Search

検索したいワードを入力してください

書類選考・面接の不採用通知の理由・電話とメールどっち?遅い場合

更新日:2020年08月20日

就職活動をする際に逃げることのできない『不採用』。これを受け取る度に気持ちは大きく沈み込み、就職活動へ身が入らなくなります。本記事では不採用を知らせる「不採用通知」対策として、基本的な不採用通知の説明、そして、不採用通知への対応の仕方を紹介していきます。

不採用通知を何故受け取ってしまうのか?

転職や就職をするために受けなければならないのが面接や書類選考です。これに合格すれば晴れて希望する職に就くことができますが、中々一社目の選考で内定を頂けないのが現状です。売り手市場と呼ばれている昨今ですが、今だに不採用通知を貰う人が多いのは何故なのか。今回は、そんな疑問に答えていきます。

不採用理由

希望した企業から何故不採用通知が届いてしまったのか。服装、言葉遣い、経歴と思い当たる節は人それぞれあるでしょう。自分が何か失敗した覚えが無くても、企業側からは何か引っ掛かる所があったのでしょう。そこで、書類・面接等の中から不採用の種となる問題点を採用肯定毎にいくつか挙げていきます。

書類選考で不採用

WEBエントリーを含む書類選考は、就職活動における最初の壁となります。職歴の記入を初めとし、所有している資格、自分の趣味趣向、希望動機等雇用主が採用のために判断する情報が豊富です。そんな書類選考で不採用になってしまうと、何故不採用になったか分かりません。そこで、書類選考になってしまった原因をいくつか箇条書きで挙げていきます。

[文字が汚い]初対面で人が人を判断する時にもっとも印象を与えるのは顔と言います。顔を合わせる際に大切なのが見た目なのと同じで、手書きの書類選考で大切なのは字の綺麗さです。同じ文章でも字が綺麗な人の方が好感度が持てます。

[支離滅裂な文章]物語に必要なのは起承転結です。本を読む際に気象転結がしっかりしてなければ本の内容が全く分かりません。履歴書における志望動機や転職理由もまた物語で、それが上手く書かれていないことには、書かれている熱意は雇用主には伝わりません。書類選考で書類を作成する場合は分かりやすい文章構成を心がけましょう。

[的外れな文章]これは極端な例になりますが、ケーキ屋さんに提出する履歴書に、ビル設計会社へ就職するための履歴書を提出しても意味がありません。履歴書を書く際多少内容が本筋からずれることもありますが、最後には本筋に帰ってくるような文章を心がけましょう。

[記入漏れ]WEBエントリーから選考を受ける場合に注意していただきたのがこれです。紙の履歴書とは違いページをスクロールし過ぎてしまったり、別ページの存在を知らずにスキップしてしまい、不完全なWEBエントリーシートを提出してしまうことが少なくありません。WEBエントリーをする際は、最終提出前に入力漏れが無いかしっかり確認をしましょう。

面接で不採用

書類選考を通過すると、最終や途中の段階で面接を通した試験を受けることが当たり前となっています。書類選考と違い顔を合わせた面接形態であるため、緊張してしまい自分を上手く伝えることができない人も少なくありません。そこで、面接での不採用ポイントをいくつか挙げていきます。

[自身のないしゃべり方]いかに自分の熱意を伝えようとしても、自身の無い喋り方をしていると担当者からは「嘘をついているのか」と疑われてしまう場合があります。応募者が学生の場合は「緊張しているんだろうな」とある程度察して優しい目線をくれる方もいますが、全員がそうとは限りません。

緊張で頭のかなが真っ白になってしまう人は、質問されるであろうことを予測したり、面接で喋る内容のスピーチ練習をしましょう。

[嘘をつく]面接でもっともしていけないのは嘘をつく事です。少しでも自分を良く見せたいがために、実際に無い経験を予め履歴書に書いたりする人は少なくありません。

しかし、面接では履歴書の内容を元に質問をするため、嘘の記入内容について細かく聞かれることが多く、これに対し嘘の記入内容の嘘の説明は、必ずと言って良いほど担当者に見破られます。履歴書を記入する際、また面接をする際は嘘をつかずに正直な姿勢で挑みましょう。

[身だしなみがなっていない]人の第一印象は見た目で決まります。勿論外見だけではなく応募者の人格等を知るための面接ですが、見た目がダメな人はいくら素晴らしい内面を持っていても、見た目のせいでダメな人間として評価されてしまいます。何故なら社会人として身だしなみは最低限気にしなければならないからです。

勿論服装は、スーツを着て髪をとかせばいいというわけではありません、ネクタイは曲がっていないか。靴に白い傷はついていないか。そんな細かい所まで気にする必要はないと思われるでしょうが、見る人はしっかりと見ています。せっかく面接の機会を得たのですから、初歩的な身なりのミスで不採用にならないようにしましょう。

そもそも不採用通知って?

不採用通知は、雇用者が求人に対する応募者に対して文字通り「不採用の意思」を伝える通知のことを言います。

不採用通知の通達時期は?

面接や履歴書等の書類選考を終えると9割方の緊張の糸は解けますが、残り1割の解けぬ糸、それが選考結果です。自分の元へ届くのが「内定通知」か「不採用通知」か、少ない文字数ではありますが、内定通知を頂ければ就職活動から解放され晴れて自由の身になります。

不採用通知を渡されたら、また地獄の就職活動を続けなければなりません。しかし、本当の地獄はどちらかの通知を渡されるまでの待機期間なのです。それでは、通達時期はいつなのかを説明します。

採用通知の通達時期

臨時社員・契約社員・正社員問わず一般的に選考後の通達時期は1週間前後と言われています。勿論雇用主によっては一週間以内、または一週間以上通達まで時間がかかる場合もありますが、内定を頂ける場合は予告された採用時期よりも早く通達がくることが多いです。

不採用通知の通達時期

前述の「採用通知の通達時期」と同じく、不採用通知もまた選考後一週間前後で通達されることが多いです。しかし、不採用通知の場合は予告していた時期よりも大幅に遅れた時期に通達されたり、最悪雇用者側が通達することを忘れている場合もあります。

これは、不採用通知を送る応募者よりも採用通知を送る応募者への連絡を優先しているためです。ビジネスマナーができていないと言えばそうですが、自社の戦力になる応募者との連絡を優先する考え方は分かります。

どちらにしろ、一週間前後を見て採用通知が通達されない場合は、不採用通知が通達されることを予測して、就職活動を続行したほうが良いでしょう。

不採用通知はどんな風に届く?

では不採用通知はどんな風に応募者に届くでしょうか。インターネットや携帯電話の普及率が著しく低かった2000年前ならいざ知らず、現在はインターネット・携帯電話どちらも普及しており、履歴書を雇用主に提出する際に、住所以外にもメールアドレスを記載するのが当たり前となっています。

そのため、ほとんどの企業はメールで不採用通知を通達します。しかし、メール以外にも様々な通達手段が今だあるのが事実、メールを含み不採用通知はどんな風に届くかを説明します。

メールでの不採用通知

上記に記載した通り、メールで不採用通知を通達する雇用主がほとんどです。履歴書に記入するのは勿論、面接場所や時間の予告などもメールを通して伝えられるのが殆どです。

また、メールを使えば応募者の都合に関わらず一方的に事実だけ伝えることもでき、また本人に直接話す必要もないので、緊張せずに不採用を通知することができるため、雇用主の精神的疲労も少なくすみます。

大企業にもなると少ない求人枠に対して多くの応募者が集まるため、必然的に不採用通知を送る数も多くなります。そうなると、一斉送信機能があるメールでの不採用通知は理に適っていると言えます。

なお、不採用通知本文の内容ですが、メールでの不採用通知はその他の通達手段よりもあっさりとした文章で構成されていることが多いため、応募者側が「不採用理由」等を聞く機会などを得ることも難しいことが殆どです。

電話での不採用通知

電話での不採用通知は一昔前の通達手段です。メールに比べると、直接応募者に不採用の意を伝えなければいけないため、雇用主への精神的負担も大きく、また通達者と不採用判断をした者が違う場合も多いため「何故不採用なのか」という質問を返答されないことが多く、雇用主、応募者共に負担がかかります。

一方、電話での通達のメリットとして「通達時間がある程度決まっている」ということです。メールと違い電話での応対は、応募者と雇用主間でかみ合わないこともあるため、予定した日時に必ず連絡を頂けると言っても間違いは無いでしょう。

では、電話での不採用通知の内容ですが、担当者本人に会社の窓口として対応して頂けるため、メール程事務的な不採用通知ではなく、雇用主から謝罪と応援の言葉を頂ける場合もあり、次の就職活動へ舞い向きに挑むこともできます。

なお、上記には「通達者と不採用判断者が違う場合は、不採用理由を返答されない」と記載しましたが、判断者(立会い者)自らの電話通達を頂ける場合は、不採用理由も聞ける場合があり、これもまた次の就職活動の励みになります。

手紙での不採用通知

電話・メールでの通達方法が普及した今、手紙を通して不採用通達をする企業はほとんどありません。しかしながら、一部の大企業は昔ながらの手紙で不採用通知を送ることも少なくありません。

手紙での不採用通知はメールと同じく「不採用理由を聞くことができない」ことの他、雇用主が不採用通知を応募者へ送るまでに、手紙特有の配達期間分の時間がかかるため応募者は少しだけ辛抱する必要があります。

手紙での不採用通知での無いようですが、こちらも手紙と殆ど差は無く事務的な文章です。

ホームページでの不採用通知

初回公開日:2017年10月11日

記載されている内容は2017年10月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests