Search

検索したいワードを入力してください

志望動機の書き方と例文・コツと注意点|新卒/就活/転職/バイト

更新日:2020年08月20日

履歴書や面接などで頭を悩ませるのが志望動機です。志望動機は、志望した理由ということになりますが、いざ書いてみるとなると志望動機の書き方が分からない。という人も多いのではないでしょうか。この記事では、志望動機の書き方のコツや例文をご紹介いたします。

志望動機の書き方とコツ

試験を受けたり、面接を受けたりすることは必ず「志望動機」を書かなければならない場合が多いです。しかし、大切な試験や面接であればあるほど「志望動機」の書き方が気になることあるでしょう。特に就職活動中は日々、志望動機との格闘ともいっていいでしょう。

本来、志望動機は『自分が考えていることを素直に書けばいい』のですから、本来正解や正しい書き方などはありません。

しかし、「この企業にはこの書き方がいい」とか「こう言う志望動機の書き方をすると通過率が上がる」というコツは少なからずやあります。この記事では、皆さんが受けるであろうさまざまな場面の面接を想定して、そこにふさわしい志望動機の書き方のコツと注意点をお伝えします。

この記事を読んで、皆さんの履歴書のお役に少しでも立てれば幸いです。

志望動機の一般的な書き方は?コツはあるの?

あなたが今書いている志望動機をより受かりやすくするために必要な書き方は、いくつかありますので、まずはそれをチェックしていきましょう。

1:応募企業が求めている人材を理解して記入しているか
2:応募企業の強みを把握しており、競合他社ではなく応募企業だからこそ入社したい意欲が感じられる内容になっているか
3:将来のキャリアビジョンが明確に伝わり、応募企業で達成できる内容になっているか

上記のポイントは転職の時を想定して書いていますが、これはアルバイトの応募の時はもちろん、高校や大学受験時の面接の時にも応用できる書き方です。それでは、この3つのポイントの詳細についてご紹介いたします。

1:応募企業が求めている人材を理解して記入しているか

応募する企業によって、求めている人材は異なってきます。まず、応募企業へ入るには『その応募企業に合わせた志望動機』でなければなりません。たとえば、求めている人材のところに『明るい人がいいです』と書かれていれば、明るさを求めていると感じる人も多いでしょう。

明るさというのは、何をもって明るさというのかが課題となります。お客様へ対する『明るさ』なのか、仕事にポジティブに取り組むことができる『明るさ』なのか、志望動機を書く上では、どのような意味で求められているのかを理解することが大切です。

2:入社したいという意欲があるかどうか

次に大切なことは、志望動機の中に『応募企業への熱意、入社したいという気持ちや意欲が込められているかどうか』がカギとなります。志望動機は『貴社の商品が好きなので、志望いたしました』という理由がなく単純な志望動機がほとんど多く、それでは採用担当者の心には響きづらいでしょう。

では、どのようにしたら志望動機に『入社したいという意欲』を込めることができるのでしょうか。それはとても簡単なことで、なぜその商品が好きなのか、なぜその企業が好きなのかその好きという気持ちの『理由』を述べながら、志望動機に練り込むことが大切です。

3:将来のキャリアビジョンがしっかりできているか

志望動機には、『その応募企業へ入りたいという理由』と『将来その企業で何をしたいのか』というキャリアビジョンを組み込んでいくといいでしょう。その応募企業する企業が好きなのは理解できたとしても、具体的に応募者が将来的にどのような貢献をしてくれるのか分からないのは不安になるからです。

たとえば、サッカーチームを募集してたとしましょう。サッカーのチームには強い人が必要です。応募はたくさん来ました。

しかし、『サッカーは好きですので、入らせてください』という志望動機はたくさん来ていても、誰も『自分はリフティングに自信があります。任せて下さい』という、能力を示した趣旨の志望動機は来ません。このような状況では、サッカーチームには強い人材は集まりにくくなります。

採用担当者は、企業にとって有利になる人材を常に求めています。会社の利益のプラスとなるなら、自分の会社が好きなだけの人と能力を持っていて好きな人であれば、後者を採用することでしょう。自分にとってどんなスキルが企業の役に立つのか、自己分析をしてみると書きやすくなるでしょう。

志望動機の書き方で、注意する点はあるの?

志望動機は、形だけなのではと考えていたら大間違いです。採用担当者や面接官はあなたが考えているよりも、サラっと見ているようで重要な項目をしっかりとチェックしています。

特に面接の場で答える志望動機は、履歴書のように消したりできないので、あなたが放った一言が原因で、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうのは、とても残念なことです。そこでこの項目ではその書き方ではNGになってしまう志望動機をいくつかご紹介します。

ぜひ、あなたの志望理由・志望動機を見つめ直す参考にしてみてください。

NGな志望動機の書き方その1:志望理由が口先だけ

実は非常に多いのが「志望理由が漠然としすぎていて伝わらない」、「とにかく熱意だけで押し切ろうとする」など「志望動機になってない志望動機」を語ってしまう人がいます。面接での志望動機は「なぜその会社・学校なのか?」具体的に述べるのが鉄則です。

事前に企業研究や学校・バイト先の下調べをして、志望理由を説明できるように準備しておく必要がありますので、しっかりと調べてから志望する理由を考え、志望動機として書き出してみましょう。

NGな志望動機の書き方:根拠がない謎の「上から目線」

大事な面接の場面で、『人事の人や面接官にそんな上から目線で発言なんかできる人いるのか』と驚かれる方も多いです。しかし、実はこんな人も多いのも事実。これまでの実績をアピールしつつ志望動機を語るのはもちろんOKです。

しかし、エスカレートしすぎるとただの自慢になっていたり、不遜な印象を与えたりしてしまうこともあります。「会社に貢献できる」「自分はこんなことを学んできました」などと言うアピールは必要ですが妙に上から目線になってしまわないように注意しておきましょう。

状況別の志望動機の書き方と例文は?

ここからは、より具体的に各人に合うような状況別の志望動機の書き方と例文をご紹介します。新卒や転職の時の書き方はもちろん、アルバイトや高校、大学入試まで幅広く書き方を載せていますので、きっとあなたに合うものがあるはずです。志望動機を書く際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2017年11月14日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests