Search

検索したいワードを入力してください

協調性をアピールする自己PRの作り方・他の表現で言い換えると

更新日:2020年08月20日

就活において履歴書の長所や自己PRに登場しやすい特徴の一つが協調性です。ですが、協調性を自己PRに使う場合、どのようにするのが効果的でしょうか?今回は協調性の自己PRをテーマに、ケース別の例文や、具体的なエピソード例などを解説・紹介しています。

協調性をアピールしたい!自己PRの作り方や役立つエピソード紹介

就活において、履歴書の長所や自己PRに登場しやすい特徴の一つが協調性です。ですが、協調性を自己PRにする時に、どのようにしていけば効果的でしょうか?協調性があることがマイナスにならないよう、上手に自己PRに交えていきたいところです。今回は協調性を使った自己PRの作り方や、協調性のアピールに役立つエピソードなどを解説・紹介していきます。

協調性とはどういうもの?

まずは協調性に対する理解度を深めて、自己PRで間違った使い方をしないようにしていきましょう。協調性とは一般には「他の人と物事を上手く運べること」を意味していますが、解釈は人によって大きく異なります。

例えば「周囲の人と歩調を合わせられる人」と感じる人もいるでしょうし、「周りの意見と上手く折り合いを合わせられる人」と感じる人もいるでしょう。「多数派に回り、場を乱さないようにしている人」という捉え方をされることもあり、場合によってはマイナスイメージが働くこともあります。

よって協調性はあった方が良いものではありますが、自己PRとして使う際には自分が持っている協調性はどのようなものなのか、具体的な表現をすることが適切です。

協調性をアピールする自己PRの作り方と例文

ここからは協調性をアピールする際の自己PRの作り方と例文を、ケース別に分けて紹介します。職務経歴書、エントリーシート、面接それぞれで少しずつ協調性の使い方の違いがありますので、ポイントを押さえておきましょう。

職務経歴書

職務経歴書ではこれまで勤めてきた職場での経験に協調性を織り交ぜていくと効果的です。キャリアを通じてどのような経験を積んできたかと協調性をつなげて、具体例を出していくとよいでしょう。

例文

私はチームワークを大切にしています。前職の事務の中で同僚や後輩と円滑にコミュニケーションをとるために、個々それぞれどのような仕事が適しているか、またどのような声かけがよいかなどを考えました。そして直接会話をすることにより、色々な人の意見を柔軟に取り入れながら、まとまった組織作りを実践してきました。貴社でも協調性を活かして、同僚とうまくコミュニケーションを図り、成果に繋がる仕事をしていきます。

エントリーシート

エントリーシートでも職務経歴書と同じく、協調性と今までの自分の経験をマッチングさせていくことが重要です。抽象的に表現するのではなく、具体的なエピソードを組み込みながら、自己PR文を作っていきましょう。

例文

私は学生生活の中で協調性を育んできました。文化祭の会議では率先して運営に携わり、周囲の意見を取り入れるため会議も多く開きました。そしてその中で特に大切にしたのは人の意見に耳を傾けることです。相手の意見を上手く引き出し、全体が納得できるようまとめあげることに尽力しました。貴社でも協調性を発揮して成果へとつなげたいと考えています。

面接

面接においても協調性を自己PRとして使う場合には、具体的な根拠やエピソードが必要となります。また面接中では自己PRで示したような行動ができているか否かにも注目されています。細かい動作なども見られていますので、面接中に自己PRとは異なる行動を取らないよう注意して臨みましょう。

例文

私の強みは協調性があることです。大学時代には合唱サークルに所属し、人と声を合わせることを日々行ってきました。その中で不協和音を出さないよう同じパート内で相談したり、他のパートとも互いに納得できるまで意見を交換しながら練習をすることにより、綺麗なコーラスを作り上げることができました。また他校と合同の演奏会を行うこともあり、その際には各校と円滑なコミュニケーションが図れるよう団体の中心となり演奏会の構成をまとめました。貴社でもこれまで培ってきた協調性を活かし、周囲とのコミュニケーションを大切にして業務に励んでいきたいと考えております。

協調性を言い換えるための表現法は?

自己PRにおいて、協調性を何度も繰り返すと採用者はくどく感じてしまいます。そのため他の表現に言い換えるとよいでしょう。また先に述べたように協調性は色々な解釈ができますので、他の言葉に置き換えた方が、自己PRが適切に伝わる場合もあります。言い換え表現も上手く使って自己PRを作っていきましょう。

チームワーク

初回公開日:2017年11月02日

記載されている内容は2017年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests