強く取り組んでいきたいと考えております。

面接時の自己PRで使える集中力エピソード

履歴書やエントリーシートにおける自己PRの例文を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?具体的なエピソードを盛り込むことにより、集中力という特徴に説得力が増すことがお分かりいただけたことでしょう。

今度は面接における自己PRについて、集中力が活きるエピソード例を紹介していきます。面接の際も集中力を自己PRとして使うのであれば、具体的なエピソードは欠かせない要素です。下の例のような集中力を使うものを利用していくと良いでしょう。

勉強

どんな人でも自己PRに使いやすいエピソードが勉強に対するものです。テスト勉強に集中したこと、受験勉強に集中したことなどが自己PRとして使えます。ですが使いやすい分注意すべき点もあります。

それは誰もが勉強を経験しているため、他の人との差別化が必要なことです。勉強に集中した結果どうなったか、受験勉強に集中した結果どうなったか、といった内容を盛り込んでいくと良いでしょう。

書道

書道も集中力を必要とすることの一つです。自己PRとして使うのならば、一つの半紙に向かってどのぐらい集中し作品を書きあげることが出来たかを強調するのが良いでしょう。また失敗を重ねて上達するものでもありますので、失敗しても諦めず、何回も書き続けた経験を「粘り強さ」として自己PRすることもです。

初回公開日:2017年10月02日

記載されている内容は2017年10月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests